さぽろぐ

映画・TV・音楽  |その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2018年03月04日

各合戦の動員人数について(4)第一次国府台の合戦

国府台公園 古井戸


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの4回目で「第一次国府台(こうのだい)の合戦」についてです。
今回は『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の長谷圭剛氏の記事を参考にしています。
※記事下部に人物の読み仮名をのせています。

関連記事:
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ

関連記事:
各合戦の動員人数について(6)第二次国府台の合戦

関連記事:
『関八州古戦録』

今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い

「第一次国府台の合戦」はどんな戦いかというと…


いつもの通り詳しくは下記ブログを見ていただきたいのですが(特に『薔薇の古城』さん)、簡単に言うと、天文七(1538)年に足利将軍家の一族である古河公方の足利高基の弟義明が高基に叛旗を翻し、千葉県千葉市の小弓城(現在の生実(おゆみ)、おゆみ野)に拠って「小弓公方」を称し、高基の子晴氏に味方する後北条氏の氏綱(北条早雲の子)を討つために安房の里見義尭を誘って下総国府台のあたり(現在の市川(いちかわ)市・松戸(まつど)市のあたり)で戦った出来事です。


北条家の戦いをもっと知りたい場合は、下記リンクをクリックしてください(関連記事に飛びます):
小田原征伐に学ぶ―相手に口実を与えない

同関連記事;
河越城の戦いから学ぶ―基準を満たすまで手綱を緩めてはいけない

同関連記事:
新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし


簡単に言い過ぎて里見氏の内紛も、真里谷(まりやつ)武田氏の内紛も省略しましたが、ていうか真里谷武田氏は名前すら出てきませんが、要するに、関東公方(かんとうくぼう)足利氏の対立に乗じて後北条氏が下総・上総進出を目論んだわけですね。

※合戦の詳しい様子はこちらをご覧下さい。
関連記事:
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ

この戦い、上記『歴史と旅』には北条軍2万人、足利軍1万人と書いてありますが、下記『今日は何の日?徒然日記』さんによれば北条軍5,000人、足利軍1,000人くらい、『薔薇の古城』さんによると北条軍7,000人、足利軍3,000人と、てんでばらばらなんですね。

結局、出典の文献によってばらばらなんでしょうが、石高で考えてみるとどうでしょうね(参考:大名が動員できる人数は?)。

北条軍は
・2万人説→約57万1,000石分
・7,000人説→約20万石分
・5,000人説→約14万3,000石分

足利軍は
・1万人説→約28万6,000石分
・3,000人説→約8万6,000石分
・1,000人説→約2万9,000石分

となります。

そして、実際の北条氏の当時の領地は伊豆一国・相模一国+武蔵3分1くらいと考えると(参考:大国・上国・中国・下国一覧)、約48万7,000石→動員人数は約1万7,000人。

2万人には達しませんね。

ちなみにこの戦いは北条氏にとっては「外征」なので、上記「大名が動員できる…」さんの外征は万石当たり200人、という考えによると約1万人となります。

一方で、足利氏単体の勢力は不明ですが、安房里見氏、上総武田氏を糾合していることを考えると安房4万5,000石+上総37万9,000石で約42万4,000石となります→動員人数は約1万5,000人。

北条氏とは逆に、上記各説よりも圧倒的に多い人数ですね。

とはいっても足利氏は単独で上記の石高を支配していたわけではないので(真里谷武田氏や里見氏に祭り上げられていた)上の「1万5,000人」は里見氏や協力関係にあった上総の豪族の人数も入っていると考えると、かえって3,000人とか1,000人という数字は信憑性が出てくるのかもしれません。

という訳で、どれも数字がばらばらすぎてどれがリアルな数字かわかりません 笑

結局北条氏は外征なので、上の「約1万人」にいちばん近い数字は「薔薇の古城」さんの7,000人となりますので、僕はこの説を支持しようと思います。

結論
北条軍7,000人(約20万石分)vs足利軍3,000人(約8万6,000石分)
(このシリーズの前の3回分のデータで考えてもこのくらいが妥当かもしれません)

今回登場した武将のフルネーム
・【古河公方】足利 (官職・通称不明) 源 (朝臣?) 高基(高氏)
【こがくぼう】あしかが (官職・通称不明) みなもとの (あそん?) たかもと(たかうじ)
・【小弓公方】足利 右兵衛佐(通称不明) 源 朝臣 義明(法名空然)
【おゆみくぼう】あしかが うひょうえのすけ(通称不明) みなもとの あそん よしあき(法名くうねん?)
・【古河公方】足利 左兵衛督(通称不明) 源 朝臣 晴氏
【こがくぼう】あしかが さひょうえのかみ(通称不明) みなもとの あそん はるうじ
・北条(伊勢) 左京大夫(通称は新九郎) 平 朝臣 氏綱
ほうじょう(いせ) さきょうのだいぶ(通称はしんくろう) たいらの あそん うじつな
・伊勢 左京大夫?(通称は新九郎) 平 朝臣? 盛時(長氏、入道早雲庵宗瑞。いわゆる北条早雲)
いせ さきょうのだいぶ?(通称はしんくろう) たいらの あそん? もりとき(ながうじ、入道そううんあんそうずい。いわゆるほうじょうそううん)
・里見 刑部少輔(通称は権七郎) 源 朝臣 義尭
さとみ ぎょうぶのしょう(通称はごんしちろう) みなもとの あそん よしたか

※画像はイメージです。

参考
今日は何の日?徒然日記
鳳山雑記帳
薔薇の古城

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!


→数年以内にFIRE:経済的自立&早期リタイアメントを実現したい方へ

こちらのリンクを↓クリック↓してください。
(無料教材のダウンロードページに飛びます)
☆『教える』を仕組み化して1年でFIREを実現した方法
※初回メールが迷惑メールフォルダに自動振り分けされる可能性があるので、お気をつけください。


↓「第一次国府台の戦い」に興味のある方は、下記リンクをクリックして書籍や創作物を購入して、色々と調べてみてください!

国府台の合戦―関東制覇をかけて (1977年) (ふるさと文庫〈千葉〉)

国府台合戦を点検する

初陣物語 (実業之日本社文庫)

史談・国盗り合戦史―戦乱の表舞台と裏舞台 (大陸文庫)





☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「意味のない批判だってあるって何年も前から知ってた」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP(特大・プリン・プリーズ) / nobi & hagechin
※筆者の友人のユニットです。








あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
第二次国府台合戦に学ぶ―小さな勝ちに酔わない
大坂夏の陣に学ぶ―覚悟して手放す
大坂冬の陣に学ぶ―自分のプライドを自分でたたき折る
長谷堂城の戦いに学ぶ―算盤勘定をもつ
安濃津城の戦いに学ぶ―小さな局面での勝敗に捕らわれない
田辺城の戦いに学ぶ―不都合な現実を直視する
同じカテゴリー(趣味)の記事
 第二次国府台合戦に学ぶ―小さな勝ちに酔わない (2021-11-08 20:00)
 大坂夏の陣に学ぶ―覚悟して手放す (2021-11-03 20:00)
 大坂冬の陣に学ぶ―自分のプライドを自分でたたき折る (2021-10-18 20:00)
 長谷堂城の戦いに学ぶ―算盤勘定をもつ (2021-09-28 20:00)
 安濃津城の戦いに学ぶ―小さな局面での勝敗に捕らわれない (2021-09-08 20:00)
 田辺城の戦いに学ぶ―不都合な現実を直視する (2021-08-19 20:00)

Posted by 鷲谷 城州 at 19:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。