さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年11月20日

2017年11月16日

ベルトを買ってもらった

ベルト


皆さんこんばんは。
今回はまた題名の通り「ベルトを買ってもらった」話です。

この「買い物・もらい物」のカテゴリーでは前回「ワイシャツを買ってもらった」という話を書きましたが、今回のベルトもそのときにいっしょに買ってもらったものです。

そして、ベルトについては10年前に「ベルトをもらった」の記事で書いて以来ですが(もう10年前!)、実はこのときのベルトはまだ現役で使えているんですね。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2017年11月12日

『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第11~15回についての感想です。

まずはあらすじ

今川義元(春風亭昇太)亡き後、三河を勢力下に治めつつあった松平元康(阿部サダヲ)の元から井伊家へ使者があった。落ちぶれゆく今川家に比べて勢いのある松平家に近づいておきたい井伊直親(三浦春馬)、次郎法師(柴崎コウ)は小野政次(高橋一生)に相談し、直親は松平元康に会うこととなった。しかし、それは今川家の放った偽元康(星田英利)であり、謀反の嫌疑をかけられた直親は弁明のため駿府へと向かう。

駿府への道中で直親は暗殺され、遠江国内で松平方へ呼応した飯尾連竜を討つために出陣した井伊直平(前田吟)、中野直由(筧利夫)、新野左馬助(苅谷俊介)らも討死にしてしまう。井伊谷にまともに政治を執れる人間がいなくなってしまったために、南渓和尚(小林薫)は次郎法師を還俗させて「直虎」と名乗らせ、直親の遺児虎松(鈴木楽)の後見とすることになる。

当主代行となった直虎はまず井伊家の財政の建て直しに苦戦する。そこで、商人である瀬戸方久を家臣とすることになるが、直由の息子、直之(矢本悠馬)が反発する。

直虎は領内の瀬戸村、祝田村の借金を解消するために徳政令を発布しようとするができず、それに反発した村民たちは今川家に直接徳政令を出すように訴え、今川家から直虎の元に徳政令を出すように命令が来た。しかし、このまま今川家の命令を受け入れては瀬戸、祝田の二村は今川家領のようになってしまうため、直虎は両村を龍潭寺に寄進。同時に家臣や村民たちに事情を説明する。

徳政令の顛末について説明せよという今川家からの命令に従わざるを得ない井伊家だが、先に直満(宇梶剛士)・直平や直親が暗殺された経緯があるため、使者に身をやつして駿府に到着。今川家の実権を握っていた今川氏真(尾上松也)の祖母寿桂尼(浅丘ルリ子)を説得し、なんとか事なきを得る。

という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2017年11月08日

電車の中の無駄無駄無駄…

プラットホーム


皆さんこんばんは。
今回は記事「電車でぐいぐい押してくる人なんなのって悶々としつつプロテインが美味しく感じる秋」を読んで感じた、電車内でのマナーについて。

ただでさえ通勤などで時間に追われてイライラしている上に人ごみでストレスを感じているのに、マナーが悪い人がいるとさらにイラつくため何かと電車でのマナー違反は話題になりますが、上記ブログで書かれているのは立って乗っていて、リュックを押し付けてくる人について。

このブログの場合は何か理由があってわざと押し付けてきているようですが、問題点が2点ありますよね。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2017年11月04日

記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(14)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回はまた『哲学ニュース』の記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について検証してみようということで、第1弾第2弾第3弾第4弾第5弾第6弾第7弾第8弾第9弾第10弾第11弾第12弾第13弾に続いての第14弾です。

第1回はヨーロッパと日本の距離について、第2回は当時日本から産出された資源について、第3回は当時の日本にはヨーロッパ人にとって価値のある産業がなかったのかについてを考えました。

続く第4回、第5回では日本とヨーロッパの戦略差について、第6回以降では16世紀の日本の統治システムについて、まず1501年時点での群雄割拠について検討しました。第7回ではザビエル来航の1549年時点での統一状態について、第8回では本能寺の変直前の状態について、第9回では豊臣秀吉の天下統一時の様子とこれまでの統一状態の総括をしました。

第10回では実際の統治システムということで「貫高制」について、第11回では「寄親寄子制」への導入ということで、室町時代までの武士の主従関係について述べ、第12回では実際に「寄親寄子制」について調べました。
第13回は戦国大名の農民支配について調べました。

第14弾は…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)趣味

2017年10月31日

ワイシャツを買ってもらった

ワイシャツ


皆さんこんばんは。
今回も題名の通り「ワイシャツを買ってもらった」話です。

ワイシャツについては以前「ワイシャツもらった」でも書いていますが、どこまで派手なものを着ていいのか仕事や年齢にもよるし、自分に似合うのかも大事なので中々難しいものですね。

僕は社会に出てからほとんどワイシャツを着る仕事をしているのでワイシャツはもはや消耗品状態なのですが、やはりどうせなら格好のいいものを着たい。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2017年10月27日

『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回)

鳥羽港


皆さんこんばんは。
今回は、大人気大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズ第2弾です。
第6~10回について取り扱います。

あらすじ
井伊谷に還った井伊直親(三浦春馬)は次郎法師(柴崎コウ)との結婚を望み、今川家に次郎法師の還俗を願い出たいといったが、小野政次(高橋一生)の意見で直親の帰還と次郎法師の還俗の両方を今川家に認めさせるのは難しいということで、次郎法師の還俗は実行されなかった。

そうこうしているうちに今川家から検地の知らせがあり、隠し田をもっている井伊直平(前田吟)は動揺するが、政次の知恵で検地奉行の岩松(木村祐一)を説得し、次郎法師も岩松の情に訴え、事なきを得る。

直親の元に嫁いだ奥山朝利(でんでん)の娘しの(貫地谷しほり)だが、4年間子どもができず、直親に側女をとらせようという話に苦しんでいた。しかし、直親の恋敵として恨んでいた次郎法師からのアドバイスで、直親と話し合うこととなった。

そんな中、今川義元(春風亭昇太)により征西が開始され、井伊家は当主直盛(杉本哲太)を始めとして奥山朝利、政次の弟小野玄蕃(井上芳雄)なども徴用されるが、尾張桶狭間にて今川本体が壊滅し、義元が討死、直盛や玄蕃も討死してしまう。

直盛が跡継ぎに中野直由(筧利夫)を指名したということについて、政次が直盛をそそのかしたと疑念を抱く奥山朝利によって呼び出された政次は、誤って朝利を刺殺してしまう。しかし、直親の名推理によって意図的ではなかったことが証明されたが、井伊家中からの政次への視線はだんだん冷たいものとなっていく。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2017年10月23日

楽しくない飲み会は飲むだけ無駄

鳥羽港


皆さんこんばんは。
今回は、記事「僕がいつまでも上司と行く飲み会が嫌いな理由」について、飲み会についての持論を述べようと思います。

前提として、僕自身は酒そのものは別に好きではありませんが、人と飲みに行くのは嫌いではありません。
時間とお金があれば飲みに行きますし、自分主催でも飲み会をやります。

ですが、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2017年10月19日

旧曲公開!(Like Rainbow)

虹
photo by 写真AC


皆さんこんばんは。
今回は、昔作った曲を公開しましたよ、というお話です。

副題は「Like Rainbow」。
ということで、英語に詳しい方は疑問に思ったと思いますが、可算名詞である「rainbow」の単数形に冠詞がついていないという点が実はポイントです 笑

というのも…

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)バンド・創作活動

2017年10月15日

記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(13)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回はまた『哲学ニュース』の記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について検証してみようということで、第1弾第2弾第3弾第4弾第5弾第6弾第7弾第8弾第9弾第10弾第11弾第12弾に続いての第13弾です。

第1回はヨーロッパと日本の距離について、第2回は当時日本から産出された資源について、第3回は当時の日本にはヨーロッパ人にとって価値のある産業がなかったのかについてを考えました。
続く第4回、第5回では日本とヨーロッパの戦略差について、第6回以降では16世紀の日本の統治システムについて、まず1501年時点での群雄割拠について検討しました。
第7回ではザビエル来航の1549年時点での統一状態について、第8回では本能寺の変直前の状態について、第9回では豊臣秀吉の天下統一時の様子とこれまでの統一状態の総括をしました。
第10回では実際の統治システムということで「貫高制」について、第11回では「寄親寄子制」への導入ということで、室町時代までの武士の主従関係について述べ、第12回では実際に「寄親寄子制」について調べました。

第13弾は…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)趣味