さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年09月26日

「摂政」の歴史

明治神宮

みなさん、こんばんは。
近ごろ(8月中旬)、天皇陛下のご譲位の件で「摂政」というものが話題に上っているようなので、「摂政」の歴史について書いてみようと思います。

小・中学校・高校の歴史(日本史)で習っているはずなのですが、歴史が特に好きではない人にとってはちんぷんかんぷんだと思いますので。

そもそも、「摂政」というのは「政(まつりごと)を摂(と)る」と訓じまして、「政治を代行する」という、そのまんまの意味の役職です。

では、「摂政」の歴史はいつから始まるのか。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:03Comments(0)趣味

2016年09月22日

『真田丸』、秀吉の老衰っぷりは悪くない(第29回)



皆さん、こんばんは。
更新がだいぶ遅いのですが、今回は大人気NHK大河ドラマ『真田丸』の第29回「異変」について。

関白豊臣秀次(新納慎也)が切腹し、老いが目立ってくる豊臣秀吉(小日向文世)。
自分の死後のことを考え、五奉行と五大老を任命するが、石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)に同じことを言い、なおかつ家康には同じことを二回言い、何もないところでつまづく。
そして、真田家では真田信繁(堺雅人)の母薫(高畑淳子)の出自が疑われ、薫は夫真田昌幸(草刈正雄)の浮気を疑いどうのこうの、という内容でした。

何というか、秀吉の老いに関する騒動と昌幸の浮気に関する騒動のギャップがひどいというか、その浮気エピソードいらなくないですか?

演出的にどんな効果があるのでしょうか。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:07Comments(0)テレビ

2016年09月18日

東京大神宮

東京大神宮

皆さん、こんばんは。
今回は「東京大神宮」に行ってきた、という話です。

以前、仕事で飯田橋に行ったとき、道に迷ってたまたま東京大神宮の前を通ったのですが、そのときは急いでいたのでお参りができませんでした。

そして、後日、飯田橋で時間ができたのでお参りしてきました。

東京大神宮は、もともと明治13年にお伊勢様を勧請したのが始まりで、そのころは日比谷にあったので「日比谷大神宮」といわれていたそうですが、関東大震災後に現飯田橋の地に移り、「東京大神宮」と名を改めたそうです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:04Comments(0)趣味

2016年09月14日

「血液型健康法」とか、アホか?

ビッパ

皆さんこんばんは。
近ごろ(この記事を書いているのは平成28年8月上旬)「血液型健康法」なるものがネットで流行っているようですが、「健康情報サイトNMN」というのを見て爆笑、もとい、大笑いしてしまった。

このサイトには、
食物を摂取すると体内では、血液と食物の間で化学反応が起こります。特に食物中にあるレクチンというタンパクは、血液凝集作用があり血液に大きく作用します。このレクチンは血液型抗原に非常に良く似た特性を持つためO、A、B、ABの各血液型によってそれぞれ別の拒絶反応を起こします。逆説的にいうとある食物に適応する血液型の人類のみがその食習慣の中で生き残ったわけです。そこで長い年月を経て
 1.狩猟生活でO型 
 2.農耕生活でA型 
 3.遊牧生活でB型 
 4.その後の血液型の混交でAB型
が発生しました。

と書かれているのですが…
まったく意味不明 笑
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:02Comments(0)ネット

2016年09月10日

『真田丸』、呂宋助左衛門が無理やり過ぎる(28回)



皆さん、こんばんは。
今回は大人気NHK大河ドラマ『真田丸』第28回「受難」について。

関白豊臣秀次(新納慎也)が、豊臣秀頼の誕生で自分が豊臣秀吉(小日向文世)に消されるのではないかと疑心暗鬼になり、関白の職務放棄をしたあと、秀吉の意思に反して勝手に高野山に入り、勝手に切腹してしまったという話。

う~ん。
史実として残っていない部分の補い方が陳腐ですね。
小日向氏の演技など、俳優さんの力で光っている部分は多いですが、秀次の逃亡とか、そのときの「きり」(長澤まさみ)のかかわり方とか、真田屋敷に逃亡するとか、短絡的で陳腐すぎる。

三谷幸喜さんは歴史が好きそうなことをおっしゃっているが、本当に好きなのか?
ただのミーハーか、もしくはやっつけ仕事としか思えない脚本だと思う。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:02Comments(0)テレビ

2016年09月06日

満員電車が不幸を生む



皆さん、こんばんは。
今回は記事「皆、通勤電車って耐えられてるの?」を読んで、考えたことです。

僕は8年くらい満員電車とは無縁の生活をしていた上に、ここ3年くらいは電車すら乗らない生活をしていたのですが、近ごろ電車に乗る機会が増えまして、満員電車に遭遇することもしばしば…

毎日これで通勤されている方は本当にすごいですね。

僕も満員電車素人ですが、ぎゅうぎゅう詰めの中、観察すると割りと「あ、この人素人だな」とか、「この人プロだな」というのが分かります 笑
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:04Comments(0)ネット

2016年09月02日

ポケモンGOに代表される歩きスマホの害悪



皆さんこんばんは。
この記事を書いているのは8月初め。
7月下旬に日本でも配信が開始された『ポケモンGO』の狂騒がひと段落して、街に突然現れた『ポケモンGO』ユーザーが、これまた突然激減した状態です。

この現象について言いたいことがいくつかある。

・なぜ歩きスマホ、チャリスマホなどの「ながらスマホ」をやめない人がいるのか?
・もともとポケモンのファンというわけではなかったのに、話題になっているからといってやり始めて、2,3日で飽きてポイする人の気持ちがわからない。
・いい大人がスマホを見つめて真剣な顔で小走りになっている姿を見ると、恥ずかしくなる。
・『ポケモンGO』そのものは悪くない、という論調が多いが、歩きスマホを誘発し、事故を誘発するアプリが「悪くない」訳がない。『ポケモンGO』そのものがおかしい。

ということです。

すべてとりあげてしまうと相当長くなってしまうので、とりあえず「歩きスマホ」がなぜなくならないか、について考えてみようと思います。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:02Comments(0)日記

2016年08月29日

『真田丸』、面白くなくはない(第27回)



皆さん、こんばんは。
今回は大人気大河ドラマ『真田丸』第27回の感想です。

27回は「不信」。
関白に就任した豊臣秀次(新納慎也)が、拾(後の豊臣秀頼)の誕生により、豊臣秀吉(小日向文世)に邪魔にされているのではないかと疑心暗鬼になり、精神的に不安定になっていく話でした。

秀次の心の動きの描き方は前回も書いたように、割と面白いかな、と思います。

歴史上の出来事を考える上で、今まで欠けていたのは「当事者意識」というか、心理的アプローチというか、自分がその当事者だったら精神的にどうなるか、とか、精神的に不安定になるとどんな判断をするか、という考えだと思います。
(ただし、現代の倫理観が当時の倫理観に通じない場合があり、やはり文献的証拠がなければ学問たりえない考えですが)
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:06Comments(0)テレビ

2016年08月25日

記事「友達や人間関係を無理に作る必要はない」について

お友達

皆さん、こんばんは。
今回は「友達や人間関係を無理に作る必要はない」という記事について。

題名の通りの内容の記事ですが、大いに賛成です。

普段の社会生活はもちろん、SNSなどでは顕著ですが、「友達が多いほどいい」という価値観が一部にはあるようで、どうにも違和感があります。

そもそも、どこからが「友達」なのか?
話したことがあって、お互い連絡先を知っているレベル?
いっしょに食事に行くレベル(酒も含めて)?
お互い悩みなどを相談するレベル?
家族同士で交流があるレベル?
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:02Comments(0)ネット

2016年08月21日

「生前退位」報道の問題点

越後

皆さん、こんばんは。
実はこのブログ、書いているのが1ヶ月ほど前なので、天皇陛下の「生前退位」という7月中旬の話題を扱うわけです。
(8月下旬現在ではどうなっているのか分かりませんが…)

これで、とりあえず天皇陛下のことが話題になったので、天皇陛下に対する誤解を正しておきましょう 笑

まず、○○天皇(例えば、明治天皇、昭和天皇などの名前)という言い方は、崩御(天皇家の方が亡くなること)後の諡号(贈り名)であって、生前には使いません。

だから、現在の和号「平成」を天皇陛下の前につけるのは、かなり失礼な言い方です。
(現在は「不敬罪」がないので、つけてもつかまりませんが。それと、譲位をした場合は使ってOKです)
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:07Comments(0)趣味