さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年08月28日

石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー

大阪城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第26弾として、「石山合戦」について、ビジネス的視点で学んでいこうと思います。

第1回 今山の合戦    第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦   第4回 小豆坂の合戦
第5回 長良川の合戦   第6回 桶狭間の合戦
第7回 稲葉山城の合戦  第8回 金ヶ崎城の合戦
第9回 姉川の合戦    第10回 二俣城の合戦
第11回 一言坂の合戦  第12回 三方ヶ原の合戦
第13回 野田城の合戦  第14回 叡山焼き討ち
第15回 一乗谷城の合戦 第16回 小谷城の合戦
第17回 第一次高天神城の合戦
第18回 長篠の合戦
第19回 第二次高天神城の合戦
第20回 岩村城の合戦   第21回 高遠城の合戦
第22回 江古田原沼袋の戦い   第23回 天目山の戦い
第24回 権現山の戦い   第25回 天正伊賀の乱

※『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の岸宏子氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

経営理念を掲げている会社って多いと思います。

毎朝朝礼で唱えている会社もあれば、額縁に入れて社長の頭の上に飾っている会社もあると思います。

もしかしたら、「会社の経営理念なんて知らない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、ホームページをのぞくと書いてあったりします。

おそらく、「経営理念」を掲げていない会社はほとんどないと思われます。

その「経営理念」ですが、大抵は「きれいごと」が書かれていて、実際の会社のお客さんや従業員の扱いを考えると薄ら寒い気持ちになったりします。

「経営理念」に反した行動をしている会社はたまにありますが、実は「経営理念」の存在自体はとても重要だったりします。

そこで今回は、総見公織田信長と石山本願寺が11年にわたって繰り広げた「石山合戦」を素材にして、「理念」がなぜ重要なのか?を学びたいと思います。

まずは合戦の流れをご覧ください!



<石山合戦とは?>


そもそも石山合戦とは何かという話ですが、元亀元(1570)年~天正8(1580)年までの11年間にわたって行われた大坂石山本願寺と、総見公との戦いを指しています。

大坂石山本願寺とは親鸞上人から始まる浄土真宗の一派で、15世紀に活躍した蓮如上人の布教により、百姓・町人・武士という広い階層から支持を受け、絶大な勢力をもった宗教的武装集団のことを言います。

蓮如上人の5代目の子孫である顕如上人が絶大なカリスマ性を発揮し、16世紀には畿内・東海・北陸の民衆だけでなく、多くの武将たちにも深く信奉されていました。

<石山合戦の流れ>


本願寺勢は15世紀後半に加賀守護・富樫氏を追い出して加賀一国を支配します。

天文元(1532)年には、京都・山科にあった本拠地・山科本願寺を細川六郎晴元と組んだ法華一揆(日蓮宗の僧兵)らに襲われ大坂に退去します。

それ以来、本願寺勢は大坂石山本願寺を本拠地としていました。

その後、細川六郎改め右京大夫(うきょうのだいぶ)よりたびたび攻撃を受けますが耐え、永禄11(1568)年、畿内は織田尾張守信長の支配を受けるようになります。

この頃は本願寺と尾張守は特段対立関係にはありませんでした。

しかし、尾張守が擁していた将軍家足利義昭と対立していた前関白・近衛前左大臣(=左府)前久が暗躍します。

元亀元(1570)年8月、摂津・野田城・福島城にて三好三人衆を攻めていた織田尾張守こと織田弾正大弼(だんじょうのだいひつ)信長は、9月半ばに突然、大坂石山本願寺勢からの攻撃を受けます淀川堤の戦い
※この挙兵に近衛左府が関わっていたとされます。

この戦いと同時に志賀の陣が起こったため、織田弾正は朝廷に働きかけて本願寺と和睦しています。

参考:「ビジネスに活かす戦国合戦術⑭叡山焼き討ち

さらに同時に伊勢長島・願証寺の一向宗徒が織田領・尾張・小木江城を襲い、城将だった弾正の弟・彦七郎信興を自害させます。

弾正は翌元亀2(1571)年5月・元亀4(1573)年長島・願証寺を攻めますが、敗退。

翌天正2(1574)年1月には、朝倉氏を滅ぼして手に入れたばかりの越前を一向一揆に奪われ、弾正大弼改め参議(=宰相)となった信長は、再び石山本願寺と対立します。

同年7月、宰相信長は長島・願証寺を陸路・海路から封鎖して兵糧攻めを行い、降服してきた一向宗徒をことごとく斬りました。
これにより、長島の一向宗徒はほぼ全滅しました。

天正3(1575)年8月には越前一向一揆の内部対立が起こり、宰相信長は一気に越前を制圧します。

この2つの戦いに恐れをなした顕如は宰相と和議を結びます。

天正4(1576)年、中国地方の太守・毛利右馬頭輝元と結んだ顕如は、右近衛大将(=右大将)となった信長に対して三たび挙兵します。

右大将は石山本願寺を囲みますが、本願寺は毛利からの補給を受けており、さらに本願寺には鉄砲傭兵団雑賀衆・根来衆がついていました。

雑賀衆・根来衆の焙烙火矢にさんざんに打ち負かされ、右大将は敗退します(第一次木津川口の戦い)。

根来衆についての参考:「大河ドラマを楽しむ方法(7)(『麒麟がくる』第13~14回)

明けて天正5(1577)年、右大将は本願寺勢最大の戦力だった雑賀衆・根来衆の切り崩しに成功し、紀州征伐を行います。

この前後で雑賀衆・根来衆の一部が右大将に味方し、残りの勢力の大半が降服しました。

続く天正6(1578)年10月、摂津有岡城主で本願寺包囲網の重要な一角を担っていた荒木摂津守村重が突如、右大臣(=右府)となった信長に反旗を翻します。

右府は本願寺・毛利・荒木が連携をとることを恐れましたが、同年11月、鉄張りの船で毛利軍を圧倒し勝利したことにより、本願寺の補給路を断つことに成功します。(=第二次木津川口の戦い)

参考:「記事『大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww』について(5)

天正7(1579)年には有岡城が落城。

天正8(1580)年3月には、播磨で本願寺と連携をとっていた三木城の落城により、ついに本願寺が講和を持ち掛け本願寺顕如が石山本願寺を退去しました。

しかし、顕如の子・教如は相変わらず石山本願寺に籠って抵抗をつづけました。

荒木摂津も尼崎城・花隈城に籠って抵抗しますが、7月に落城。

8月には本願寺教如も降服し、石山本願寺を右府に明け渡しました。

11年の長きにわたった石山合戦がついに終結しました。

<本願寺はなぜ支持されたのか?>


この戦いで本願寺勢はなぜ11年にもわたって総見公織田信長と戦えたのか?

講和と対立を繰り返したということもありますが、それはやはり、多数の門徒に支えられていたからでしょう。
※特に雑賀衆・根来衆などの鉄砲傭兵団の支持を受けたことが大きかったようです。

では、なぜ、本願寺はそこまでの支持を得られたのでしょうか?

もう予想がついていると思いますが、やはり、「理念」の力があったからでしょうね。

総見公にも理念はありました。

それは有名な

「天下布武」

ですね。

これは「天下に武を布く(しく)」という意味ですが、要するに大きな武力によって他の武力を抑え、天下に平穏をもたらすのです。

豊臣秀吉の羽柴藤吉郎や明智十兵衛、徳川三河守家康などはこの「天下布武」の理念に惹きつけられたと言えるかもしれません。

しかし、一般民衆からすれば嫌なんですよね。

織田家が天下を取ったって、結局今までの武力から新しい武力へと支配者が変わるだけで、武力に支配されることには変わりません。

また、暴力で年貢を取られたり、妻や娘を連れていかれたり、気に入らないからと殴られたり、下手をすれば火をつけられたり斬られて自分も死ぬ可能性もあるわけです。

もう、絶望的な状況です。

しかし、浄土真宗の教義は「南無阿弥陀仏と唱えてさえいれば、死後、極楽浄土へ行ける」という浄土思想です。

もう、現世でのご利益はあきらめているわけです。

現世では最悪の人生だったけど、南無阿弥陀仏と唱えて仏様のために戦って死ねば、極楽浄土に行けるんです。

これが一般民衆の救いとなったんですね。

すでに南無阿弥陀仏と唱えているのだから、あとは仏様のために戦って死ねば極楽浄土に行ける。

織田信長が我らの仏道を壊そうとしてるのだから、織田信長と戦って死ねば極楽へ行ける。

つまり、総見公と戦って死ぬことが目的だったことになります。

そりゃ、頑強に抵抗するわけですよね。

これが、「理念」のもつ力です。

<なぜ、会社の「理念」に心が動かされないのか?>


冒頭で述べた通り、ほとんどの会社さんは「経営理念」を掲げています。

しかし、本願寺勢のように従業員のモチベーションの高い企業はどれだけあるのでしょうか?

従業員それぞれに個性があります。
熱血社員もいれば、ニヒルな皮肉屋社員もいます。
もちろん、「理念」そのものに批判的な意見もあっていいはずです。

しかしどんな従業員にとっても、「理念」が浸透していれば根底のところでモチベーションを支える役割を果たすはずなんです。


例えば、
「私たちは、地域社会に貢献し、地域の人々から感謝される仕事をします」
という理念があったとします。

想像してほしいのですが、会社の近くで食事をしたとします。

そこでたまたま近所のおば様が食事をしていて、ちょっとした会話をしたとします。

その時、そのおば様は自分の社員証を目に留めました。

「あら、あなた○○株式会社の人なの?
いいところに勤めてるわね~
私この間お宅の会社さんから買い物したんだけど、営業の方が親切でね…」


みたいな話をされた誰だってらうれしいと思うんですよね。
(話が長いと困りますが 笑)

しかし、実際は「経営理念」をモチベーションにしている従業員は少ないと思います。

なぜか?

経営者が「経営理念」の威力を理解していないからです 笑

「とりあえずコンサル会社とか、立ち上げのとき世話になった税理士の先生が『経営理念を作った方がいい』といったから作ったけど、ナニコレ?」って感じなんですよね。

そして、その「理念」を本気で実行する気がないからですね。

せっかく立派な「経営理念」を掲げてるのに、実際に会社は違うことをやっているというパターンもよくあります。

よくあるのが「従業員の幸せ」を掲げてるのに、全然給料が上がらない、とか、いじめみたいな叱責をされる、とかですかね 笑

もしそういった会社に勤めてしまっている場合は、

①我慢して憂鬱な毎日を送る
②以前ご説明した「ゲリラ戦法」を利用して、会社を変える
(参考:「権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方
天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる?」)
③会社を辞める

という選択肢が出てくるかな、と思います。
ほとんどの人が①を選ぶと思いますが、果たしてそれでいいのでしょうか?
(どれを選ぶかは自由ですが)

僕は今まで②を試してダメだったため③を選択、というパターンが多いです。

このままいくとまた起業するしかないのでは?と思っちゃったりしてます 笑

今回は以上となりますが、お分かりいただけたでしょうか?
「理念」というものは、真剣に遂行していくと従業員の、根底のモチベーション、エネルギー源になる部分なんです。

「理念」についての参考:
ビジョナリーカンパニー
ジェームズ・C・コリンズ『ビジョナリーカンパニー2』

というわけで、「『理念』のもつパワー」について説明させていただきました。

まだまだ説明したいことはたくさんありますが、今回は以上です!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像は石山本願寺の跡地に建てられた大阪城の写真です。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・織田 右大臣(右府。総見公。通称は三郎、上総介) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・藤井 (通称不明) 藤原 善信(よしざね。法名:親鸞)
・大谷(本願寺) (通称不明) 藤原 兼壽(法名:蓮如)
・大谷(本願寺) (通称不明) 藤原 光佐(法名:顕如)
・細川 右京大夫(略称「京兆」。通称は六郎) 源 朝臣 晴元
・征夷大将軍(将軍家) 足利 権大納言(通称不明) 源 朝臣 義昭
・関白 近衛 左大臣(通称不明) 藤原 朝臣 前久(晴嗣、前嗣)
・織田 彦七郎 平(藤原、忌部) 信興
・毛利 右馬頭(通称は少輔太郎) 大江 朝臣 輝元
・荒木 摂津守(信濃守、通称は弥助) 藤原 朝臣 村重
・関白 羽柴 太政大臣(通称は藤吉郎) 豊臣 朝臣 秀吉
・明智 日向守(通称は十兵衛) 源(惟任) 朝臣 光秀
・征夷大将軍 徳川 太政大臣(三河守等多数。通称は次郎三郎) 源 朝臣 家康
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

↓石山合戦に興味をもたれた方は、下記リンクも是非ご覧ください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
一向宗門徒の団結力について
どんのブログ
石山合戦の終結について
戦国時代
石山合戦の総括
旅とエッセイ 胡蝶の夢

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「新井城の戦いから学ぶ―安全策の上に安全策を重ねるべし」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Case Hardened Cowboy / Stoning Crows









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ
雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法
新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし
天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる?
権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方
天目山の戦いから学ぶ―撤退のベスト・タイミングとは
同じカテゴリー(趣味)の記事
 第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ (2020-09-17 20:00)
 雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法 (2020-09-13 20:00)
 新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし (2020-09-01 20:00)
 天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる? (2020-08-12 20:00)
 権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方 (2020-07-31 20:00)
 天目山の戦いから学ぶ―撤退のベスト・タイミングとは (2020-07-27 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。