さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年11月12日

『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第11~15回についての感想です。

まずはあらすじ

今川義元(春風亭昇太)亡き後、三河を勢力下に治めつつあった松平元康(阿部サダヲ)の元から井伊家へ使者があった。落ちぶれゆく今川家に比べて勢いのある松平家に近づいておきたい井伊直親(三浦春馬)、次郎法師(柴崎コウ)は小野政次(高橋一生)に相談し、直親は松平元康に会うこととなった。しかし、それは今川家の放った偽元康(星田英利)であり、謀反の嫌疑をかけられた直親は弁明のため駿府へと向かう。

駿府への道中で直親は暗殺され、遠江国内で松平方へ呼応した飯尾連竜を討つために出陣した井伊直平(前田吟)、中野直由(筧利夫)、新野左馬助(苅谷俊介)らも討死にしてしまう。井伊谷にまともに政治を執れる人間がいなくなってしまったために、南渓和尚(小林薫)は次郎法師を還俗させて「直虎」と名乗らせ、直親の遺児虎松(鈴木楽)の後見とすることになる。

当主代行となった直虎はまず井伊家の財政の建て直しに苦戦する。そこで、商人である瀬戸方久を家臣とすることになるが、直由の息子、直之(矢本悠馬)が反発する。

直虎は領内の瀬戸村、祝田村の借金を解消するために徳政令を発布しようとするができず、それに反発した村民たちは今川家に直接徳政令を出すように訴え、今川家から直虎の元に徳政令を出すように命令が来た。しかし、このまま今川家の命令を受け入れては瀬戸、祝田の二村は今川家領のようになってしまうため、直虎は両村を龍潭寺に寄進。同時に家臣や村民たちに事情を説明する。

徳政令の顛末について説明せよという今川家からの命令に従わざるを得ない井伊家だが、先に直満(宇梶剛士)・直平や直親が暗殺された経緯があるため、使者に身をやつして駿府に到着。今川家の実権を握っていた今川氏真(尾上松也)の祖母寿桂尼(浅丘ルリ子)を説得し、なんとか事なきを得る。

という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2017年10月27日

『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回)

鳥羽港


皆さんこんばんは。
今回は、大人気大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズ第2弾です。
第6~10回について取り扱います。

あらすじ
井伊谷に還った井伊直親(三浦春馬)は次郎法師(柴崎コウ)との結婚を望み、今川家に次郎法師の還俗を願い出たいといったが、小野政次(高橋一生)の意見で直親の帰還と次郎法師の還俗の両方を今川家に認めさせるのは難しいということで、次郎法師の還俗は実行されなかった。

そうこうしているうちに今川家から検地の知らせがあり、隠し田をもっている井伊直平(前田吟)は動揺するが、政次の知恵で検地奉行の岩松(木村祐一)を説得し、次郎法師も岩松の情に訴え、事なきを得る。

直親の元に嫁いだ奥山朝利(でんでん)の娘しの(貫地谷しほり)だが、4年間子どもができず、直親に側女をとらせようという話に苦しんでいた。しかし、直親の恋敵として恨んでいた次郎法師からのアドバイスで、直親と話し合うこととなった。

そんな中、今川義元(春風亭昇太)により征西が開始され、井伊家は当主直盛(杉本哲太)を始めとして奥山朝利、政次の弟小野玄蕃(井上芳雄)なども徴用されるが、尾張桶狭間にて今川本体が壊滅し、義元が討死、直盛や玄蕃も討死してしまう。

直盛が跡継ぎに中野直由(筧利夫)を指名したということについて、政次が直盛をそそのかしたと疑念を抱く奥山朝利によって呼び出された政次は、誤って朝利を刺殺してしまう。しかし、直親の名推理によって意図的ではなかったことが証明されたが、井伊家中からの政次への視線はだんだん冷たいものとなっていく。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2017年10月07日

『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回)

伊雑の宮


皆さんこんばんは。
今回は、ついに今年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想に入ります!

去年の大河ドラマ『真田丸』の感想は最終的に1回1回書くようになったので非常に時間がかかってしまいましたが、今回は『真田丸』の当初のように5回分まとめて書きますので、それほど時間はかからないと思います。

あらすじ
戦国時代、遠江の井伊谷の領主井伊氏は今川家からの圧迫に耐えながら辛くも独立を維持していた。そんな中、当主井伊直盛(杉本哲太)の大叔父直満(宇梶剛士)と直義は井伊家家老小野政直(吹越満)の讒言により、今川家に処刑されてしまう。その荒波の中、直盛の娘おとわ(新井美羽)は幼馴染の小野政直の嫡男鶴丸(小林楓)、井伊直満の嫡男亀之丞(藤本哉太)と無邪気な幼少時代を過ごしていた。

しかし、謀反人として処刑された直満の嫡子である亀之丞へも処刑の命令が下り、直盛は今村正実(芹沢興人)に命じて亀之丞をかくまうことにし、おとわは政直の子鶴丸との婚姻を命じられるが、出家することでそれを避けることになる。

おとわの出家騒動が今川家の耳に入り、それを防ぐために義元(春風亭昇太)はおとわに人質になるように命じるが、義元の嫡子氏真(尾上松也)との蹴鞠の勝負で辛くもそれを免れる。

その後、直満の所領を小野政直に譲るように今川家から通達があり、井伊家の中でますます政直に対する反発が強まっていく。

そして9年の歳月が経ち、おとわは次郎法師(柴崎コウ)として成長し、鶴丸は小野政次(高橋一生)として元服し、父の政直は病に倒れる。政次の死によって暗殺の危険が薄まった亀之丞も元服し、井伊直親(三浦春馬)として井伊谷に帰郷した…

という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年09月21日

『真田丸』、松代藩の偉人佐久間象山(最終回)




皆さんこんばんは。
今回は惰性で続いていた去年の大人気NHK大河『真田丸』の感想ですが、ついに最終回です!
だらだらとやっているうちにいつの間にか9月となり、今年の大河ドラマ『おんな城主直虎』も後半に入ってしまいました 笑

というわけであらすじ
大阪夏の陣で対峙する徳川家と豊臣家。緒戦は有利に展開する豊臣方だが、大野治長(今井朋彦)が豊臣家の馬印を城に持ち帰ったことで雑兵が「秀頼(中川大志)が退却した」と勘違い、一気に崩れ立つ。これで戦の大勢が決定し、豊臣家は敗北する。
という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年09月05日

『真田丸』、伊達政宗の天下取り(第49回)




皆さんこんばんは。
惰性で続いている去年の大人気NHK大河ドラマ『真田丸』の感想シリーズですが、ついに49回です!

あらすじとしては
どうしても真田幸村(堺雅人)に死んでほしくない兄の信之(大泉洋)ですが、名を隠して本人に会いに行くも、幸村の決意は固く説得はできず。幸村は妻子を伊達家に託し、ついに大坂夏の陣が開戦となり、後藤又兵衛(哀川翔)を初めとする有力武将が次々と討死していく…
という訳ですが、ついに木村重成が討死しましたね。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年08月20日

『真田丸』、有楽斎を慮る(第48回)




皆さんこんばんは。
今回は惰性で続いている去年の大人気大河ドラマ『真田丸』の感想シリーズ、第48回「引鉄」についてです。

あらすじ
大坂冬の陣の講和で堀を埋められた大坂城。徳川家康(内野聖陽)の暗殺に失敗する真田幸村(堺雅人)と佐助(藤井隆)。内通者と思われる織田有楽斎(井上順)を追い出した幸村は、豊臣秀頼(中川大志)に牢人たちの親類縁者を呼ぶことを進言。久し振りに甥たちや矢沢三十郎(迫田孝也)、小山田茂誠(高木渉)らと再会する…
てな感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年08月04日

『真田丸』、信之の不倫とかどうでもいい(第47回)



皆さんこんばんは。
このブログではおなじみの今更シリーズですが、今回は去年の大人気NHK大河ドラマ『真田丸』第47回「反撃」についての感想です。

もう完全に飽きているこのシリーズ。
早く『直虎』の感想を書きたいと思いながらも「最後までやる」という自分縛りに苦しんでいる意味のわからない状況です。

さて、あらすじですが、
大坂冬の陣にて徳川方に砲弾を打ち込まれた豊臣方首脳はすっかり戦意をなくし、和睦の方向へと動き出す。和睦の交渉役として本多正信(近藤正臣)が出てくることを恐れた真田幸村(堺雅人)は豊臣方の使者として、淀殿(竹内結子)の妹常高院(はいだしょうこ)と大蔵卿局(峯村リエ)を立てた。徳川方は家康(内野聖陽)の側室である阿茶の局(斉藤由貴)を立てたが…
という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年07月15日

『真田丸』、解釈の違いって面白い(第46回)



皆さんこんばんは。
今回は惰性で続けている去年の大河ドラマ『真田丸』の感想シリーズ、第46回「砲弾」についてです。

あらすじとしては、
真田丸を攻めあぐねてじれる徳川方だが、いたずらに攻めるのをやめ、鬨の声を上げ続けて心理戦に持ち込もうとする。一方、真田丸での勝ちに乗じた豊臣方はここで和議に持ち込もうとするが、真田幸村(堺雅人)が待ったをかける。しかし、織田有楽斎(井上順)や大蔵卿(峯村リエ)の局などに押し切られる形で豊臣秀頼(中川大志)は和議との決定を下す。そこで淀殿(竹内結子)の説得によって和議の決定を覆そうとする幸村だったが、徳川方から天守閣へと一発の砲弾が打ち込まれ、それにおびえた豊臣方の大勢は一気に和議へと流れだす…
という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年06月29日

『真田丸』、第一次上田合戦に勝てない(第45回)



皆さんこんばんは。
今回は半年以上前に放送された去年のNHK大河ドラマ『真田丸』第45回「完封」についての感想です。

あらすじとしては
大坂冬の陣が始まり、にらみ合う徳川幕府軍と豊臣方ですが、明石全登(小林顕作)の留守中に木津川砦などが攻撃され、真田幸村(堺雅人)、後藤又兵衛(哀川翔)らは密通者の存在に気づく。そんな中、真田丸に篭った幸村は見事徳川方の挑発に成功、前田利常、井伊直孝、松平忠直らが真田丸に殺到し、徳川方は緒戦に敗北する…
という感じです。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年06月13日

『真田丸』、木村重成推し(第44回)



皆さんこんばんは。
今回は惰性で続いている去年の大人気NHK大河ドラマ『真田丸』第44回「築城」について、というよりも木村重成についてです 笑

あらすじ
徳川幕府軍が続々と大坂へ向かってきている中、真田幸村(堺雅人)は大坂城の南に出城を作ることを提案。大野治長(今井朋彦)や木村重成(白石隼也)の賛同をよそに、決定権を握る織田有楽斎(井上順)や大蔵卿局(峯村リエ)らの「浪人衆は信用できない」との言葉に流される豊臣秀頼(中川大志)。出城「真田丸」は廃案となるかに見えたが、大野治長のはからいによって直接秀頼の承諾を得て、築城に成功する。
って感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ