さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年11月19日

ブルーレイディスクレコーダーを買った(SHARP BD-NW2100)

BD-NW2100


皆さんこんばんは。
今回も題名の通り「ブルーレイディスクレコーダーを買った」話です。

買ったいきさつはというと、そもそもうちには同じシャープのレコーダー「BD-W1300」があったのですが、それだけだと圧倒的に録画する容量が足りなくなってきてしまったので、追加機材として買うことにしました。
(写真がダンボールですみません。本体だけをうまく撮ることができませんでした 笑)

これを選んだ理由としては、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年11月15日

『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第39~41回の感想です。

まずはあらすじ。
明治時代になって東京を退き、薩摩改め鹿児島に戻った西郷隆盛(鈴木亮平)。政府のことは大久保利通(瑛太)に任せ、東京に出仕するつもりはなかったが、横山安武(笠松将)の諫死と弟従道(錦戸亮)の勧誘、そして息子菊次郎(城桧吏)の言葉により東京行きに傾いていく。

利通は廃藩置県を進めるため、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)とともに勅旨として鹿児島を訪れた。廃藩置県を進めるために国父島津久光(青木崇高)に力を貸してくれるよう説得するが失敗する。隆盛は利通の政策に賛同し、雄藩の旧藩士を集めて御親兵を作る提案をし、上京することになった。東京にて新政府の会議に参加した隆盛は一枚岩ではない政府の様子を見て、複雑な思いを抱く。

隆盛が上京したあと、岩倉や利通らは政治制度を学ぶために欧米に行くこととなった。隆盛はその間の留守を任されるが、長州出身の陸軍大輔山県有朋の不正が発覚し、窮地に立たされる。そんななか、天皇陛下の行幸を企画し、鹿児島に帰ることになる。そこで久光に呼び出され、意外なことに叱咤され、感激する隆盛であった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年11月11日

論理なのか感情なのか

ハチ公など


皆さんこんばんは。
今回は記事「論理的な会話を求める夫 」を読んで感じたことを書きます。

まぁ、記事の内容としてはよく言われる「男は論理的な会話を求め、女は共感的な会話を求める」みたいな内容ですね。で、結局夫婦のおのろけで終わるのがしゃくですが 笑

で、この話の根本としては「論理なのか感情なのか」という話になると思うので、その辺を考えてみたいと思います。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2018年11月07日

合戦における戦術について①勝弦峠の合戦

安土城


皆さんこんばんは。
今回は新シリーズということで、「記事『大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww』について」の派生として「合戦の戦術について」調べてみようと思います。
今回も『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の坂本徳一氏の記事を参考にしています。

例のごとく、本当はきちんと学者さんの書いた論文や史料にあたりたいのですが、そのような時間も気合いもないため、手持ちの本やネット上の情報を基にするしかないので、いい加減な内容であることをお断りしておきます。

さらに、やはり日本語のウェブサイトには日本の合戦の情報はたくさん載っているのですが、西洋の戦いについては情報が少ないのが難点です。
わからない単語があったりしてしんどいですが、英語サイトに手を出さなくてはいけないのかもしれません…

というわけで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)趣味

2018年11月03日

「江戸切子」をいただいた

江戸切子


皆さんこんばんは。
今回は題名の通り「江戸切子」をいただいたことについてです。

去年の11月ごろですからちょうど一年ほど前の話になるのですが、僕は大学時代のゼミの飲み会を開きまして、そのときに友人から「幹事ご苦労様」ということでいただきました。

仕事以外で飲み会の幹事をやることはそれほど苦だと思っていないので、まさかそのようなねぎらいをいただけるとは思っていなかったのでとても嬉しかったです。

しかもそれが名高き江戸切子とは…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年10月30日

『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第37~38回の感想です。

まずはあらすじ。
江戸城総攻撃と徳川慶喜(松田翔太)の切腹をかたくなに主張する西郷吉之助(鈴木亮平)。しかし、勝安房守(遠藤憲一)の説得と、慶喜に会って本心を聞いたことにより、江戸城総攻撃は中止。慶喜も切腹せずに済んだ。しかし、旧幕臣たちの中にはこの降伏を快く思っていない人々がおり、上野に集結していた。吉之助は彼らの鎮圧に悩んでいたが、新政府軍の軍議の場に大村益次郎(林家正蔵)が登場し、鮮やかな作戦立案を見せた。

大村益次郎の作戦により半日で鎮圧した上野戦争だったが、その後も新政府をよしとしない奥羽越諸藩が挙兵し、吉之助はその鎮圧に奔走することになる。そんな中、越後長岡藩との戦いに従軍していた弟の吉二郎(渡部豪太)が戦死してしまう。反新政府軍を鎮圧したのち、薩摩に戻った吉之助は吉二郎の死に涙するのであった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年10月26日

『ベルセルク』40巻

ベルセルク40巻


皆さんこんばんは。
今回は9月に発売された大人気ダークファンタジー漫画『ベルセルク』40巻についての感想です。

前巻が発売されたのが去年の6月なので、1年ちょっとの間を空けての発売ですね。
一般的にはスパンが長すぎますが、以前の4年くらい新巻が発売されない時期と比べたら短い方ですね 笑

そして、割とホットな話題なので以下の部分はネタバレになる可能性があります。
読みたくない方は「続きを読む」を押さないようにお願いします。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)漫画・アニメ

2018年10月22日

2018年10月18日

天ぷらなべが届いた

天ぷら鍋


皆さんこんばんは。
今回はまた題名の通り我が家に「天ぷらなべが届いた」話です。

こちらも去年の11月ごろのお話で、思えばもう1年ほど経つわけですね。

「買った」ではなく「届いた」とした理由は、読んで字のごとく実際に「買わ」ずに「届いた」から「届いた」としたのですが、どういうことかというと、去年の夏の終わりごろに従妹の結婚式があり、そのカタログギフトで頼んだ天ぷらなべが届いたのが11月ごろだったということです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年10月14日

『西郷どん』、面白くはある(第35~36回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第35~36回の感想です。

まずはあらすじ。
大政奉還の成功により、振り上げた拳のやり場をなくす西郷吉之助(鈴木亮平)。坂本龍馬(小栗旬)の無血改革路線とは一線を画す吉之助は、藩士に命じて江戸の商家の焼き討ちを命じる。一方で、新体制を樹立するために吉之助と大久保一蔵(瑛太)は小御所会議を開催するが、山内容堂(大鷹明良)らは徳川慶喜(松田翔太)は参加すべしとの主張を譲らず、会議は膠着状態となる。そこで吉之助は、一蔵と会話するという形で容堂を脅すことにより、慶喜の排除に成功する。

ついに幕府と新政府軍の武力衝突が始まり、鳥羽・伏見の地で幕府軍と相見えた薩摩軍は幕府軍の数に苦戦する。しかし、岩倉具視・大久保一蔵の手により届けられた「錦の御旗」により、形勢が逆転する。その間、慶喜は江戸に逃亡しており、そこで、勝安房守(遠藤憲一)に真意を伝える。駿府に進軍していた吉之助は、山岡鉄太郎(藤本 隆宏)の熱意により、安房守との会見を承諾する。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ