さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年12月10日

大河ドラマを楽しむ方法(23)(『麒麟がくる』第30回)

鹿苑寺金閣
Please do not use my photos show people for commercial useによるPixabayからの画像


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第30回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回 ・第3~4回
・第5~6回 ・第7~8回
・第9~10回 ・第11~12回
・第13~14回 ・第15~16回
・第17~18回 ・第19~20回
・第21回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回
・総集編第1回 ・第22回
・第23回 ・第24回
・第25回・第26回
・第27回 ・第28回
・第29回


まずはあらすじ。

永禄12(1569)年、岐阜に到着した明智十兵衛光秀(長谷川博己)は織田弾正少忠信長(染谷将太)に拝謁した。

信長は、三好三人衆と結んで美濃への侵入を企てている越前の朝倉左衛門督義景(ユースケ・サンタマリア)を討つべきかどうか悩んでいたが、帰蝶(川口春奈)の考えを含んだ十兵衛の言葉により、朝倉を討つ決心をした。

翌永禄13(1570)年、信長はこれまで幕府でさえも手を付けなかった御所の塀を直したことで帝(坂東玉三郎)に拝謁することに成功し、朝倉討伐について帝からの後ろ盾を得るのであった。

十兵衛はそのことを理由に幕府にて将軍家・足利権大納言義昭の越前への同行を願い出るが、却下される。

その際、摂津掃部頭晴門(片岡鶴太郎)から、

朝倉義景の嫡男・阿君丸の毒殺を命じたのは三淵弾正藤英(谷原章介)であり、毒を運んだのは自分の家臣である。
そのおかげで信長は義昭を奉じて上洛することができたのだ。
だから、信長の言うことをきく必要はない。

という越前での事件の真相を聞かされ、衝撃を受ける十兵衛であった。

ということで、


<第30回「朝倉義景を討て」の感想>


この回も摂津晴門の悪逆っぷりが素晴らしかったですね!

ちょっくら感情が動きましたよw

そしてさらによかったのが、織田信長の勤皇っぷりが描かれていたことですね。

信長はあくまで帝を軸に動いているのであり、私利私欲のために動いている幕臣たちとの間に徐々に溝ができてきて、そのことによって足利義昭と対立する、という筋書きは筋が通っていて素晴らしいと思います。

とにかく改革!改革!で帝といえども旧来の制度は破壊する!という今までの信長のイメージとは違い、少しは人間味がある描かれ方をしている気がします。

ただ、やはり駒(門脇麦)と足利義昭の距離感や望月東庵が帝と碁を打っている描写などは不自然さを感じます。

歴史ドラマにフィクションを盛り込むときは慎重に、かつ重厚に設定を作り込まないとどうしても浮いてしまうと再三このブログでは言っていますが、まぁ全体的には面白いのでよしとしましょう!w

<第30回の楽しみ方―三淵氏の来歴―>


今回は、将軍家・足利左近衛中将義輝(向井理)、権大納言義昭兄弟の重臣として活躍している三淵弾正左衛門尉藤英の三淵家の来歴について書いていきたいと思います。

と言っても実は謎の多い家でして、幕府の重要なポストにいたにもかかわらず、来歴がはっきりしません。

ただ、足利一族ではあるようです。

出自には二説あり、最有力と思われるのが4代将軍・足利内大臣義持の庶子であるという説です。
※もう一つの説は3代将軍・太政大臣義満の庶子という説です。

祖とされるのは三淵持清という人物で、彼は義持の引付頭人に任命されています。

しかしその後は活動はよくわかっていません。

幕府内に「三淵」の名字を名乗る者は見られるのですが諱もよくわからず、わかったとしても信憑性を問われており、役職等もよくわかりません。

はっきりしてくるのは弾正左衛門尉の父・大和守晴員の頃からです。

彼は和泉上守護細川家の当主・刑部少輔元有の子でしたが、母方の叔父である三淵加賀守晴恒なる人物の養子となります。

大和守晴員は12代将軍・足利右近衛大将義晴(義輝・義昭の父です)に仕えていました。

義晴とともに管領・細川右京兆晴元と戦い、天文16(1547)年に義晴・義輝父子が近江に落ち延びたときにも同行しています。

関連記事:
大河ドラマを楽しむ方法(3)(『麒麟がくる』第5~6回)

そして実は彼は足利義昭にも仕えているんですよ。

ドラマ中には登場しませんが、実は幕府内には弾正左衛門尉藤英、細川兵部大輔藤孝兄弟とともに父の大和守晴員もいたんです。

そして永禄13(1570)年に亡くなっています。

跡を継いだ弾正左衛門尉藤英は大河に出ているので皆さんご存知ですね。

弾正藤英がこの後どうなるかはネタバレの感があるので書かないでおきますが、面白いのは彼の子供たちです。

庶子に「朽木」の名字を名乗る人物が三人いるんですよ。

調べてみたら、近江朽木谷の領主・朽木民部少輔稙綱(※)の養子になっているようです。
民部の子・宮内少輔晴綱は早世しているので、それが理由となって養子となったのかもしれません。
※朽木民部は12代将軍義晴・13代義輝の側近として仕えていたので、その縁で三淵から養子を迎えたのだと思います。ちなみに筆者の家は朽木家と深い縁があり、Wikipediaの「朽木稙綱」の項目の大部分は10年以上前に筆者が書いたものです。

関連記事:
大河ドラマを楽しむ方法(10)(『麒麟がくる』第19~20回)

関連記事:
大河ドラマを楽しむ方法(6)(『麒麟がくる』第11~12回)

関連記事:
軽く旅行記

関連記事:
訪滋賀

関連記事:
学校

結局、朽木家は民部の孫である朽木信濃守元綱が継いだため、三淵弾正藤英の子は朽木家を継ぎませんでした。
※信濃守元綱は「金ヶ崎の退き口」で登場するので、ご存知の方は多いと思います。

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術⑧金ヶ崎城の合戦

こんな感じで、ドラマの背景にある知識が分かるとドラマをもっと楽しめます!

というわけでまだまだ説明したいことはたくさんありますが、今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・明智 十兵衛 源 光秀
・織田 弾正少忠(通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・朝倉 左衛門督(通称は孫次郎) 日下部 朝臣 義景
・方仁(諡号:正親町帝)
・征夷大将軍 足利 権大納言(通称不明) 源 朝臣 義昭(義秋、一乗院覚慶)
・摂津 掃部頭(中務大輔。通称不明) 藤原(中原) 朝臣 晴門(晴直)
・三淵 弾正左衛門尉(または弥四郎) 源 藤英
・征夷大将軍(将軍家) 足利 左近衛中将(略称「左中将」。通称不明) 源 朝臣 義輝(義藤)
・征夷大将軍(将軍家) 足利 内大臣(通称不明) 源 朝臣 義持
・征夷大将軍(将軍家) 足利 太政大臣(通称不明) 源 朝臣 義満
・三淵 (官職・通称不明) 源 (朝臣?) 持清
・三淵 大和守(通称不明) 源 朝臣 晴員
・細川 刑部少輔(通称は五郎) 源 朝臣 元有
・三淵 加賀守(通称不明) 源 朝臣 晴恒
・征夷大将軍(将軍家) 足利 右近衛大将(略称「右大将」。通称不明) 源 朝臣 義晴
・細川 右京大夫(略称「京兆」。通称は六郎) 源 朝臣 晴元
・細川 兵部大輔(通称は与一郎) 源 朝臣 藤孝
・(佐々木)朽木 民部少輔(通称は弥五郎、出羽四郎) 源 朝臣 稙綱(稙広)
・(佐々木)朽木 宮内少輔(通称は弥五郎) 源 朝臣 晴綱(貞綱)
・(佐々木)朽木 信濃守(河内守。通称は弥五郎) 源 朝臣 元綱
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
ゆーくんはどこ?
ぴえーるのテレビブログ
今日は何の日?徒然日記

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!


☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


↓時代背景のイメージを感じられたかなと思ったら下記リンクのドラマガイドなどでドラマの内容を復習してみてください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「お食事しながらホラーな神秘体験!(ヴァンパイアカフェ(5))」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Autumn Crazy / SLEEPY HOLLOW










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『麒麟がくる』第33回―延暦寺の歴史
大河ドラマを楽しむ方法(25)(『麒麟がくる』第32回)
大河ドラマを楽しむ方法(24)(『麒麟がくる』第31回)
大河ドラマを楽しむ方法(22)(『麒麟がくる』第29回)
大河ドラマを楽しむ方法(21)(『麒麟がくる』第28回)
大河ドラマを楽しむ方法(20)(『麒麟がくる』第27回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『麒麟がくる』第33回―延暦寺の歴史 (2021-01-15 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(25)(『麒麟がくる』第32回) (2020-12-26 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(24)(『麒麟がくる』第31回) (2020-12-22 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(22)(『麒麟がくる』第29回) (2020-12-06 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(21)(『麒麟がくる』第28回) (2020-11-24 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(20)(『麒麟がくる』第27回) (2020-11-20 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(2)テレビ
この記事へのコメント
お邪魔いたします。

三淵家も謎が多いのですね!
朽木家に繋がりがあるのも驚きです。


今回の大河ドラマでやっと陽の目をみた
人物の一人ですね。
谷原章介さんのおかげで、魅力的な武将に
なってます。
架空の人物を登場させる時間があれば、
もっと深掘りしてほしいです。
Posted by ゆーくんまま at 2020年12月21日 18:39
>ゆーくんままさん

いつもありがとうございます!

三淵は実は父親の晴員が『信○の野○』に出てくるのしか知らなかったのですが、藤孝を排出しているのに注目されてこなかったのが不思議ですよね。

史料がなさすぎるんですかね?

今後、もっと注目されることを期待します!
Posted by Sosuke WashiyaSosuke Washiya at 2020年12月22日 08:02
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。