さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2008年07月08日

鈴村進『中村天風「勝ちぐせ」のセオリー』



今日は朝から雨でしたね。でも負けない(笑

今回の本は、鈴村進さんという方が中村天風という人物について書いた本です。

僕は全然知らなかったのですが、中村天風という人は明治9年から戦後まで生きた方で、パワフルな哲学をもち、東郷平八郎、双葉山、松下幸之助、京セラの稲盛和夫などという近現代史上の重鎮たちが教えを乞うた人物だそうです。

つまり、われわれがお手本にしている人物たちの、そのまた先生という存在。

この本の前半は、天風氏の伝記的な内容で、彼は初め帝国軍の軍事探偵だったそうですが、コロンビア大学で医学博士を取るなど、ずば抜けた才能をもった人物だったそうです。

で、彼は後半生に実業家としても成功し、大企業の形だけの取締役となりますが、「何もしていないのにお金が入ってくる」という状況に嫌気がさし、地位を捨て、一人で街頭演説を始めます。

そのときの彼の考え方は、自分は自分の希望で生まれて育ってきているわけではなく、父がいて、母がいて、それ以前には大自然があって、地球があって、宇宙があって、その流れの中で生まれてきている。もしかしたら、宇宙には意志があり、宇宙に存在するものすべては宇宙の発展のために生を受けているのではないか、という考え方。

ということは、自分は別に自分のために生きているわけではなく、他者の役に立つ使命を帯びて生まれてきているのではないか、という考え方です。

少し宗教じみていますが、本質のような気がします。

それで、自分の体や心は、その宇宙の発展のために与えられた道具に過ぎないのだから、最低限いつくしんでメンテナンスをしつつも、他者のために、その道具を存分に使うべきなんじゃないか、使わなきゃ間違いだ、というようなことが書かれています。

ちょっと乱暴な理屈な気もしますが、とても素敵な発想だと思うんですよね。
多くの人が、短絡的に、自分の目先の利益のためだけに活動する世界を、昔の人は「地獄」と呼びました。
この世界が「地獄」とならないためにも、自分が地獄に巣食う「餓鬼」とならないためにも、自分にいろいろ言い聞かせていきたいと思います。

参考
中村天風「勝ちぐせ」のセオリー (知的生きかた文庫)
ビジネス書専門の古本屋@ブックジャングル
日々の生活雑記帳
kojのとりあえず日記

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「自動車教習合宿」について。

くちこみカフェ「○○さんのお買い物日記」

CD/DVD 買うならタワーレコード


//
7/8 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYのひみつ~we'll not lose in 'kakusa-shakai'~

Dru募集中!!
詳しくは下記メールにて!!

7/4 クロックエンド ブログ兼BBS更新!!→コチラ

CANDY MONDAY、ライブ決定!!
2008年8月3日(日)池袋ADM
時間:Open 未定 Start 未定
演奏時間:未定
チャージ:未定 ドリンク代:500円~
チケット等、下記までご連絡を!!

クロックエンド、ライブ決定!!
2008年8月30日(土)渋谷GIG-ANTIC
時間:Open 13:30 Start 13:40
演奏時間:15:55~
チャージ:未定 ドリンク代:500円
チケット等、下記までご連絡を!!

4/12 オーナーホームページ更新!!
Aquarius Spring
(オーナーと仲間たちのコラムや写真、詩が載っています。オーナー自身の作った楽曲もきけます
←「お気に入り」からもいけます)

アマチュア向けに作曲依頼を募集中!!
「自分では作れないけど、(HPや自作映画、アニメなどの)テーマ曲がほしい!」という方、ぜひご依頼下さい。
細かいことは要相談。
(過去の依頼作品等を詳しく聞きたい方は下記にご連絡下さい)

4/1 クロックエンド ホームページ更新!!→コチラ

12/22クロックエンド携帯用簡易版サイト更新!!→コチラ

→オーナーへメール

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
司馬遼太郎『関ヶ原』中
子どものころ読んでいた本
乙一『The Book』
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 司馬遼太郎『関ヶ原』中 (2019-06-03 22:00)
 子どものころ読んでいた本 (2018-02-20 19:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)
 森田悌『受領』 (2009-08-30 02:53)

Posted by Sosuke Washiya at 15:31│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。