さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年10月27日

250 years of the birth of Mozart BEST OF BEST MOZART(2)

Mozart 250 years of the birth of Mozart


皆さんこんばんは。
今回は『250 years of the birth of Mozart BEST OF BEST MOZART』というCDについて、第2弾です。

CDの名前にある通り、有名な作曲家W.A.Mozart(モーツァルト)の生誕250周年記念として作られたCDです。
※モーツァルトの生誕は1761年、このCDがリリースされたのは2005年ですから「250周年を目指して」という意味合いなのだと思います。

まずはCDを買った経緯です。

僕はモーツァルトが大好きなんです(といってもそれほど詳しいわけではありませんが…)。

小学生のときに彼の生涯に魅力を感じ、中学生ときに初めてCDを借りてきて以来ちょこちょこと新しいCDを買って聴いてたりします。

関連記事:
・モーツァルト『交響曲第40番』第1楽章、打ち込み完成!

関連記事:
・ポケットスコア/モーツァルト「ジュピター」

関連記事:
・ポケットスコア/モーツァルト「ハフナー」

関連記事:
・アマデウス

関連記事:
・黒田恭一『はじめてのクラシック』

関連記事:
・モーツァルト

去年の5月、そろそろ新しい音源が欲しいと思って仕事の帰りにBook-offに寄って物色していました。
僕は『レクイエム』の音源をもっていなかったのでこの機に手に入れたいと思って探した結果、店にある中で『レクイエム』が収録されているのがこの音源だった訳です。

なるべく全曲について書いていきたいと思っていますので、長い道のりになると思います 笑

↓こちらのCDです。


・1曲目、2曲目についてはこちらです。
250 years of the birth of Mozart BEST OF BEST MOZART(1)

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)音楽

2020年09月25日

250 years of the birth of Mozart BEST OF BEST MOZART(1)

Mozart 250 years of the birth of Mozart


皆さんこんばんは。
今回は『250 years of the birth of Mozart BEST OF BEST MOZART』というCDについてのお話です。

CDの名前にある通り、有名な作曲家W.A.Mozart(モーツァルト)の生誕250周年記念として作られたCDです。
※モーツァルトの生誕は1761年、このCDがリリースされたのは2005年ですから「250周年を目指して」という意味合いなのでしょうか?

まずはCDを買った経緯です。

僕はモーツァルトが大好きなんです(といってもそれほど詳しいわけではありませんが…)。

小学生のときに彼の生涯に魅力を感じ、中学生ときに初めてCDを借りてきて以来ちょこちょこと新しいCDを買って聴いてたりします。

関連記事:
・モーツァルト『交響曲第40番』第1楽章、打ち込み完成!

・ポケットスコア/モーツァルト「ジュピター」

・ポケットスコア/モーツァルト「ハフナー」

・アマデウス

・黒田恭一『はじめてのクラシック』

・モーツァルト

去年の5月、そろそろ新しい音源が欲しいと思って仕事の帰りにBook-offによって物色していました。
僕は『レクイエム』の音源をもっていなかったのでこの機に手に入れたいと思って探した結果、店にある中で『レクイエム』が収録されているのがこの音源だった訳です。

なるべく全曲について書いていきたいと思っていますので、今後、長い道のりになるかもしれません 笑

↓こちらのCDです。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:36Comments(0)音楽

2018年12月13日

「歌詞」とはどうあるべきか

nothing can be such great pleasure


皆さんこんばんは。
今回は記事「“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐」について感じたことを書きます。

記事の概要としては、歌手の西野カナ氏が歌詞を作る際に友人知人にアンケートをとるなどのマーケティングリサーチを行っていることを明らかにし、それに批判が相次いでいるという内容です。

結論から言うと、この手法を「なし」とする人は芸術への見識が浅いです。
歌詞について一家言ありそうな顔をしていますが、「芸術」という概念をまったく理解していないド素人ですね。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)音楽

2018年06月04日

歌で泣くことはある

甲賀


皆さんこんばんは。
今回は記事「歌を聞いて泣くことなんて本当にあるのか」を読んで感じたことを書きます。

単純にこの問いに答えると、「あります」。

ただし、歌(曲)を聞いて涙が出るときというのは記事の通り歌詞だったり、そのアーティストがその曲を作った事情を知っていたり、その歌(曲)を聞いたときに自分が於かれていた状況だったりということが多いので、純粋に歌(曲)のみで涙が出るってことが果たしてあるのかは疑問。

そもそも、感動して涙が出るというのはどういうことかといえば、その旋律なり歌詞なりアーティストの状況なりに自分を重ね合わせて起こる現象であり、結局、自分本位のナルシシズム的な感慨からは抜けられないのですが、歌(曲)を聞いて感動して泣くというのは悪い経験ではないですね。

自分が「人間」であることを思い直すことができます。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)音楽

2017年06月09日

「名曲」って何?

伊勢湾


皆さんこんばんは。
今回は5月の初めごろにやっていた【あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル2017】出演者・未来の日本に伝えたい名曲100選という番組について思ったことです。


番組自体は実は見ていないのですが、選ばれた曲を見てなんともいえない微妙な感じを抱きましたね。

そもそも、名曲ってなんなの?何をもって名曲って言ってるの?
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)音楽

2009年11月08日

ポケットスコア/モーツァルト「ジュピター」

ジュピター

皆さん、こんばんは。

今回はモーツァルトのポケットスコア『ジュピター』についてです。

前回の『ハフナー』と同時に買ったもので、同じく音楽之友社発行で正式名称は『交響曲第四十一番』ですね。K551です。  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:45Comments(0)音楽

2009年10月11日

ポケットスコア/モーツァルト「ハフナー」

ハフナー

続いて、モーツァルトのポケットスコア「ハフナー」について。

音楽之友社発行の交響曲第三十五番のスコアです。

なぜ買ったかというと、まぁ好きだからなんですが、「著作権切れの楽曲をシーケンサーで再現してみよう!」という自分キャンペーンの一環です。

モーツァルトあたりだと完全に著作権が切れているので、録音もアレンジもし放題ということで、いくつかの好きな曲をシーケンサーに入力して再現してみようと思いました。  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:33Comments(0)音楽

2009年07月22日

AEROSMITH × LED ZEPPELIN

こんにちは。
You Tubeを徘徊していたら見つけました。

AEROSMITHLED ZEPPELINのジョイント。
下に動画を貼り付けました。

最初の方ではロバート・プラント、ジョー・ペリー、ジミー・ペイジ、スティーブン・タイラーが話をしていて、「これはいったいいつなんだ?」という感じでした。

判断基準はジミー・ペイジとロバート・プラントの老け具合(笑
ジョー・ペリー、スティーブン・タイラーは若い頃とあんまり変わらないような気がするので(笑  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 13:28Comments(0)音楽

2009年07月16日

VAN HALENのZEPカバー

続きまして「VAN HALENのZEPカバー」…

いや、ブログのタイトルバーに入るようにつづめて「VAN HALENのZEPカバー」となったのですが、実際言いたいのは「VAN HALENがLED ZEPPELINの楽曲をカバーしたもののご紹介」というわけです。

VAN HALENはアメリカのバンド(VAN HALEN兄弟はオランダ系)、LED ZEPPELINはイギリスのバンドで、活動年はLED ZEPPELINが1968年から1980年、VAN HALENの方は1976年からメンバー交代をしつつ活動を続けているわけですが、実はちょっとかぶってるんですね。

うらやましい。  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 10:27Comments(1)音楽

2009年07月08日

ザ・フーのチケット

ザ・フーのチケット

こんばんは。
今回は、また古い話ですが、去年のTHE WHOの横浜アリーナ公演のチケットが届いた話です。

何を隠そう、僕は大物アーティストのライブに自発的に行くのはこれが初めて。
(人に連れて行ってもらったものとしては、全盛期のモーニング娘。、ジョン・レノン・スーパーライブなどがある)

しかも、ひとりで行ってきました(笑

いや、バンドのメンバーとかを誘ってもよかったのですが、ひとりの方が身軽だしw  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 00:48Comments(0)音楽