さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年06月17日

大河ドラマを楽しむ方法(9)(『麒麟がくる』第17~18回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第17~18回)に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

・第1~2回  ・第3~4回   ・第5~6回  ・第7~8回
・第9~10回  ・第11~12回
第13~14回  第15~16回

まずはあらすじ。

斎藤道三(本木雅弘)は大桑城を出て、鶴山に布陣した。

それを受けて、長男・新九郎高政(伊藤英明)は長良川の対岸に布陣した。

明智十兵衛光秀(長谷川博己)は道三に味方すべく出陣した叔父・兵庫頭光安(西村まさ彦)を追い、道三の陣に向かった。

長良川では新九郎高政が圧倒的な勝利を収め、道三は新九郎高政に一騎打ちを挑み、敗れた。

十兵衛が明智城に戻ると、叔父・兵庫頭光安が明智荘を出ろという。

新九郎高政が明智城に軍勢を差し向けたため、戦えば負ける。

落城する前に母・牧(石川さゆり)や妻・煕子(木村文乃)、兵庫頭光安の子である左馬助(間宮祥太朗)を連れて出て、明智の血脈を保ってほしいという。

兵庫頭光安より明智家の家督を譲りうけ、十兵衛一行は明智荘を出て越前へ向かった。

越前に到着した十兵衛一行は、伊呂波太夫(尾野真千子)の計らいで守護・朝倉左衛門督義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見した。

左衛門督義景に屋敷を与えられ、十兵衛は左馬助とともに近所の子供たちに論語を教えて生計を立てるのであった。

そうこうしているうちに2年の月日が経った永禄元(1558)年、尾張で事件は起こった。

たびたび兄・織田上総介信長(染谷将太)に反旗を翻していた織田武蔵守信勝(信成。木村了)は戦で上総介に敗退し、上総介に恭順したかに思えた。

しかし再び反旗を翻した。

信勝の家臣であった柴田権六勝家(安藤政信)の密告によりそのことを知った上総介は信勝を呼び出し、毒殺するのであった。

ということで、


<第17回「長良川の対決」の感想>


面白かったです!

長良川の戦い」の切迫した状況もよかったです。

さらに第1~2回の記事の記事で述べたように、陣太鼓の様子とか掛け声の様子とか、今までのドラマでやるような「戦」のイメージではなく、歴史学会でとらえられているようなリアルな演出で恐れ入りました。

そして、道三と新九郎高政の最後の掛け合い、よかったですね。

下記ぴえーるさんらもおっしゃっていますが、道三はあながち新九郎が憎くて戦を仕掛けたのではないような描き方でしたね。

新九郎を息子として愛していたけれど、このままでは危ない、と思って、最期に愛息を正そうと思って仕掛けた戦、という想いが行間ににじんでいるような気がして脱帽しました。

山岡荘八氏の文章のようで最高です!笑

※余談ですが、「長良川の戦い」で先陣を切った竹腰道鎮の子・竹腰正時の正室はわが一族であります!

<第17回の楽しみ方―斎藤家の血族関係―>


このところ、父・斎藤道三と長男・新九郎高政との対立が描かれていましたね。

他にも新九郎の弟である孫四郎龍重、喜平次龍定が暗殺されたりと斎藤一族がちらほら登場しております。

ドラマの中では斎藤一族は決してメインではないため、道三・孫四郎・喜平次陣営と新九郎陣営等の斎藤一族の関係性が詳しく描かれていませんでした。

その辺をフォローしたいと思います。

参考:美濃斎藤氏略系図
※クリックで拡大されます。
美濃斎藤氏略系図


まずは、斎藤家そのものの出自です。

斎藤家は平安時代に藤原北家(道長を出した家)の出身である鎮守府将軍藤原利仁が越前に居住し、その子孫が斎藤氏を名乗ったと言われています。

その後、斎藤氏の一部は隣国美濃に移り、それが美濃斎藤家の始まりとなります。

斎藤氏は室町時代には美濃守護土岐家に仕え守護代となりましたが、分家である斎藤妙椿が主家をしのぐ勢いをつけます。
妙椿は守護代の身でありながら、室町将軍家に直接仕えるまでに成長します。

その後、養子の妙純(新四郎利国)の代になってもこの系統は力をもち、主家断絶等の事情もあって、この系統が守護代を継ぐことになります。

一方の斎藤道三の出自です。

彼の父は京都の油売りだったと言われております。
名は松波庄五郎といいます。

ドラマ中で道三や新九郎高政が油売り、油売りと言っていたのはこの人のことなんですね。

彼は美濃小守護代・長井越中守長弘に仕え頭角を現しますが、この長井越中守、実は斎藤一族なんですね。
上で説明した斎藤妙純利国の子、長井利隆(斎藤利隆・通称不明)の子が越中守長弘です。
※異説あり。

松波庄五郎は長井新左衛門尉(もしくは豊後守)と名乗り、子の新九郎規秀は利隆の養子となります。
長井越中守の死後(新九郎によって殺害されたという説あり)、新九郎規秀は長井氏の名跡を乗っ取ります。

その後、同じく斎藤妙純の子であり長井利隆の兄であった利親の子・美濃守護代の斎藤大和守利良が死亡します。

そのことにより、力をつけていた新九郎規秀は斎藤氏を名乗り、ここに守護代・斎藤新九郎利政(のちの山城守、道三)が誕生するのでした。
(参考:『麒麟がくる』第3~4回

そして、肝心の道三の子供たちですが、なんと新九郎以外の子、すべてが道三側なんですね。

四男の玄蕃利堯や末子の新五郎利治はのち、自ら進んで織田家臣となっていますし、新五郎なんかは上総介信長の「長」の字をもらって「長龍」と改名していますからね。

そして、前回ちらっと書いていますが、上記長井越中守の子・長井隼人正道利は新九郎方についています。

同様に前回登場した斎藤内蔵助利三は、実は妙椿の曽孫に当たる人物で、前回述べたように「長良川の戦い」での動静はわかっておりません。

<第18回「越前へ」の感想>


越前の様子なんかどうでもいいんですよ笑
(主人公は十兵衛ですが)

上総介信長と、弟の武蔵守信勝(※)とのやり取りが最高でしたね。
※一時期、「自分が織田弾正忠家の当主である」との意思表示のため「織田弾正忠達成」を名乗っていた信勝ですが、「稲生の戦い」で上総介に敗れて以来、ちょっと遠慮して「武蔵守信成」を名乗るようになっていました。だからこのころは本当は「信勝」ではなく「信成」です。

武蔵守信勝の上っ面だけの笑顔を見透かし、本当は殺したくないけど…本当は殺したくないけど…という気持ちを噛み締めた必死の上総介信長の叫び声。

そして泣きながら自らが持ってきた毒入りの水を飲む武蔵守信勝。

今までのこのドラマの中で最高のシーンだったかもしれません。
いや、ここ5年くらいの大河ドラマ中、最高のシーンだったと思います笑

そして、やはり大感動したのは柴田権六!

ちゃんと通称で呼ばれてる!!

僕の願いが通じたのでしょうか?笑

大感動しました!笑

やはり、柴田勝家は「勝家」と呼ばれるより「権六」の方が合ってます!

<第18回の楽しみ方―永禄元年までの織田家―>


この辺りの織田一族の情勢は目まぐるしく変わります。

前回も織田家の情勢を説明しましたが、この数年でも大きく変わっております。

そのため、ドラマで描かれた永禄元(1558)年までの、一族それぞれの行く末について説明したいと思います。

↓織田弾正忠家略系図(永禄元年頃)
※クリックで拡大されます。
織田弾正忠家略系図(永禄元年頃)


・弘治元(1555)年7月 織田右衛門尉信次の家臣が、上総介らの弟・喜六郎秀孝を殺害。右衛門尉は逐電。

弾正忠達成は右衛門尉の拠る守山城に軍勢を差し向け、一時・上総介らの別の弟であり、与次郎信康の養子である安房守信時を城主に据える。

→右衛門尉は上総介に許され、守山城主に復帰。

・同年11月 織田孫三郎信光(木下ほうか)死去。

・弘治2(1556)年4月 長良川の戦い
→伊勢守信安は斎藤新九郎高政と結び、上総介と敵対。

・同年6月 安房守信時、家臣に攻められ切腹。

・同年8月 稲生の戦い。弾正忠達成は敗れ、名を武蔵守信成と改める。
→伊勢守信安は弾正忠達成に味方する。

・同年(月不明) 上総介の兄・三郎五郎信広(佐野泰臣)、斎藤新九郎義龍(高政)と結び上総介への謀反を画策するも、失敗。赦免される。

・永禄元(1558)年11月 武蔵守信成、上総介に謀殺される。

・同年(月不明) 伊勢守信安が嫡子・左兵衛信賢に追放される。

・同年(月不明) 浮野の戦いで左兵衛(伊勢守)信賢は上総介に敗れ、織田伊勢守家(岩倉織田家)は滅亡する。

てな感じです。

前回の織田家は、伊勢守信安と弾正忠達成がなんとなく上総介に反感をもちつつも、対立は表面化していませんでした。

しかし、長良川の戦いで斎藤新九郎が道三に勝利したことによって織田家も動揺。

伊勢守信安弾正忠達成も斎藤新九郎に呼応して反上総介に奔り、なおかつ上総介の兄・三郎五郎信広も反上総介に奔ります。
※松平竹千代と人質交換された、あの信広です。

しかし結局三郎五郎は事前に謀反の計画が発覚したことによって、謀反を未然に防がれてしまいます。

弾正忠達成は稲生の戦いで上総介に敗れた後(武蔵守信成と改名し)、謀殺されます。

伊勢守信安は次男を重用したことにより嫡男・左兵衛信賢に追放され自滅しますし、その左兵衛信賢も上総介に敗れます。

こんな形で徐々に尾張、というか織田一族を統率していった上総介ですが、この後、力強い味方であった下野守信清も上総介に反旗を翻します。

ですが、少しのちの話なのであまり触れずにおきます。

こんな風に、ドラマの背景にある知識が分かるとドラマをもっと楽しめます!

まだまだ説明したいことはたくさんありますが、今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・斎藤 山城守(通称は新九郎) 藤原 朝臣 利政(道三)
(長井 新九郎 藤原(大江?) 規秀(秀龍))
・斎藤 新九郎 藤原 高政(義龍)
・明智 十兵衛 源 光秀
・明智(柿田) 兵庫頭(通称は弥次郎) 源 朝臣 光安
・明智(三宅) 左馬助(通称は弥平次?) 源 朝臣 秀満
・朝倉 左衛門督(通称は孫次郎) 日下部 朝臣 義景
・織田 上総介(通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・織田 武蔵守(弾正忠。通称は勘十郎) 藤原(忌部) 信成(達成・信勝・信行)
・柴田 権六(権六郎) 源 勝家
・竹腰 (官職・通称不明) 源 (諱不明)(道鎮)
・竹腰 (官職・通称不明) 源 正時
・斎藤 孫四郎 藤原 龍重
・斎藤 喜平次 藤原 龍定
・鎮守府将軍(通称不明) 藤原 朝臣 利仁
・斎藤 (官職・通称不明) 藤原 朝臣 (諱不明)(妙椿)
・斎藤 右馬丞(通称は新四郎) 藤原 朝臣 利国(妙純)
・松波 庄五郎 藤原 (諱不明)
(西村 勘九郎 (氏不明) 正利)
(長井 豊後守(通称は新左衛門尉) 藤原(大江?) 朝臣 (諱不明))
・長井 越中守(通称は藤左衛門尉) 藤原(大江?) 朝臣 長弘
・長井(斎藤) (官職・通称不明) 藤原(大江?) 朝臣 利隆
・斎藤 大和守(通称は新四郎) 藤原 朝臣 利良(読みは「としなが」)
・織田 右衛門尉(通称は孫十郎) 藤原(忌部) 朝臣 信次
・織田 喜六郎 藤原(忌部) 秀孝
・織田 与次郎 藤原(忌部) 信康
・織田 安房守(通称は喜六郎) 藤原(忌部) 朝臣 信時
・織田 孫三郎 藤原(忌部) 信光
・織田 伊勢守(通称は三郎、七郎兵衛尉) 藤原(忌部) 朝臣 信安
・織田 三郎五郎 藤原(忌部) 信広
・織田 伊勢守(通称は左兵衛) 藤原(忌部) 信賢
・織田 下野守(通称は十郎左衛門) 藤原(忌部) 信清
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

↓時代背景のイメージが身についてきたなと思ったら下記リンクのドラマガイドなどでドラマの内容を復習してみてください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
第17回
ゆーくんはどこ?
長良川観光ホテル 石金ブログ
ぴえーるのテレビブログ
第18回
今日は何の日?徒然日記
京都暮らし*ときどき古典*
『西郷どん』以来のご紹介です!
坂の上のサインボード


twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「体重計をもらった」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Too Far Away / Stoning Crows









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
大河ドラマを楽しむ方法(15)(『麒麟がくる』第22回)
大河ドラマを楽しむ方法(14)(『麒麟がくる』総集編第1回)
大河ドラマを楽しむ方法(13)(『麒麟がくるまでお待ちください』第4回)
大河ドラマを楽しむ方法(12)(『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回)
大河ドラマを楽しむ方法(11)(『麒麟がくる』第21回)
大河ドラマを楽しむ方法(10)(『麒麟がくる』第19~20回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 大河ドラマを楽しむ方法(15)(『麒麟がくる』第22回) (2020-09-21 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(14)(『麒麟がくる』総集編第1回) (2020-09-05 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(13)(『麒麟がくるまでお待ちください』第4回) (2020-08-20 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(12)(『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回) (2020-08-04 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(11)(『麒麟がくる』第21回) (2020-07-19 20:00)
 大河ドラマを楽しむ方法(10)(『麒麟がくる』第19~20回) (2020-07-03 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 21:00│Comments(2)テレビ
この記事へのコメント
こんにちは

信長による勘十郎信勝の暗殺、
ほぼ史実通りで、俳優陣の熱演も素晴らしかったです。

同母弟の誅殺は勘十郎の嫡子信澄を我が子同様に可愛がり重職に抜擢した事からも、弟が憎くて暗殺したのではないと分かりますね。信澄は誰が演じるのか興味あります。

竹腰道鎮の子・竹腰正時の正室が御一族なんですねー! 竹腰は信長公記にもしっかりと名前が書かれている人物ですよね!
素晴らしいです。
Posted by ゆーくんまま at 2020年06月21日 14:16
>ゆーくんままさん

コメントありがとうございます!

ちょっと前までは織田信長は裏切り者には容赦ない冷徹な人物みたいに描写されることが多かったですが、信澄の扱いには疑問をもっていました。

最近になって情に篤い人物、みたいな評価も出てきたので、勘十郎の暗殺も苦悩しながらやったのではないかと思えて安心します。

うちは竹腰家より家格が上のはずなのに、江戸幕府での序列は竹腰家より序列下なので不満に感じています 笑
Posted by Sosuke WashiyaSosuke Washiya at 2020年06月22日 20:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。