さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年11月10日

武士道を追究したい人はコレ!!津本陽『名臣伝』

名臣伝


皆さんこんばんは。
今回は歴史小説の大家津本陽氏の名作『名臣伝』のご紹介です。

外国人が流入してきて日本人のアイデンティティが問われ始めて久しい今日この頃。
そのアイデンティティの一要素として「武士道」が叫ばれてこれまた久しいですが、とかく「武士道」というものは尾ひれがついて都市伝説化している感があります。

今回の津本陽氏の『名臣伝』は津本氏の出身地である紀州藩に伝わる武士、特に初期の武士たちの逸話を集めた短編集です。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)

2019年11月06日

『いだてん』、やっぱり出征はつらい(第37~38回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第37~38回の感想です。

まずはあらすじ。
日中戦争が進んでいく中、河野一郎(桐谷健太)は東京オリンピック中止論を叫ぶ。かつての弟子の暴論に怒りを覚えた金栗四三(中村勘九郎)は朝日新聞社に乗り込むが、すでにそこに河野はおらず、金栗は田畑政治(阿部サダヲ)に悔しさをぶつけるのであった。一方嘉納治五郎(役所広司)は田畑からオリンピックを中止にするよう言われるも、まったく聞かず、エジプト、カイロのIOC総会で東京でのオリンピック開催に疑問を呈す他国のIOC委員たちを説き伏せることに成功した

日本国内の空気がどことなく暗くなる中、副島道正(塚本晋也)は東京オリンピック中止を決心した。田畑は悔しがるが、日本は日中戦争ばかりでなく、ついに真珠湾攻撃によってアメリカとも戦争を始めるのであった。そんな中、りく(杉咲花)と祝言を挙げた小松勝(仲野太賀)に子供が生まれる。金治と名付けられたその子はのちに古今亭志ん生に弟子入りする五りん(神木隆之介)であった。幸せいっぱいの小松であったが、戦況は逼迫し、ついに徴兵されることが決定した

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ

2019年11月02日

「周りに普通の男がいない」という女性の意見はわからなくはない

セミナーを聞く女性
photo by 写真AC


皆さんこんばんは。
今回は記事「恋する以前に普通の男がいないという悩み」について感じたことを書きます。

概要としては、
題名の通り、周りに普通の男がいないと悩んでいる筆者の方がその「普通の男」について詳しく解説している記事です。

で、結局コメント等の反応としては、その「普通」の基準がすでに高望みだ、とか、そっちも普通の女になってほしい、とか、結論の見えない水掛け論が展開されてはいるのですが、記事中の「普通」の概念は確かに恋愛市場でこそ「高望み」だとは思うのですが、筆者の方のおっしゃる通り、人として割と当たり前のレベルだったりするんですよね。

それってどういうことかというと、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)ネット

2019年10月29日

ビジネスに活かす戦国合戦術⑤長良川の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第5弾として「長良川の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦
第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦
第4回 小豆坂の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の徳永真一郎氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)趣味

2019年10月25日

『君に届け』

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は映画『君に届け』の感想なのですが、いかんせん、見たのが3年前なのでほとんど何も覚えていないんですよね笑

とりあえずあらすじ。

暗い性格で映画『リング』に由来して「貞子」と渾名される黒沼爽子(多部未華子)は陰鬱なまま高校生となるが、千鶴(蓮佛美沙子)、矢野あやね(夏菜)らと仲良くなるにつれて、徐々に他人に心を開いていく。そんな中、爽子がひそかに思いを寄せる風早翔太(三浦春馬)は誰にでも分け隔てなく接する人気者であったが、前向きな爽子に心を惹かれていく。

といった、書いていて恥ずかしくなるようなあらすじです笑
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)映画

2019年10月21日

『いだてん』、前畑に感動した(第35~36回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第35~36回の感想です。

まずはあらすじ。
昭和15(1940)年のオリンピックがついに決定した。開催場所は東京。嘉納治五郎(役所広司)や田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願がかなったのであるが、その裏にはヒトラー(ダニエル・シュースター)の政治的な動きがあった。そしていよいよ始まったベルリンオリンピック。平和の祭典どころかナチス・ドイツのプロパガンダと化した祭典に、政治は辟易するのであった。

ベルリンオリンピックの競技は進んでいき、ついに前畑秀子(上白石萌歌)の出番が近づいてきた。日本から怒涛のように押し寄せる激励の電報にプレッシャーを感じ、うんざりする前畑だったが、直前に亡くなった両親の夢を見て、力を得て本番に臨むこととなった。言いようのないプレッシャーを感じながら、日本中が応援する中、前畑はついに金メダルを獲るのであった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ

2019年10月17日

社会人はリクルートスーツを着てはいけないとか意味不明

スーツ


皆さんこんばんは。
今回は記事「【就活生へ・・】リクルートスーツを無駄に買うな!!」を読んでの所感です。

概要としては、就活生にリクルートスーツを何着買えばいいのかという助言が趣旨なのですが、その理由として、社会人になってもリクルートスーツを着るのはダサい、社会人になって着られなくなるものを3着以上も買う必要はない、というような内容です。

まぁ、3着以上は買わない方がいいというのは妥当だとは思いますが、「サラリーマンでリクルートスーツを着ているとダサい判子を押されるから」とか「スーツへのこだわりが強い人=仕事ができる人」とかは初めて聞きましたね。
(「スーツへのこだわりが強い人=仕事ができる人」については記事を書いた方の主観だとわかる内容なので、単なる意見として受け取れますが)
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)ネット

2019年10月13日

ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第4弾として「小豆坂の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦
第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の徳永真一郎氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)趣味

2019年10月09日

ドライヤーが壊れた

ドライヤー


皆さんこんばんは。
今回は題名の通りドライヤーが壊れた話です。

ことの発端というか、そもそも上掲の写真のドライヤーを買ったのは平成25年の11月ごろの話でした。
パナソニックのイオニティEH-NE13という機種です。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)買い物・もらい物

2019年10月05日

『いだてん』、緒方竹虎は実はすごい人(第33~34回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第33~34回の感想です。

まずはあらすじ。
東京オリンピック招致に頭を悩ませる嘉納治五郎(役所広司)たち。しかし、田畑政治(阿部サダヲ)の言葉で治五郎は「イタリアにオリンピックを譲ってもらおう」と言い出し、副島道正(塚本晋也)、杉村陽太郎(加藤雅也)、政治をイタリアに派遣する。イタリアにて副島は病に倒れるも、そのことによってムッソリーニ(ディノ・スピネラ)から東京にオリンピックを譲る約束を取り付ける。

政治らが東京オリンピック招致に燃える中、陸軍将校たちは首相官邸等を襲い、クーデターを起こす。世にいう「2・26事件」であった。戒厳令が敷かれ、不穏な空気の立ち込める東京に、IOC会長であるラトゥール(ヤッペ・クラース)がやってきた。悲観する政治の心配は杞憂となり、ラトゥールは日本人の心意気に触れ、アジアでオリンピックを開く、と言って帰っていった。東京オリンピック実現に一歩近づいたのである。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ