さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年07月23日

言葉と人間の本質を見極めた「人間学」―山岡荘八『徳川家康』第3巻

山岡荘八『徳川家康』第3巻


皆さんこんばんは。
今回は山岡荘八氏の大作『徳川家康』(全26巻)の草創期である第3巻「朝露の巻」のご紹介です。

個人的にはこの『徳川家康』は祖母が愛読していたということで、愛着のある作品です。

読み始めたのは去る平成24年。今から8年前です。

他の本に浮気しつつも全26巻を最初に読み終えたのが、2年後の平成26年ごろだったと思います。

直後に2回目を読み始め、それが終わったのがまた2年後の平成28年ごろ。
またすぐに3回目を読み始めて今は23巻を読み終わったところです。

徳川家康というと、「織田信長と豊臣秀吉が作り上げた天下統一の功績を、関ヶ原の戦いと大坂の陣で豊臣家を滅ぼしてかっさらった」みたいな言われ方をしていますが、僕はそれを払拭したい!

この小説は全26巻あるので非常にハードルが高いのですが、この小説さえ読んでいただければ、家康のそういった「古狸」的なイメージは一新できると信じているのです。

【これまでのレビュー】
第1巻
第2巻

では、第3巻のレビューをどうぞ!
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)

2020年05月04日

これぞ徳川家の柱石・三河武士の死にざまだ!!(山岡荘八『徳川家康』第2巻)

山岡荘八『徳川家康』第2巻


皆さんこんばんは。
今回は山岡荘八氏の大作『徳川家康』(全26巻)の草創期である第2巻「獅子の座の巻」のご紹介です。

個人的にはこの『徳川家康』は祖母が愛読していたということで、愛着のある作品です。

読み始めたのは去る平成24年。今から8年前です。

他の本に浮気しつつも全26巻を最初に読み終えたのが、2年後の平成26年ごろだったと思います。

直後に2回目を読み始め、それが終わったのがまた2年後の平成28年ごろ。
またすぐに3回目を読み始めて今は23巻を読んでいるところです。

徳川家康というと、「織田信長と豊臣秀吉が作り上げた天下統一の功績を、関ヶ原の戦いと大坂の陣で豊臣家を滅ぼしてかっさらった」みたいな言われ方をしていますが、僕はそれを払拭したい!

この小説は全26巻あるので非常にハードルが高いのですが、この小説さえ読んでいただければ、家康のそういった「古狸」的なイメージは一新できると信じているのです。

【これまでのレビュー】
第1巻

では、第2巻のレビューをどうぞ!
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(0)

2020年01月29日

平和への願いとともに生まれた徳川家康(山岡荘八『徳川家康』第1巻)

山岡荘八『徳川家康』第1巻


皆さんこんばんは。
今回は山岡荘八氏の大作『徳川家康』(全26巻)の黎明である第1巻「出生乱離の巻」のご紹介です。

個人的にはこの『徳川家康』は祖母が愛読していたということで、いつか読もうと思っていた作品でした。

読み始めたのは先の平成24年。今から8年前です。

他の本に浮気しつつも全26巻を最初に読み終えたのが、2年後の平成26年ごろだったと思います。

直後に2回目を読み始め、それが終わったのがまた2年後の平成28年ごろ。
またすぐに3回目を読み始めて今は23巻を読んでいるところです。

徳川家康というと、「織田信長と豊臣秀吉が作り上げた天下統一の功績を、関ヶ原の戦いと大坂の陣で豊臣家を滅ぼしてかっさらった」みたいな言われ方をしていますが、僕はそれを払しょくしたい!

この小説は全26巻あるので非常にハードルが高いのですが、この小説さえ読んでいただければ、家康のそういった「古狸」的なイメージは払しょくできると信じているのです。

では、第1巻のレビューをどうぞ!
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)

2019年11月10日

武士道を追究したい人はコレ!!津本陽『名臣伝』

名臣伝


皆さんこんばんは。
今回は歴史小説の大家津本陽氏の名作『名臣伝』のご紹介です。

外国人が流入してきて日本人のアイデンティティが問われ始めて久しい今日この頃。
そのアイデンティティの一要素として「武士道」が叫ばれてこれまた久しいですが、とかく「武士道」というものは尾ひれがついて都市伝説化している感があります。

今回の津本陽氏の『名臣伝』は津本氏の出身地である紀州藩に伝わる武士、特に初期の武士たちの逸話を集めた短編集です。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)

2019年08月22日

司馬遼太郎『関ヶ原』下

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は司馬遼太郎『関ヶ原』下のブックレビューです。

参考:
『関ヶ原』上
『関ヶ原』中

というわけで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)

2019年06月03日

司馬遼太郎『関ヶ原』中

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は3年ぶりのブックレビューでして、しかも3年前に読み終わって返してしまった本についてです笑

司馬遼太郎氏の『関ヶ原』の中の感想です。
(参考:司馬遼太郎『関ヶ原』上

何しろ読んだのは3年前でして、さらに僕は山岡荘八氏の『徳川家康』のファンでありつつも、同時進行で両書を読んだので、多少こんがらがっているところはあります笑
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)

2018年02月20日

子どものころ読んでいた本

十五少年漂流記


皆さんこんばんは。
今回は記事「小学生の頃にどんな本を読んでいたか」に触発されて、自分が子どものころ読んでいた本について書こうと思います。

ブログ上ではあんまり自分の話は書かないようにしているのですが(多分、読んでも面白くないだろうと思って)、たまにはこういう平和的な内容もいいかなと思いまして 笑

あとは、子どものころに読んだ本によってだいぶ年代がわかるというトラップも面白いですね 笑

ちなみに、僕は今でこそ毎晩本を読んでいますが、小学校4年生くらいまでは本を読むのが大嫌いでした。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)

2016年02月01日

司馬遼太郎『関ヶ原』上



ブックレビューも久方振りですね。
やり方を少しずつ思い出しながら、ブログ更新!

言わずと知れた大歴史小説家、司馬遼太郎氏。
彼が秀吉死後~関ヶ原の合戦を描いた作品。

この作品自体の感想に入る前に、司馬遼太郎氏の作風に関して…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 14:25Comments(0)

2009年12月10日

夏目漱石『文学評論』



皆さん、こんばんは。
今回は夏目漱石が自分の講義原稿から書き起こした作品『文学評論』についてです。

もともと僕は、「文学」自体に興味があるわけではなく(ていうか、むしろ興味がない)、単に夏目漱石のファンであり、彼の小説作品を読みつくしてしまったために、このような非小説の作品にたどり着いたというわけです。

なので、読むのがとてもつらかった(笑
(僕が読んだのは講談社学術文庫版だが、巻末の解説も含めると645ページあるw 興味のある分野だとそれくらいなんのそのだが、興味のない分野だったので、なかなか進まなかった)

しかも、僕はたいてい本は電車の中で読むのだが、ここ一年くらいは疲れ切って電車に乗ることが多くて、車内で寝るのが習慣化してしまって、しばらく本が読めなかった。
(あと、電車に乗る時間自体が少なくなった時期もあった)

しかし、最近になって「これじゃ、いかん」と思い、再び電車内で本を読むようになりました。

実は、この本を読了するのに年単位の時間が経過しています(笑  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 23:17Comments(1)

2009年10月11日

中川収『奈良朝政争史』



皆さん、こんばんは。

今日は教育社歴史新書<日本史>の14、中川収氏の『奈良朝政争史』についてです。

題名のとおり、奈良時代の政治的な争いについて書かれた本。  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)