さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年10月03日

記事『「人を怒らせたら協力しなくなります」 …』について

伊勢湾


皆さんこんばんは。
今回はBuzz Feedの記事「『人を怒らせたら協力しなくなります』 部下がいる人なら知っておきたい、経済学のこと」 についてです。

記事の内容を簡単に言うと、
人を怒らせると協力が望めなくなるし自分が不機嫌な状態だと周りの人が話しかけづらくなったりして生産性が下がる、ということと、競争をしないと逆に助け合いに否定的になる、
ということです。

実は僕自身は元来かなり気が短く、子どもの頃はすぐに激してしまうので非常に苦労しました。

怒りたくて怒っているときもたまにありますが、大抵は怒りたくないのに感情を抑え切れなくて怒ってしまうんですね。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)ネット

2017年09月17日

記事「学校教育から美術や工作をなくす…」について

給食当番

皆さんこんばんは。
今回はtogetterの記事「教育大学美術科の人『学校教育から美術や工作を無くすという議論があるけどあり得ない。唯一企画・設計を行う教科なんだから。』」についてです。

スレ主の方の言いたいこととしては、芸術としての側面よりも企画・設計を行う唯一の教科として美術や工作をなくしてはいけないし、教え方も間違っていて、「表現」そのものではなく「方法」を教えるべき、といった感じですが、教科としての美術や工作のあり方が論じられていて面白いです。

僕としては芸術に一家言あるので「表現」の側面に注目して意見を言いたくなってしまいますが、「方法」をもっとしっかり教えるべきという意見は新鮮でした。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)ネット

2017年07月31日

記事「生物の進化には何かしらの力が働いてるとしか考えられないんだが」について

シーラカンス?

皆さんこんばんは。
今回はまた『哲学ニュース』の記事を見て思ったことで、記事は「生物の進化には何かしらの力が働いてるとしか考えられないんだが」という記事ですが、まず概要。

まぁ、ほとんど題名で表されていますが、勉強すればするほど生物の進化が偶然の産物とは思えなくなってくる、という内容です。

そもそもこれを語る前にチャールズ・ダーウィンの進化論の話をしなくてはなりませんが、まず「進化論」ってなんだっけ?
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)ネット

2017年07月11日

歩行者のマナーが悪すぎやしないか?(1)

伊勢湾

皆さんこんばんは。
今回ははてな匿名ダイアリーの「ちんたら前を歩いてる奴がまじで嫌い 」という記事を読んで思ったこと。というか、日ごろから思っていること。

それは、(地域にもよりますが)歩行者のマナーが概して悪すぎるということ。
僕は「昔の日本人はよかった」という論法が嫌いなのでそういう言い方をするわけではありません。
昔(特に昭和)と比べればよっぽどマナーは向上していると思います。

ですが、「世界に誇れるほどマナーのいい日本人」を気取っている割りには何も考えないで歩いている人が多すぎる気がします。
悪いけど、まったく世界に誇れるレベルではない。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(2)ネット

2017年06月25日

電車で席を譲るの譲らないの

伊勢湾

皆さんこんばんは。
今回は「フライドチキンは空をとぶ -フラソラ-」というブログの「 【超衝撃】『若い女(男)が電車で席を譲らない理由が正論すぎる事案が発生』に賛否両論」という記事について思ったことです。

記事そのものについては上記リンクをご覧いただけばいいとは思いますが、一応概要としては(上記記事の引用)、
このブロガーが説く理由は大きく分けて2つ。
1つは妊婦を対象にしたもので、「他人のお腹の大きさなんて普段あまり気にしておらず」
「座っていると、立っているときよりもさらに他の客に興味がなくなる」ため、“妊婦に気づかない”というもの。
もう1つは、「そもそも僕は、座るためにがんばって」おり、「座りやすい駅に住み、比較的空いている電車を選んで乗っている。
電車を1本見送ることもある」ため、「なんの努力もせずにあとから乗ってきただけの人に譲るというのは、どうも癪にさわる」

という感じです。

※大元の記事はコチラ「僕が電車で席を譲らない理由
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)ネット

2017年05月20日

ブログ開設12周年!

伊良湖港

皆さんこんばんは。
今回は「ブログ開設12周年!」ということで、平成17年(2005年)にこのブログが始まってからいつの間にか12年が経ってしまったので、その感懐を述べたいと思います。

この12年間というもの、周りの環境は著しく変化を繰り返し(特に仕事…)変わっていないのは住んでいる自治体くらいなものです。

12年前は僕はまだ大学生ですからね 笑
今では軽くおっさんですよ!

そして、他にこの12年間続いているものといえば、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)ネット

2017年05月16日

記事「地方が何で退屈かわかった」について

伊良湖岬


皆さんこんばんは。
今回は今年の4月9日に『はてな匿名ダイアリー』に投稿された「地方が何で退屈かわかった」という記事についてです。

記事の要旨としては、いろいろなところに住んだ経験のある投稿者が田舎がなんで退屈かということを考えた結果、「文化発信がないから」という結論にたどりついた、ということですが、同意です。

僕自身は山奥に住んだことはありませんが、千葉県の地方都市?(都市と呼べるレベルかは疑問)で育ち、現在は東京郊外に住んでいていろいろと思うところがあります。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)ネット

2017年03月29日

記事「なぜ日本のおじさんは怒ると『責任者を呼べ!』と騒ぐのか」について

きのこ


皆さんこんばんは。
今回は「ITmediaビジネスオンライン」の記事「なぜ日本のおじさんは怒ると『責任者を呼べ!』と騒ぐのか」についてです。

記事の内容としては、最近50~60代の人がキレる事件が相次いでいるが、キレる理由ではなく「責任者を呼べ!」というフレーズについて考察しています。実はこの「責任者を呼べ!」というフレーズは考えた結果、必要があって言っている言葉なのではなく、「キレてクレームを言うときにはこう言う」という刷り込みで反射的に言っているだけだ、というような内容です。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)ネット

2017年03月25日

「若さ信仰」はみっともない

伊良湖岬

皆さんこんばんは。
今回は、以前に書いた記事「『若い』ってそんなにいいものか?」の続編ということで、「若さ信仰」についてもう少し書いてみたいと思います。

今回主に参考にした記事は「若さの意味」という記事です。

要旨としては、日本の若さ信仰の根源は高度経済成長期にあり、その時期に活躍した団塊の世代が核となっている。彼らは戦争を潜り抜けてきた上の世代に勝つため、上の世代にないもの、「若さ」を全面に押し出して対決してきた。さらに、高度成長期には多くの肉体労働者を必要としたため、若くて動ける者に価値があったため、「若さ」の価値が大きくなった、というような内容です。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)ネット

2017年03月09日

2062年から来た未来人について

伊良湖岬

皆さんこんばんは。
今回は「2062年から来た未来人」について。

ぼくは割りと予言とか未来人とか、そういうオカルティックなネタが好きなのですが、以前未来人について書いたとき(「未来人の原田さん」)、同様にこの「2062年未来人」についても調べていたのですが、当時は熊本地震の前後で、2ちゃんねるではこの「2062年未来人」が熊本地震を言い当てた!と話題になっておりまして(実際には「言い当てた」訳ではない)、あまりに話題がホット過ぎて繊細だと判断したため、書かずに温めておりました 笑

概要としては、
2010年、突如2ちゃんねるに「2062年から来た」と自称する未来人が現れ、さまざまな質問を受けているうちに謎の暗号を発信。2011年3月11日、なんとその暗号どおりの出来事が起こり(東日本大震災)、2ちゃんねるは「2062年未来人」パニックに陥る。その後、現れては消え、現れては消えを繰り返すが「2016年4月15日に行く」と言い残してしばらく姿を消す。数年後、その前日、翌日に熊本地震が起こり、2ちゃんねるでは「予言どおりだ!」と大騒ぎになるが、その後、「2062年から来た未来人」を演じたと自称する人物がお詫びを掲載。事態は沈静化した。
といった感じです。
(詳しくはこちら→2062年から来た未来人の予言最新まとめ。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)ネット