さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年03月24日

『麒麟がくる』第43回―波多野家について

安土城


皆さんこんばんは。
今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第43回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回―当時の三傑と明智家/リアルな戦の描写 ・第3~4回―美濃の情勢/織田家の状況
・第5~6回―当時の京都の情勢 ・第7~8回―尾張国内の政治情勢/当時の三河情勢
・第9~10回―土岐一族とは/織田家の血縁関係 ・第11~12回―なぜ朽木谷か?/信長家臣団の萌芽
・第13~14回―戦国最強の傭兵団/村木砦の戦い ・第15~16回―織田一族の関係性/新九郎高政の重臣たち
・第17~18回―斎藤家の血族関係/永禄元年までの織田家 ・第19~20回―足利将軍家の動き/桶狭間の戦い
・第21回―松平蔵人の親族
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回―斎藤道三二代説/前田利家の生涯
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回―羽柴藤吉郎の名称
・総集編第1回 ・第22回―三好氏の血縁関係
・第23回―三好氏の血縁関係(2) ・第24回―剣豪の系譜
・第25回―朝倉氏の系譜・第26回―摂関家の系譜
・第27回―会合衆とは何者か? ・第28回―摂津晴門とは何者?
・第29回―押領と何か・第30回―三淵氏の来歴
・第31回―浅井家の来歴 ・第32回―森可成とは?
・第33回―延暦寺の歴史 ・第34回―松永弾正の出自
・第35回―細川藤孝について ・第36回―足利家について(1)
・第37回―足利家について(2) ・第38回―斎藤内蔵助について
・第39回―原田備中守について ・第40回―松永弾正の茶器
・第41回―赤井悪右衛門について ・第42回―荒木摂津守について


まずはあらすじ。

天正7(1579)年、ようやく丹波を平定した明智十兵衛(日向守)光秀(長谷川博己)。
十兵衛は最後まで抵抗した波多野兄弟を許し、主君・織田前右大臣信長(染谷将太)のいる安土城へ送った。

その後十兵衛は与力・細川兵部大輔藤孝(眞島秀和)とともに丹波・丹後平定の挨拶に安土城を訪れるが、そこで塩漬けにされた波多野兄弟の首を見せられ驚愕するのであった。

その時信長から、彼が以前から画策していた帝(坂東玉三郎)の譲位の前段階として春宮(加藤清史郎)に二条の新御所にお渡りいただくと告げられ、その奉行を命じられる。
十兵衛と藤孝はその行き過ぎた信長の行動に疑問を感じる。

天正8(1580)年4月にはついに大坂本願寺が降服したが、その本願寺攻めの総大将だった佐久間右衛門尉信盛(金子ノブアキ)が追放された。
十兵衛はそのころ、自分が月まで届く樹を切ろうとしている不思議な夢を見るようになった。
その樹のはるか上の方には主君・信長がおり、月を目指して登っているのであった。

天正10(1582)年3月には織田家は甲信の雄・武田家を滅ぼし、長年武田家と対峙してきた徳川権右少将家康(風間俊介)をねぎらうため、十兵衛はその饗応役に任命された。

ということで、




<第43回「闇に光る樹」の感想>


面白かったです!

見どころが多すぎて、感想を詳しく書くとそれだけで結構な文章量に達しそうですw

まずは、いつも言っているように信長と十兵衛の心が離れていくのが丁寧に描かれていてよかったです。

波多野兄弟の処刑は今までのドラマでも描かれていた内容ですが、やはり改めて見るとショックを受けますね。

そして、今回のドラマで初めて描かれたのかなと思うのが、信長が正親町帝の譲位を迫っていた問題に関する描写。

本能寺の変で嫡子・左近衛中将信忠が自刃した二条御所造営のエピソードは初めて見た気がしました。

関連記事:
本能寺の変に学ぶ―覚悟を決める

そして、これが十兵衛が信長に違和感を感じる要因のひとつとなる、という展開も初めてでした。

そのあとはお馴染みの、安土城での徳川家康饗応の描写。

いつもながら、森三左衛門の子・蘭丸成利が悪く描かれていたのはちょっと複雑ですが、いじめられる十兵衛の反撃にちょっとスカッとしましたw

関連記事:
『麒麟がくる』第32回―森可成とは?

<第43回の楽しみ方―波多野家について―>


今回は、明智十兵衛(日向守)光秀(以降「日向守」)が助命したにもかかわらず、織田前右大臣信長(以降「右府」)の一存で処刑されてしまった波多野家の来歴について書きたいと思います。

波多野家は元々は佐伯氏の一族だったと言われています。

河内源氏棟梁・鎮守府将軍源頼義に従い前九年の役に出陣した佐伯経範が相模国波多野荘(現在の神奈川県秦野市)に勢力をもち、「波多野」の名字を名乗ったのが始まりだそうです。

佐伯経範の妻は秀郷流藤原氏の出だったそうで、その縁で波多野家は藤原氏を名乗っています。

河内源氏ともめながらも最終的には鎌倉御家人として認められ、越前に根付いた一族もいます。

今回話題になっている丹波波多野家の出自には諸説あるのですが、一番有力なのが、石見の吉見家の一族だという説です。

吉見家の人物が、応仁の乱で有名な管領・細川右京大夫勝元に仕え、丹波に土着したという説です。

この人物は母が上記、秀郷流藤原氏族の波多野家の出身であったため波多野の名字を名乗ったと言われています。

この人物が波多野清秀という丹波波多野家の初代に当たる人物で、彼の子孫は八上城を中心として活躍したため八上波多野家と呼ばれています。

また清秀には弟がおり、その弟の子孫は氷上郡を中心に活躍したため氷上波多野家と呼ばれています。
※荒木摂津守村重の荒木家はこのどちらかの波多野家の一族ということです。

関連記事:
『麒麟がくる』第42回―荒木摂津守について

以降、丹波守護であり管領家である細川京兆家に重用され、一時は波多野家自体が「丹波守護」と言われるまでに勢力を伸ばしますが、波多野孫四郎元秀の代に三好家と争い没落します。

永禄7(1564)年の三好修理大夫長慶の死後に勢力を盛り返しますが、永禄11(1568)年には赤井悪右衛門直正とともに織田右府信長の軍門に降っています。

関連記事:
『麒麟がくる』第41回―赤井悪右衛門について

天正3(1575)年の明智日向守の丹波討伐には、八上波多野家を継いだ波多野右衛門大夫秀治が明智軍として参加しています。

しかし、翌天正4(1576)年にはなぜか将軍家足利権大納言義昭の呼びかけに呼応し、右府と対立します。

関連記事:
『麒麟がくる』第38回―斎藤内蔵助について

その後はドラマで描かれたように、天正7(1579)年に明智日向守の軍勢に敗れ、右衛門大夫は弟らとともに処刑され、戦国大名としての波多野家はここに滅びます。
※氷上波多野家の子孫は現代にも続いており、学習院長などを輩出していいます。

丹波国内で一時栄華を極めた波多野家も、右府の強力な軍事力の前に滅び去ってしまったのです。

こんな感じで、ドラマの背景にある知識が分かるとドラマをもっと楽しめます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・明智(惟任) 日向守(通称は十兵衛) 源(大神) 朝臣 光秀
・織田 前右大臣兼前右近衛大将(通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・細川 兵部大輔(通称は与一郎) 源 朝臣 藤孝(幽斎玄旨)
・方仁(諡号:正親町帝)
・誠仁親王(追号:陽光院)
・佐久間 右衛門尉(通称不明) 平 朝臣 信盛
・徳川 右近衛権少将(権右少将。通称は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・織田 左近衛中将(通称は勘九郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信忠(信重)
・森 三左衛門 源 可成
・森 (通称不明。幼名は乱、もしくは蘭) 源 成利(長定)
・鎮守府将軍 源 朝臣 頼義
・(官職・通称不明) 佐伯 (朝臣?) 経範
・細川 右京大夫(京兆。武蔵守。通称は六郎) 源 朝臣 勝元
・波多野 (通称・官職不明) 藤原 清秀(秀長)
・荒木 摂津守(信濃守、通称は弥助) 藤原 朝臣 村重
・波多野 孫四郎 藤原 元秀
・三好 修理大夫(筑前守。通称は孫次郎) 源 朝臣 長慶
・赤井(荻野) 悪右衛門 源 直正
・波多野 右衛門大夫(正式な官職名、通称は不明) 藤原 朝臣 秀治
・征夷大将軍 足利 権大納言(通称不明) 源 朝臣 義昭(義秋、一乗院覚慶)
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
テーマ曲出ボーカルを担当された堀澤麻衣子さんのブログでです。
MAIKO HORISAWA
ぴえーるのテレビブログ
telling,

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

↓時代背景のイメージを感じられたかなと思ったら下記リンクのドラマガイドなどでドラマの内容を復習してみてください!




☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「人取橋の戦いに学ぶ」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Autumn Crazy / SLEEPY HOLLOW










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『青天を衝け』第1回―渋沢家について
『麒麟がくる』第44回―南光坊天海について
『麒麟がくる』第42回―荒木摂津守について
『麒麟がくる』第41回―赤井悪右衛門について
『麒麟がくる』第40回―松永弾正の茶器
『麒麟がくる』第39回―原田備中守について
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『青天を衝け』第1回―渋沢家について (2021-04-05 20:00)
 『麒麟がくる』第44回―南光坊天海について (2021-04-01 20:00)
 『麒麟がくる』第42回―荒木摂津守について (2021-03-16 20:00)
 『麒麟がくる』第41回―赤井悪右衛門について (2021-03-12 20:00)
 『麒麟がくる』第40回―松永弾正の茶器 (2021-03-04 20:00)
 『麒麟がくる』第39回―原田備中守について (2021-02-24 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。