さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年08月26日

ビジネスに活かす戦国合戦術①今山の合戦

佐賀城天守台


皆さんこんばんは。
今回は新シリーズということで「ビジネスに活かす戦国合戦術」第1弾として「今山の合戦」について書きます。

前回までのシリーズ「合戦における戦術について」が全然アクセス数が稼げなかったのと、書いていて合戦のやり方が何となくビジネスに活かせそうだなと感じたことによります。

そして何より、巷ではビジネス系の自己啓発本がウケてそうな印象があるので「ビジネス」という言葉を使えばアクセス数が伸びるのではないかというせこい考えによります笑

また、今まで通り『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。
今回の上記雑誌の記事は作家の小石房子氏によります。

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術③沖田畷の合戦

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術②耳川の合戦

関連記事:
歴女にクローズアップしてほしい武将

ということで、


どういう合戦だったかというと、元亀元(1570)年、肥前佐嘉城(佐賀城)近くの今山にて龍造寺隆信配下の鍋島信生(のちの直茂)と大友義鎮(宗麟)配下の大友親貞との間に起きた合戦です。

当時の大友氏は九州六か国(豊前・豊後・肥前・肥後・筑前・筑後)守護となり九州探題に任命され、破竹の勢いで北九州を制圧しておりました。
一方の龍造寺氏は少弐氏から自立し、有馬氏や松浦氏などを破ってようやく芽を出し始めた新興勢力でした。

大友義鎮は肥前を制圧すべく6万(8万という説あり)の大軍を擁して出陣します。
しかし、義鎮自身は佐嘉城を直接包囲せず、甥(弟?)の親貞に3千の兵を託します。
一方の龍造寺方は5千。

親貞は佐嘉城をぐるりと囲み(下記ブログ「陰陽五行と…」さんの布陣図を見ると震えますね。佐嘉城は大友方のそうそうたる武将たちに囲まれています)、あとは城が落ちるのを待つだけという状況でしたが、ここで龍造寺方の鍋島信生が一つの提案をします。

それは、夜駆けにより親貞の陣を奇襲するという作戦。
信生は偵察により、親貞が前祝として酒宴を行うという情報をキャッチしていたからでした。

寡勢で行う奇襲は、失敗すればそれがきっかけで戦の流れが一気に敗戦に流れていくこともあり、一種のばくちでした。
しかし、信生は自分が奇襲の大将をやるという条件で老臣を説き伏せ、700(300という説あり)の兵を率いて出陣したのでした。

そして、奇襲は見事成功。
酒に酔った親貞方は逃げまどい、龍造寺配下の成松信勝により親貞自身が討たれてしまいます。

この敗戦により、毛利家の動きが気になり動けなかった義鎮は佐嘉城攻めをあきらめ、龍造寺家の大躍進が始まるのでした。
さらに言えば、のちに肥前佐賀藩主となる鍋島家の大躍進のきっかけでもあります。

西の桶狭間と呼ばれる戦いです。

この戦いの勝因としては、
・事前に敵方の酒宴を察知した情報力
・奇襲を老臣たちに納得させた説明力
・(経営側から見れば)奇襲という賭けを承認した決断力
などでしょうか。

まぁ結局、ビジネス的には上記のようなありがちな要素となりますが、そのままでは抽象的過ぎて何の役にも立ちませんね。
しかし実際に「情報力」というのはアンテナの立て方、意識の向け方によって変わってくる力なので「勝てる」と思わなければつかめないものです。
同じ情報でも、意識のもち方によって有用と見るか、見逃すかが変わってきますので、どんなに劣勢でも「勝てる」という信念をもつことが大切といえますかね。

そして、老臣たち(役員たち)に対する説明力ですが、これは日ごろの仕事っぷりによる信頼がなければ通らない話ですし、鬼気迫る中で冷静に説得力のある話ができるか、情熱をもって話せるかによると思います。
僕の最も苦手とするところです笑

最後の経営陣視点の決断力ですが、これは部下に逆に信頼されていないと提案してもらえないので、それがめちゃめちゃ大事ですね。
「どうせ提案しても退けられる」という思いがあれば部下は提案しませんし、自分の能力に自信がなくても提案しに来ません。
もちろん部下自身の実力そのものも重要ですが、日ごろからちょこちょこ提案を採用しておくことが大事ですし、だれしも必ず「デキる」部分はあるのですから、日ごろからほめて認めておかないとだめです。

そして最終的には部下の責任を自分が負うという胆力ですかね。
これができない人多いですね笑

今回は以上です!

※画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・龍造寺 山城守(通称なのか官職なのか不明) 藤原 (朝臣?) 隆信
・鍋島 左衛門大夫(通称は孫四郎) 源 朝臣 信生(直茂)
・大友 左衛門督(通称は新太郎) 藤原 朝臣 義鎮(宗麟)
・大友 八郎(官職不明) 藤原 親貞
・成松 遠江守(通称不明) 藤原 信勝
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
鳳山雑記帳
布陣図があってわかりやすいです!
陰陽五行と くらしの風土記・古のメッセージ・・・
今山の合戦以前の肥前の様相について
だって、なも☆彡なんだもんっ!!

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!


☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!




/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「日本人男性は実は無意識下でまだまだ女性を見下している」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 4 / nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
賤ケ岳の戦いに学ぶ―相手の心に寄りそう
山崎の戦いに学ぶ―大事なことをひとつ決める
本能寺の変に学ぶ―覚悟を決める
備中高松城攻めの戦いから学ぶ―変化を受け入れる
地元の英雄―身を挺して民を救った佐倉惣五郎
鳥取城の戦いに学ぶ―長期戦を避けるべし
同じカテゴリー(趣味)の記事
 賤ケ岳の戦いに学ぶ―相手の心に寄りそう (2021-01-11 20:00)
 山崎の戦いに学ぶ―大事なことをひとつ決める (2020-12-18 20:00)
 本能寺の変に学ぶ―覚悟を決める (2020-12-02 20:00)
 備中高松城攻めの戦いから学ぶ―変化を受け入れる (2020-11-16 20:00)
 地元の英雄―身を挺して民を救った佐倉惣五郎 (2020-11-04 20:00)
 鳥取城の戦いに学ぶ―長期戦を避けるべし (2020-10-31 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。