さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年03月17日

『真田丸』、続・佐助の恋とかいらない(第39回)



皆さんこんばんは。
今回は去年の大人気大河ドラマ『真田丸』第39回「歳月」の感想です!
いつも大体そうですが、放送から半年くらい経っちゃってますね 笑

あらすじとしては、
呂宋助左衛門(松本幸四郎)の手引きで海外に渡った豊臣秀次(新納慎也)の娘たか(岸井ゆきの)が帰国し、真田信繁(堺雅人)に再会。たかがもってきた紐をヒントに信繁は「真田紐」を考案し、九度山の村人に販売を勧める。九度山での生活が普通になってきた信繁一行だが、人目を忍んで豊臣秀頼(中川大志)の使者として、宇喜多旧臣の明石全登(小林顕作)が信繁の前に現れる…
という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)テレビ

2017年03月01日

『真田丸』、佐助の恋とかいらない(第38回)



皆さんこんばんは。
今回はまた、惰性で続けている去年の大人気NHK大河ドラマ『真田丸』への苦情シリーズです 笑

もう、今は平成29年大河ドラマ『おんな城主直虎』が始まっていますが、まぁ気にしないで『真田丸』の感想を続けます(そのうち面倒になってやめるかもしれません 笑)

今回は第38回「昌幸」についてです。
あらすじとしては、
真田昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)一行は高野山の麓の九度山で蟄居生活を送るが、その間に徳川家康(内野聖陽)は征夷大将軍に任命され、三男秀忠(星野源)に将軍職を譲る。真田信之(大泉洋)は昌幸と信繁の赦免を請うが受け入れられず、信之の舅の本多忠勝(藤岡弘、)が亡くなる。そして昌幸は病に倒れ、失意のまま天に召される…
という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)テレビ

2017年02月05日

『真田丸』、竹本義太夫はそっとしておくべきか?(第37回)



皆さんこんばんは。
今回はだいぶ遅れている去年の大人気大河ドラマ『真田丸』の第37回「信之」について。

あらすじは、
関ヶ原の戦いは一日で終了し、西軍敗戦の報を聞いた真田昌幸(草刈正雄)、真田信繁(堺雅人)親子は頭を抱える。そこへ東軍方へついた真田信幸(大泉洋)が訪れ、二人の助命嘆願を約束。さらに、信幸の舅である本多忠勝(藤岡弘、)も登場し、二人の助命嘆願に加わってくれるとのこと。
信幸、忠勝の二人は大坂城の徳川家康(内野聖陽)の元を訪れ、命がけで昌幸、信繁の助命を嘆願。なんとか二人の助命に成功し、二人は高野山九度山への蟄居となる。
そして、信幸は徳川家康に「幸」の字を捨てよ、と言われ、真田信之と名を改める。
という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:04Comments(0)テレビ

2017年01月20日

『真田丸』、本多正信は「作左」ではない(第36回)



皆さんこんばんは。
今回は、去年の9月くらいの放送分ですが、大人気大河ドラマ『真田丸』の第36回「勝負」についての感想。

内容は、
犬伏で徳川方に就くことになった真田信幸(大泉洋)は小山の徳川陣へ向かい、石田方に就くことになった真田昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)は上田に向かい、一方、徳川家康(内野聖陽)は石田三成(山本耕史)の挙兵を知り、有名な小山評定ののち西に向かう。
徳川秀忠(星野源)は本多正信(近藤正臣)を軍師として上田に向かい、第二次上田合戦が始まるが、あっという間に関ヶ原本戦が終わり、秀忠軍は陣を放棄して西へ向かう…
というものでした。

真田昌幸が活躍すると割りと面白いのですが、やっぱり奇をてらいすぎですよね、このドラマ。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:04Comments(0)テレビ

2017年01月04日

『真田丸』、徳川家康が慌てすぎ(第35回)



皆さん、新年明けましておめでとうございます。
今年もまったく先が見えず無事に過ごせるかわからないですが、今までもそうだったので、結局人生はいつまで経っても一寸先は闇ですね。

さて、放送からずいぶん時間が経ってしまっていて、もはや惰性と化している大人気大河ドラマ『真田丸』の感想シリーズです 笑

今回は第35回「犬伏」ということで、あらすじとしては、

会津上杉征伐に向かう徳川軍の隙をつき、石田三成(山本耕史)は大谷吉継(片岡愛之助)を説得し、大坂にて挙兵。
徳川家に従軍していた大名たちの妻子を大坂城に集めて人質としようとするが、細川ガラシャ(橋本マナミ)が死に、細川邸に火を放たれて失敗。
真田家は石田三成からの挙兵の知らせを聞いて、真田昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)らは石田方に、真田信幸(大泉洋)は徳川方につくという方針を決定。いわゆる「犬伏の別れ」。

という感じでした。

まず、気に入らなかったのが大谷吉継が石田三成に味方するのがあまりにもすんなりいき過ぎではないか、ということ。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:03Comments(0)テレビ

2016年12月19日

『真田丸』、特に言うことはないです(第34回)



皆さんこんばんは。
もはや僕自身もあまり書きたくない、でも、一度始めると最後までやりたいので惰性でやっている、大人気大河ドラマ『真田丸』の感想です 笑

今回は石田三成(山本耕史)の徳川屋敷襲撃が失敗し、七将(福島正則:深水元基、加藤清正:新井浩文、池田輝政、細川忠興:矢柴俊博、浅野幸長:斎藤マッチュ、加藤嘉明、黒田長政)の石田三成襲撃未遂事件、そして、有名な「直江状」の描写があり、関ヶ原前夜、真田家は上杉方につくことを決定…という内容でした。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:07Comments(0)テレビ

2016年12月11日

芸能ニュースって面白いのか?

伊良湖岬

皆さん、こんばんは。
今回は毎日ほぼすべてのテレビ局で取り上げられている「芸能ニュース」について。

今年も数多の結婚、不倫、麻薬・覚醒剤、犯罪、大物グループの解散、再結成、ご病気、訃報など、さまざまな芸能ニュースがとりあげられてきました。

ファンの人は当然気になるでしょうし、訃報やご病気などはまぁ、知っておきたくはありますが、僕はあまり芸能ニュース自体に興味がありません。

いや、別に芸能ニュースが好きな人に、嫌いになれといっているんではないんですよ。
好きな人は好きで別にいいんです。

ただ、僕は芸能ニュースよりも日本での国会の動きや経済、世界も含めた事件・事故などの方が気になるので、ワイドショーも含めた報道系の番組で芸能ニュースが多いと、何だか気が滅入るんですよね。

芸能の報道が多いのは多数決の原理ですかね?
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:02Comments(0)テレビ

2016年12月03日

『真田丸』、まぁフツーですね(第33回)



皆さんこんばんは。
今回は人気大河ドラマ『真田丸』第33回「動乱」について、「文句を言うなら見なければいいのに」シリーズです 笑
しかも、放送してから3ヶ月は経っていますかね 笑
まぁ、気にしません!

といっても、今回も痛烈な批判は思いつかず、というか見たのがあまりにも前であまり覚えていないのもありますが、ドラマでやった出来事に関する話を書こうと思います。

ちなみに、ドラマでは石田三成(山本耕史)による徳川家康(内野聖陽)襲撃未遂事件が描かれ、家康を守護するために大名たちが続々と集まるのに比べて、三成方の閑散とした状態が描かれました。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:01Comments(0)テレビ

2016年11月13日

『真田丸』、三成と清正の描写はいい!(第32回)



皆さん、こんばんは。
ずいぶん前の話ですが、今回は大人気NHK大河ドラマ『真田丸』の第32回「応酬」についての感想。

話としては、豊臣秀吉(小日向文世)の死後、政権運営は老(おとな)衆(=五大老)と五奉行に託され、天下取りを狙って縁組や宴会などで大名たちを篭絡する徳川家康(内野聖陽)。一方、豊臣政権をかたくなに守ろうとするが、情のなさそうな態度でどんどん嫌われる石田三成(山本耕史)…。関ヶ原への布石が着々と打たれていく…

という感じですが、まず、五大老と五奉行について書いておきます。
(これはドラマ批判ではなく、五大老と五奉行ってこんな感じですよ、という単純な説明)
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:05Comments(0)テレビ

2016年10月24日

『真田丸』は大混乱(第31回)



皆さんこんばんは。
今回は大人気大河ドラマ『真田丸』第31回「終焉」について、「文句を言うなら見なければいいのに」シリーズです 笑

今回は、豊臣秀吉(小日向文世)の臨終にあたって、徳川家康(内野聖陽)や石田三成(山本耕史)らが自分たちに有利なような遺言を書かせようと画策し、石田三成は真田昌幸(草刈正雄)に徳川家康の暗殺を以来し、家康暗殺に向かった出浦昌相(寺島進)がたまたまその場にいた真田信幸(大泉洋)の姿に動揺し、失敗して負傷する、というお話です。

今回はいつもほどひどくはなかったと感じました。

しかし、いつもどおりやはり「創作」として脚本が甘いと感じました。

では、「面白い」歴史創作物ってどんなものだろう?
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:05Comments(0)テレビ