さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年05月02日

合戦における戦術について⑫第一次月山富田城の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「合戦における戦術について」シリーズの第12弾ということで「月山富田城の合戦」について書きます。
『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の作家の祖田浩一氏の記事を参考にしています。

参考
第1弾 勝弦峠の合戦
第2弾 戸石城の合戦
第3弾 長森原の合戦
第4弾 三分一原の合戦
第5弾 栃尾城の合戦
第6弾 川中島の合戦
第7弾 箕輪城の合戦
第8弾 三増峠の合戦
第9弾 七尾城の合戦
第10弾 御館の乱
第11弾 郡山城の合戦

まずはどのような戦だったのかというと



天文11(1542)年、大内義隆と尼子晴久との間に行われた戦いです。
前年の郡山城の合戦に敗れた晴久は急速に求心力を失い、三沢為清、三刀屋久扶ら13将は義隆への手引きを約束しました。

義隆はそれに乗じて毛利元就を含む配下の部将、国人らを率いて尼子領を攻めます。

しかし途中、赤穴光清の守る瀬戸山城攻めに時日を費やした上、月山富田城は堅城だったためなかなか落とせませんでした。

その間大内方の士気は下がり、為清、久扶ら内応を約束した元尼子方の部将ら5人が再び尼子方に寝返り、勝ち目がないと判断した義隆は退却しました。

大内方の撃退に成功した尼子軍の勝利でありますが、勝因はやはり赤穴光清の奮戦ですね。

大内方の遠征軍にとってみれば戦が長引けば長引くほど消耗し、士気が下がるのは当然ですから、2ヶ月ほど敵地で足止めを喰らい、頑強に抵抗されたことで疲弊します。

その上、疲れた状態で攻めた月山富田城は落ちない。

これは大内方にとってはたまりませんね。

というわけで尼子方の勝因としては
・長期戦に持ち込むことによって相手方の疲労を誘った

ということに成りましょうか。

これ、戦でなくても有効な手立てですが、慎重にやらないと相手の怒りを誘うため危険です。
乱発はしない方がいいですね笑

※画像はイメージです。

【今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)】
・大内 大宰大弐(周防介。字不明) 多々良 朝臣 義隆
・尼子 民部少輔(字は三郎) 源 朝臣 晴久
・三沢 左京亮(字は三郎左衛門) 源 朝臣 為清
・三刀屋 弾正(新四郎。官職不明) 源 (朝臣?) 久扶(久祐)
・毛利 右馬頭(字は少輔次郎) 大江 朝臣 元就
・赤穴 備中守(字不明) 三善 朝臣 光清



参考
安芸の夜長の暇語り
こにるのお城訪問記
癒しの温泉

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「スパルタ教育とゆったり教育は果たしてどちらの方が有効なのか?」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 2/nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
合戦における戦術について⑬厳島の合戦
元号「令和」について
合戦における戦術について⑪郡山城の合戦
合戦における戦術について⑩御館の乱
合戦における戦術について⑨七尾城の合戦
合戦における戦術について⑧三増峠の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 合戦における戦術について⑬厳島の合戦 (2019-05-18 22:00)
 元号「令和」について (2019-04-20 20:00)
 合戦における戦術について⑪郡山城の合戦 (2019-04-16 20:00)
 合戦における戦術について⑩御館の乱 (2019-03-31 20:00)
 合戦における戦術について⑨七尾城の合戦 (2019-03-15 20:00)
 合戦における戦術について⑧三増峠の合戦 (2019-02-27 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。