さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年12月06日

大河ドラマを楽しむ方法(22)(『麒麟がくる』第29回)

田園
Kohji AsakawaによるPixabayからの画像


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第29回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回 ・第3~4回
・第5~6回 ・第7~8回
・第9~10回 ・第11~12回
・第13~14回 ・第15~16回
・第17~18回 ・第19~20回
・第21回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回
・総集編第1回 ・第22回
・第23回 ・第24回
・第25回・第26回
・第27回 ・第28回


まずはあらすじ。

永禄12(1569)年、三好三人衆によって将軍家・足利義昭(滝藤賢一)の御座所である本圀寺が襲われたことを鑑みて、織田尾張守信長(染谷将太)は京都・二条に新しく城を建設した。

その資材や調度品は周辺の寺社などから強制的に徴収されており、僧などからの不満が噴出していた。

そんな中、明智十兵衛光秀(長谷川博己)は伊呂波太夫(尾野真千子)に呼び出されて前関白近衛前久(本郷奏多)と密会していた。

前久は、幕府の役人たちが私利私欲しか顧みず、帝がないがしろにされている現状を訴えた。

幕府の腐敗を認識した十兵衛は信長に改革を進言するが、信長は、それは幕府の家臣たる十兵衛の役目だという。
さらに、越前の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)が三好三人衆と通じて美濃に攻めてくる気配があると言って信長は岐阜へ帰っていった。

十兵衛は京都に家族を呼び寄せるために新たに土地を拝領したが、その土地は東寺八幡宮の領地を押領したものであることを知る。

事実を確かめるため、十兵衛は摂津掃部頭晴門(片岡鶴太郎)に真偽を糾すが、晴門はわからないという。
さらに、帝の御料地を押領していることについては「帝を守ってやっているのだから、謝礼代わりに押領するのは当然だ」と開き直る晴門。

十兵衛は、幕府役人のどうしようもない腐敗を痛感するのであった…

ということで、


<第29回「摂津晴門の計略」の感想>


いやぁ、前回も書きましたが、摂津晴門の悪役っぷりは素晴らしいですね!

信長に不満をもつ寺社の訴えをきき、金子を受け取って懐に入れ、将軍家義昭をいいように操り、寺社領や帝の御料地を押領して私腹を肥やす…

絵にかいたような悪逆っぷりでたまりません。

これほどの悪役が信長にやられることを想像するとわくわくしますねw

後は木下藤吉郎秀吉(佐々木蔵之介)の怪しさもいいですね。

十兵衛が前久と会ったことを知っている…というねちっこさもたまりません!w

そして、幕府役人の腐敗によって義昭と信長が対立していく、という展開が新しくて素晴らしいです!

とても面白い回でした。

<第29回の楽しみ方―押領とは何か―>


今回は寺社領や帝の御料地が幕府役人等に押領されていることが大きなテーマとなっていましたが、なぜそのようなことになったのか、という説明をしたいと思います。

そもそも、寺社や帝の御料地となった土地はどんな土地かというと、それは元々は「荘園」です。

社会の教科書に載っていたと思うのですが、天平15(743)年に発布された「墾田永年私財法」を根拠に、開墾した土地を私有地としたことで公家や寺社・帝は多くの荘園を所有するようになりました。

武士とは元々、中央にいる公家等の領主の所有する荘園の防衛をつかさどったりしていました。

平安時代の終わりごろには武士団の棟梁たちが、反乱を起こして討伐された人々や失脚した人々の荘園を恩賞として手に入れ、武士自身が領主となっていきました。

鎌倉時代頃には武家の棟梁である鎌倉将軍家が配下の御家人たちに荘園を恩賞として与えるなどしたため、御家人たち自身も荘園を所有するようになり、地頭として各地に派遣されていきました。

南北朝時代になると南北朝の動乱や観応の擾乱などで室町幕府そのものの所有地が少なくなり、御家人たちに十分な土地を与えられませんでした。

これら相次ぐ内乱のため守護たちは各地で敵対勢力と戦闘をする必要がありましたが、その軍費を賄うため、室町幕府は「半済令」という法令を発布しました。

このことにより、守護は国内の荘園・公領の年貢の半分を徴収する権利を手に入れます。
※守護は国内を「領国」化することになり、後に鎌倉時代の守護と区別して「守護大名」と呼ばれるようになります。

この頃はかろうじて寺社や帝は自分たちの荘園から多少の収入を得ていたのですが、大きな契機となったのは応仁元(1467)年の応仁の乱です。

日本全国で室町幕府の支配力が弱まり、現地の武士たちが寺社領・帝の御料地に侵入して、武力を背景に年貢をすべて奪う、つまり「押領」するようになったわけです。

しまいには彼らは室町幕府の領地にも「押領」を行い、幕府そのものの収入も減少していきました。

ドラマで描かれていたのは、こうした武力を背景とした「押領」によって手に入れた土地を、摂津晴門らが自分たちのものにしていたり、恩賞として幕臣に与えていた、という内容です。
※史実としては摂津晴門がそうしたことを行っていたという記録はありません。

大きな問題ですよね。

比叡山延暦寺や大和の興福寺のように「僧兵」という武力をもっていた寺社は自分たちの領地を保つ、もしくはより強大になっていきましたが、武力をもたない寺社や公家・帝らはどんどん困窮していきました。

戦国大名や国人領主たちは戦いによって土地の奪い合いをしていましたが、その土地の中には彼らが武力で寺社・公家・帝・幕府から奪ったものも含まれていたわけです。

当時の天下人には、これらの「押領」された土地をどう扱うか、という課題もあったわけです。

こんな風に、ドラマの背景にある知識が分かるとドラマをもっと楽しめます!

というわけでまだまだ説明したいことはたくさんありますが、今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・征夷大将軍 足利 左馬頭(通称不明) 源 朝臣 義昭(義秋、一乗院覚慶)
・織田 尾張守(通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・明智 十兵衛 源 光秀
・関白 近衛 左大臣(通称不明) 藤原 朝臣 前久(晴嗣、前嗣)
・朝倉 左衛門督(通称は孫次郎) 日下部 朝臣 義景
・摂津 掃部頭(中務大輔。通称不明) 藤原(中原) 朝臣 晴門(晴直)
・木下(羽柴) 藤吉郎 平(藤原、豊臣) 秀吉
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
ゆーくんはどこ?
ぴえーるのテレビブログ
歴史上の偉人、有名人と子孫の大百科

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!


☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


↓時代背景のイメージを感じられたかなと思ったら下記リンクのドラマガイドなどでドラマの内容を復習してみてください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『麒麟がくる』第30回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Autumn Crazy / SLEEPY HOLLOW










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『麒麟がくる』第33回―延暦寺の歴史
大河ドラマを楽しむ方法(25)(『麒麟がくる』第32回)
大河ドラマを楽しむ方法(24)(『麒麟がくる』第31回)
大河ドラマを楽しむ方法(23)(『麒麟がくる』第30回)
大河ドラマを楽しむ方法(21)(『麒麟がくる』第28回)
大河ドラマを楽しむ方法(20)(『麒麟がくる』第27回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『麒麟がくる』第33回―延暦寺の歴史 (2021-01-15 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(25)(『麒麟がくる』第32回) (2020-12-26 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(24)(『麒麟がくる』第31回) (2020-12-22 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(23)(『麒麟がくる』第30回) (2020-12-10 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(21)(『麒麟がくる』第28回) (2020-11-24 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(20)(『麒麟がくる』第27回) (2020-11-20 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(2)テレビ
この記事へのコメント
お邪魔します。

荘園についての分かりやすい解説ありがとうございます♪
中世の諸悪の根源、荘園。不動産に年貢まで付いているわけですから、手放したくはないですよね。

摂津は既得権層の代表で、それを変革しようとする信長ら新興勢力との争いの側面もありますね。
Posted by ゆーくんまま at 2020年12月21日 19:04
>ゆーくんままさん

おはようございます。
おっしゃる通り、摂津晴門は幕府に絡み付く旧勢力の象徴として描かれていますよね。

荘園制度は(NHKが取り込みたいと思っている)一般層には難しいと思うので、この観点から室町幕府の腐敗を描いたドラマはなかった気がしますが、非常に新鮮でした!
Posted by Sosuke WashiyaSosuke Washiya at 2020年12月22日 07:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。