さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年02月11日

合戦における戦術について⑦箕輪城の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「合戦における戦術について」シリーズの第7弾ということで「箕輪城の合戦」について書きます。
『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の羽村滋氏の記事を参考にしています。


参考
第1弾 勝弦峠の合戦
第2弾 戸石城の合戦
第3弾 長森原の合戦
第4弾 三分一原の合戦
第5弾 栃尾城の合戦
第6弾 川中島の合戦

まずはどのような戦だったのかというと


永禄9(1566)年に上野国箕輪城にて武田信玄と長野業盛との間に起きた戦です。

信玄は永禄3(1560)年にこの城を攻略しようとしましたが、業盛の父業正の用兵によって攻めあぐね、撃退されています。
(諸説あり)

その後永禄4(1561)年から上野の周辺の城や拠点を次々と落とし、ついに永禄9年に直接箕輪城を攻めることができ、落城させました。

信玄の勝因としてはやはり碁的な戦略を打ったことでしょうね。

周辺の城や拠点を占拠することによって長野業盛の箕輪城を孤立させ、力をそぎ落とす作戦ですね。

しかし、(具体的な数はわかりませんが)直接的に勝負の決め手となったのは「位攻め」のようですね。

「位攻め」とは羽柴秀吉が得意とした戦法で、戦における「キホン」の「キ」ですね。

要するに相手よりも圧倒的に多い兵力で攻めよ、ということです。

まぁ、みんなそれができないから苦労したのですが、やはり兵力を用意できるときは「位攻め」がもっとも損傷が少なく、勝率も高いですね。

というわけで、まとめ。
・地勢を俯瞰して碁石を打つかのように拠点を攻略する戦局眼
・圧倒的多数で攻める「位攻め」

が勝因といえるのでしょうか。

※写真はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・武田 大膳大夫(字は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・長野 弾正大忠(字は新五郎) 在原 朝臣 業盛
・長野 信濃守(字不明) 在原 朝臣 業正
・羽柴 太政大臣(字は藤吉郎) 豊臣 朝臣 秀吉



参考
旅行・城・武将・陶芸・登山・スキー・温泉・潜水
赤城山が好き
らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「焼きそばをおかずにご飯を食べることの何がいけないのか問いたい」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP(特大・プリン・プリーズ) Part 1/nobi & hagecin










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術③沖田畷の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術②耳川の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術①今山の合戦
合戦における戦術について⑱総括
合戦における戦術について⑰四万十川の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦 (2019-10-13 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術③沖田畷の合戦 (2019-09-27 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術②耳川の合戦 (2019-09-11 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術①今山の合戦 (2019-08-26 22:00)
 合戦における戦術について⑱総括 (2019-08-10 22:00)
 合戦における戦術について⑰四万十川の合戦 (2019-07-25 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。