さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年04月05日

『青天を衝け』第1回―渋沢家について

深谷駅


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第1回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!



まずはあらすじ。

文久4(1864)年、京。
渋沢栄一(吉沢亮)と渋沢喜作(高良健吾)は駆けだした。

駆けだした先には徳川権中納言慶喜(草彅剛)がいた。
栄一と喜作は慶喜の前に跪き、取り立ててもらえるよう訴えた。

天保15(1844)年、武蔵国血洗島。
4歳の栄一(小林優仁)は父・市郎右衛門(小林薫)から神君・徳川家康公の教えを受け、従兄の尾高新五郎惇忠(田辺誠一)から漢籍などを教わっていた。

ある日栄一は、喜作や新五郎の弟・長七郎ら幼馴染と遊んでいた。
そんな中、新五郎・長七郎らの妹・千代のくしが川に流されてしまった。

千代と栄一は必死で追いかけるも追いつけずにいたが、それをある人物が拾った。

罪人として岡部藩に捕縛されたが、それを逃れてきた高島秋帆であった。

秋帆の存在が気になった栄一は、夜半、長七郎らと藩の牢を見に行った。
そこで秋帆と会話することができた栄一は、日本の行く末を心配する秋帆の考えを深く記憶に刻み込んだのであった。

ということで、




<第1回「栄一、目覚める」の感想>


まぁまぁでしたw

僕の中では「希望溢れるキラキラした少年(少女)時代を描く大河は大抵面白くない」というジンクスがありまして、今回の『青天を衝け』はその気がありましたねw

関連記事:
『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回)

そのため、今後のがっかり感や中だるみを予感してしまって、そういった意味での「まぁまぁ」です。

現時点では面白いと思いましたし、幕末~維新を描く歴史ドラマは大抵武士が中心ですが、栄一ら農民たちを主軸に据えた幕末大河は非常に興味深いと思います。


関連記事:
『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回)

関連記事:
『西郷どん』、まだ面白い!(第6~10回)

関連記事:
『西郷どん』、立ち上がりは上々ですね!(第1~5回)


そして、冒頭の北大路欣也氏の「徳川家康です」は衝撃でしたねw

徳川家康を大切に扱っているのはわかるのですが、ちょっと軽薄にすぎないかとw


関連記事:
苦難の時代の幕開け―山岡荘八『徳川家康』第5巻

関連記事:
小牧長久手の戦いに学ぶ―勝ちすぎてはいけない

関連記事:
徳川家康の生涯を貫く思想―山岡荘八『徳川家康』第4巻


あと、下の解説で取り上げるには知識が少なすぎるのでここで説明しておきますが、昔の武蔵国は実は稲作に向かない土地が多く、畑作が中心でした。

理由としては火山灰地が多いこと、台地が多いことが挙げられます。
水はけがよすぎるんです。

そのため、火山灰地である多摩地域は小麦生産が盛んで(武蔵野うどんが有名ですね)、深谷などの台地では桑や藍などを育ていたようです。
※東京の「田無」という地名は、本当に田がないことからきているという説もあります。

<第1回の楽しみ方―渋沢家について―>


というわけで、今回は渋沢家の来歴等についての解説です。

以前twitterでつぶやいたのですが、「江戸時代の身分制度」というと百姓には名字がなかったと思っている人が多いようですが、実際はこの認識には誤解があります。

参考tweet:
百姓の名字

名字が「なかった」のではなく、公に「名乗れなかった」のです。

さらに、すべての百姓が名乗れなかったわけではなく、豪農や庄屋、優れた功績を残した人物などは特別に名字を名乗ることが許され、代々名字を名乗っていた百姓も存在します。

今回の大河の主人公である渋沢栄一の渋沢家は家業を「商売」と表現するような豪農でしたから、「渋沢」という名字を代々名乗ることが許されていたのだと思います。

しかもしかも、渋沢家や尾高家は名字だけではなくきちんと諱ももっている家だったのです。

参考記事:
武家や公家の名前について

渋沢栄一は
渋沢 栄一(栄二郎、栄一郎) 美雄

渋沢喜作は
渋沢 喜作(成一郎) 英明

尾高新五郎は
尾高 新五郎 惇忠(あつただ。有職読みで「じゅんちゅう」)

尾高長七郎は
尾高 長七郎 弘忠

尾高家の由来はまだ調べが足りていませんが、渋沢家は戦国時代までは武家だったと伝わっています。

出自は甲斐源氏・新羅三郎源義光の次男・武田冠者源義清の子・逸見冠者源清光から始まる逸見氏族だと言います。
※逸見冠者清光の子・逸見上総介光長と武田太郎信義は一卵性双生児だったと言われるので、武田家とは非常に近い血筋となります。


関連記事:
『麒麟がくる』第22回―三好氏の血縁関係

関連記事:
鶴岡八幡宮を味わう―源平池とゆかりの人物

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術(18)長篠の合戦


逸見冠者の子孫である逸見義継なる人物が、現在の山梨県北杜市長坂町にある渋沢村に住み、「渋沢」の名字を名乗ったのが始まりと言われます。

その後、戦国時代には武田家臣として活動したようですが、織田左中将信忠の甲斐侵攻により信濃佐久、上野富岡を経て武蔵国榛沢郡の血洗島に行きついたと言います。

参考記事:
深谷ねぎっこブログ

関連記事:
天目山の戦いから学ぶ―撤退のベスト・タイミングとは

関連記事:
高遠城の合戦から学ぶ―自分よりキャリアが上の部下と信頼関係を築く方法

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術(19)第二次高天神城の合戦


江戸時代になってからの事績はよくわかりませんが、栄一の父・市郎右衛門の時代には渋沢家は「苗字帯刀」を許されるほどの豪農となり、村役人として村を取り仕切る役割を担っていました。

こんな感じで、ドラマの背景にある知識が分かるとドラマをもっと楽しめます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・渋沢 栄一(栄二郎、栄一郎) 源 美雄
・渋沢 喜作(成一郎) 源 英明
・(一橋)徳川(松平) 権中納言(幼名は七郎麻呂) 源 朝臣 慶喜(昭到)
・渋沢 市郎右衛門 源 元助(美雅)
・征夷大将軍(将軍家) 徳川 太政大臣(右近衛権少将、左近衛大将、内大臣。通称は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・尾高 新五郎 (氏不明) 惇忠
・尾高 長七郎 (氏不明) 弘忠
・高島 喜平 源 舜臣(号:秋帆)
・甲斐守(通称は新羅三郎) 源 朝臣 義光
・武田冠者 源 義清
・逸見冠者(武田、黒源太) 源 清光
・武田 太郎 源 信義
・逸見 (官職・通称不明) 源 義継
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
ぴえーるのテレビブログ
日本歴史時代作家協会 公式ブログ
コモンズ考

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

↓時代背景のイメージを感じられたかなと思ったら下記リンクのドラマガイドなどでドラマの内容を復習してみてください!




☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「お食事しながらホラーな神秘体験!(ヴァンパイアカフェ(6))」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Autumn Crazy / SLEEPY HOLLOW










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『麒麟がくる』第44回―南光坊天海について
『麒麟がくる』第43回―波多野家について
『麒麟がくる』第42回―荒木摂津守について
『麒麟がくる』第41回―赤井悪右衛門について
『麒麟がくる』第40回―松永弾正の茶器
『麒麟がくる』第39回―原田備中守について
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『麒麟がくる』第44回―南光坊天海について (2021-04-01 20:00)
 『麒麟がくる』第43回―波多野家について (2021-03-24 20:00)
 『麒麟がくる』第42回―荒木摂津守について (2021-03-16 20:00)
 『麒麟がくる』第41回―赤井悪右衛門について (2021-03-12 20:00)
 『麒麟がくる』第40回―松永弾正の茶器 (2021-03-04 20:00)
 『麒麟がくる』第39回―原田備中守について (2021-02-24 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。