さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年11月07日

合戦における戦術について①勝弦峠の合戦

安土城


皆さんこんばんは。
今回は新シリーズということで、「記事『大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww』について」の派生として「合戦の戦術について」調べてみようと思います。
今回も『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の坂本徳一氏の記事を参考にしています。

例のごとく、本当はきちんと学者さんの書いた論文や史料にあたりたいのですが、そのような時間も気合いもないため、手持ちの本やネット上の情報を基にするしかないので、いい加減な内容であることをお断りしておきます。

さらに、やはり日本語のウェブサイトには日本の合戦の情報はたくさん載っているのですが、西洋の戦いについては情報が少ないのが難点です。
わからない単語があったりしてしんどいですが、英語サイトに手を出さなくてはいけないのかもしれません…

というわけで、


今回は「勝弦峠(かっつるとうげ)の合戦」についてです。
「塩尻峠の戦い」とも言うのですが、その名の通り塩尻峠、つまり長野県塩尻市・岡谷市のあたりで行われた戦いです。

時は天文17(1548)年7月。
同年の2月に上田原の合戦で村上義清に大敗し負傷した武田晴信(信玄)は療養のため甲斐に撤退しました。

その後しばらく沈黙を保っていたため「武田に再起に力なし」と断じた村上義清は佐久に侵攻し、信濃守護小笠原長時は諏訪に侵攻しました。

小笠原軍が信濃勝弦峠に集結するという情報をつかんだ晴信は、騎馬訓練を装ってのろのろと甲斐大井ヶ森(北杜市長坂町)に3,000騎を集め、その後一気に甲信国境を越えて上原城に入城し、夜明けとともに勝弦峠の小笠原軍5,000を急襲し、大勝利を収めました。

晴信がどこまで考えて行動していたかはわかりませんが、上田原の戦い後にしばらく沈黙していたことで「負け」の流れを断ち切り、さらに小笠原長時を油断させたのだとしたら、相当の「負け上手」といえそうです。

上田原の戦いは晴信にとっての初めての敗戦なのでそこから学び取ることは多かったのだと思いますが、そのショックから学び、なおかつ(そこまで考えていたのかはわかりませんが)次の勝利への布石としたのはすごい器だと思います。

さらに、小笠原軍の行動を把握していた情報力(間者の活躍ではありますが)と決戦のときまで騎馬訓練を装ったり、のろのろと行動したりして長時を油断させるという作戦は、上記坂本氏も言っておられますが、まさに「風林火山」を体現したものですね。

そして、作戦というものは立案の段階では冷静に組み上げることができますが、いざ実行の段階となると細かい齟齬が出てきてしまったり、入り込みすぎてアツくなってしまってうまく実行できないことが多いですが、それを冷静に遂行していった力量と家臣の統率力もすばらしい。

あとは、小笠原軍が寄せ集めの軍隊であったことと、内応者が現れたという説もあるのでそれも手伝ってはいるのかもしれませんが、そもそも「負け」の流れの中で内応者を作るのに、どんな説得を行ったかにも興味がありますね。
勝てない陣営には内応しませんからね。

内応者に、武田家が勝ち、なおかつ武田家に味方した方が得だと思わせたのですから、調略を行った人の力量もすばらしいですね。

というわけで、戦術の分析というか、武田晴信を褒めちぎって終わってしまいましたが、勝因としては

・相手の心理をたくみに突き、油断させたこと
・相手の行動をいち早く掴み取った情報力
・冷静に作戦を遂行した実行力
・内応者を納得させる説得力

ということになるでしょうか。

とまぁ、こんな感じで戦術分析をしばらく続けてみようと思います!
ぜひ読んでください!

※写真はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・村上 左近衛少将(字不明) 源 朝臣 義清
・武田 大膳大夫(字は太郎) 源 朝臣 晴信(信玄)
・小笠原 信濃守(大膳大夫。字は又二郎) 源 朝臣 長時



参考
信州の峠を歩く
長野県の歴史を探し求めて
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「論理なのか感情なのか」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Silence / Stoning Crows














【Freelance Basic by ランサーズ】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
各合戦の動員人数について(18)総評
各合戦の動員人数について(17)上田原の合戦
各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦
各合戦の動員人数について(15)上原城の合戦
各合戦の動員人数について(14)瀬沢の合戦
各合戦の動員人数について(13)上条河原の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 各合戦の動員人数について(18)総評 (2018-10-22 19:00)
 各合戦の動員人数について(17)上田原の合戦 (2018-10-06 19:00)
 各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦 (2018-09-20 19:00)
 各合戦の動員人数について(15)上原城の合戦 (2018-09-04 19:00)
 各合戦の動員人数について(14)瀬沢の合戦 (2018-08-19 19:00)
 各合戦の動員人数について(13)上条河原の合戦 (2018-08-03 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。