さぽろぐ

映画・TV・音楽  |その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2018年04月09日

各合戦の動員人数について(6)第二次国府台の合戦

国府台公園 古井戸


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの6回目で「第二次国府台の合戦」についてです。
『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の長谷圭剛氏の記事を参考にしています。


関連記事:
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ

関連記事:
各合戦の動員人数について(4)第一次国府台の合戦

関連記事:
『関八州古戦録』


今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い
第4弾 第一次国府台の合戦
第5弾 川越城の合戦

「第二次国府台の合戦」はどんな戦いかというと…

参考記事:
第二次国府台合戦に学ぶ―小さな勝ちに酔わない


まぁ今回も合戦の詳しい流れは下記ブログをご参照いただきたいのですが、大体の流れとしては、

・永禄7(1564)年、上杉謙信と結び、武田信玄の背後を脅かしたい里見義弘(※)が、下総・武蔵・相模に進出することを企てて下総国府台に進出。
※「第一次国府台の合戦」時の義尭の子。第一次にも参戦。

・それを察知した北条氏康(※)が里見軍を奇襲し、勝利を収めた戦い。
という感じです。
※「第一次…」で指揮を執った氏綱の子。第一次にも参戦。「川越城の合戦」の総大将


関連記事:
河越城の戦いから学ぶ―基準を満たすまで手綱を緩めてはいけない

関連記事:
各合戦の動員人数について(5)川越城の合戦

関連記事:
合戦における戦術について⑧三増峠の合戦


さて、肝心の参加人数ですが上記『歴史と旅』の記事によると
・里見軍(里見本軍:6,000人、太田軍:2,000人):8,000人
・北条軍:2万余り
ということで、動員人数から石高に換算してみましょう。

参考:
大名が動員できる人数は?

・里見軍(里見本軍(外征):約30万石、太田軍(外征):約10万石):約40万石
・北条軍(外征):約100万石

実際の推測石高は

・里見軍(里見本軍(安房・上総):約42万4,000石、太田軍(武蔵の3分の1と仮定):22万2,000石):約64万6,000石
・北条軍(伊豆・相模・武蔵の3分の2):約70万9,000石
ということで、里見軍は多少少なめに動員し、北条軍は少しがんばって多めに動員したとも考えられなくはない数字ですね。

参考:
大国・上国・中国・下国一覧

というわけで、今回はあんまり論じるスキがなくてつまらないのですが、

結論
里見軍(里見本軍;6,000人、太田軍:2,000人):8,000人
北条軍:2万人

ということになります。

そしてこのシリーズ、そもそもが「記事『大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww』について(1)」に端を発したものなので、次回からは同時代のヨーロッパ中心の戦いにも目を向けてみたいと思います。
(本当はこのまま日本の戦いをやりたいのですが 笑)

今回登場した人物のフルネーム(参考:(参考:「武家や公家の名前について」)
・上杉(長尾) 弾正少弼(字は平三) 藤原(平) 朝臣 輝虎(政虎、景虎、入道謙信)
・武田 大膳大夫(字は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・里見 左馬頭(字は太郎) 源 朝臣 義弘
・里見 刑部少輔(字は権七郎) 源 朝臣 義尭
・北条 左京大夫(字は新九郎) 平 朝臣 氏康
・北条(伊勢) 左京大夫(字は新九郎) 平 朝臣 氏綱

参考
薔薇の古城
今日は何の日?徒然日記
城跡散策の記録

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!


☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


→数年以内にFIRE:経済的自立&早期リタイアメントを実現したい方へ

こちらのリンクを↓クリック↓してください。
(無料教材のダウンロードページに飛びます)
☆『教える』を仕組み化して1年でFIREを実現した方法
※初回メールが迷惑メールフォルダに自動振り分けされる可能性があるので、お気をつけください。



↓国府台合戦に興味をもたれた方は、下記書籍を購入してぜひ知識を増やしてみてください!

河合敦の戦国武将命運を分けた決戦7名勝負7

国府台合戦を点検する

国府台の合戦―関東制覇をかけて (1977年) (ふるさと文庫〈千葉〉)

史談・国盗り合戦史―戦乱の表舞台と裏舞台 (大陸文庫)



/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「世の中は『巧遅』よりも『拙速』であるほうが結果が出やすいのに、『巧遅』の方が高級だと思っている人が多い」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Freedom / Stoning Crows
※筆者は右側でギターを弾いています。


☆音源を聴いていいなと思ったら、下記リンクから是非CDを購入してみてください!

→メルカリで”Stoning Crows / again”を購入する





あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
第二次国府台合戦に学ぶ―小さな勝ちに酔わない
大坂夏の陣に学ぶ―覚悟して手放す
大坂冬の陣に学ぶ―自分のプライドを自分でたたき折る
長谷堂城の戦いに学ぶ―算盤勘定をもつ
安濃津城の戦いに学ぶ―小さな局面での勝敗に捕らわれない
田辺城の戦いに学ぶ―不都合な現実を直視する
同じカテゴリー(趣味)の記事
 第二次国府台合戦に学ぶ―小さな勝ちに酔わない (2021-11-08 20:00)
 大坂夏の陣に学ぶ―覚悟して手放す (2021-11-03 20:00)
 大坂冬の陣に学ぶ―自分のプライドを自分でたたき折る (2021-10-18 20:00)
 長谷堂城の戦いに学ぶ―算盤勘定をもつ (2021-09-28 20:00)
 安濃津城の戦いに学ぶ―小さな局面での勝敗に捕らわれない (2021-09-08 20:00)
 田辺城の戦いに学ぶ―不都合な現実を直視する (2021-08-19 20:00)

Posted by 鷲谷 城州 at 19:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。