さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年12月09日

合戦における戦術について③長森原の合戦

安土城


皆さんこんばんは。
今回は「合戦における戦術について」シリーズの第3弾ということで「長森原の合戦」について書きます。
『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の花ヶ前盛明氏の記事を参考にしています。


参考
第1弾 勝弦峠の合戦
第2弾 戸石城の合戦

まずはどのような戦だったのかというと


永正7(1510)年、越後守護代長尾為景(上杉謙信の父)と山内上杉家の上杉顕定が越後国長森原(上野国という説もあり)で争った戦いです。

上杉顕定は以前ご紹介した「江古田沼袋原合戦」や「権現山の合戦」にも絡んできている人物です。

ことの発端は、永正4(1507)年に長尾為景が当時の越後守護上杉房能を討ったことです。
単にこのことだけをきくと為景は主君房能を裏切った奸臣ですが、どうやら為景は房能に逆心を疑われ、討たれそうになったところを逆に討ったというのが真相のようです。
(まぁ、実際に為景がもともと房能を裏切る気だったかどうかはわかりませんが)

房能の兄である顕定は房能の死に怒り、為景討伐のため越後に兵を出しました。

長尾家の一族である長尾房長は顕定方につき、坂戸城に顕定を迎え入れます。

為景は顕定の軍に敗退し、上杉定実らとともに越中に撤退し、顕定は越後府中に入り越後を制圧します。

しかし、越後勢がもともと排他的であったことに加え、為景方についた勢力に苛烈に当たった顕定への反発で越後国内では顕定への不満が増大します。

それまでにもなんとか抵抗を続けていた為景勢ですが、顕定についていた上条上杉家の上条定憲が為景方に寝返ったことにより形勢が変わり、為景勢は顕定を追い詰めます。

いったん上野に撤兵して出直しを図ろうとした顕定ですが、坂戸城の長尾房長の寝返りにより退路を断たれ、長森原で為景勢と衝突。為景方の高梨政盛に討ち取られてしまいます。

というわけですが、この戦に関しては作戦勝ちというよりも顕定の自滅的色合いが強いような気がします。
為景方は、顕定方が寝返りにより崩れるまでよくも決定的な負けを迎えなかったな、という感想ですね。

そういう意味では為景方は負け方がうまかったのかもしれません。

「うまく負ける」というのは非常に難しいですね。
負けているときの心理状態としては「このまま戦い続ければ勝てるかもしれない」という希望的観測を常に抱いてしまうので、それを断ち切り、いわゆる「損切り」ができるかどうかが大きいと思います。

負けていて、精神的(肉体的にも?)ダメージを負っている状況で冷静に「これ以上戦っても勝てない」という判断をし撤退するのは実は非常に難しいです。
戦略的撤退というやつです。

ですから、「負け上手」の人は実は戦が強い傾向にあります。
(「負け上手」と「負け癖」は違います)

あとはもしかしたら為景勢は、越中にいながら越後勢の扇動や内応勧誘を行っていたのかもしれません。

というわけで、為景方の勝因としては

・決定的な「負け」を避ける撤退のうまさ
・扇動や内応を行う調略の力(これは実際に行ったかわかりませんが)
・顕定からの寝返りを迎えられる魅力(果たしてこの頃に「人徳」の概念があったのかどうかはわかりませんが、「利」の意味での魅力も含みます)

ということでしょうか。

特に「負け戦のうまさ」は学ぶべきところが多いと思います。

※写真はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・長尾 信濃守(字は六郎、弾正左衛門尉) 平 朝臣 為景
・上杉(長尾) 弾正少弼(字は平三) 藤原(平) 朝臣 政虎(景虎、輝虎。入道謙信)
・上杉 四郎(官職不明) 藤原 (朝臣?) 顕定
・上杉 民部大輔(字は九郎) 藤原 朝臣 房能
・長尾 越前守(字は新六) 平 朝臣 房長
・上杉 (官職・字不明) 藤原 (朝臣?) 定実
・上条 播磨守(字は弥五郎) 藤原 朝臣 定憲
・高梨 摂津守(字不明) 源 朝臣 政盛



参考
今日は何の日?徒然日記
【日本の武将】
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「『歌詞』とはどうあるべきか」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Silence / Stoning Crows










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
合戦における戦術について⑨七尾城の合戦
合戦における戦術について⑧三増峠の合戦
合戦における戦術について⑦箕輪城の合戦
合戦における戦術について⑥川中島の合戦
合戦における戦術について⑤栃尾城の合戦
合戦における戦術について④三分一原の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 合戦における戦術について⑨七尾城の合戦 (2019-03-15 20:00)
 合戦における戦術について⑧三増峠の合戦 (2019-02-27 20:00)
 合戦における戦術について⑦箕輪城の合戦 (2019-02-11 20:00)
 合戦における戦術について⑥川中島の合戦 (2019-01-26 20:00)
 合戦における戦術について⑤栃尾城の合戦 (2019-01-10 20:00)
 合戦における戦術について④三分一原の合戦 (2018-12-25 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。