さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年05月08日

ビジネスに活かす戦国合戦術(17)第一次高天神城の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第17弾として「第一次高天神城の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦    第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦   第4回 小豆坂の合戦
第5回 長良川の合戦   第6回 桶狭間の合戦
第7回 稲葉山城の合戦  第8回 金ヶ崎城の合戦
第9回 姉川の合戦    第10回 二俣城の合戦
第11回 一言坂の合戦  第12回 三方ヶ原の合戦
第13回 野田城の合戦  第14回 叡山焼き討ち
第15回 一乗谷城の合戦 第16回 小谷城の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の萩原雄二郎氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

合戦の概要がわからなければ何を学べるかわからないので、まずは合戦概要です!


<第一次高天神城の合戦までの流れ>


この戦いは天正2(1574)年、遠江国高天神城(現静岡県掛川市)にて武田信玄の跡を継いだ四郎勝頼と徳川方の部将・小笠原与八郎長忠(信興・氏助)との間で行われた戦いです。

ことの発端は、元亀2(1571)年、武田信玄高天神城を攻めたことにあります。

しかし高天神城は非常に堅い城で、信玄は落城をあきらめて撤退しています。
(一説によると、戦略上大して重要でなかったのでこだわらなかったともいいます)

そして翌元亀3(1572)年には信玄は信濃方面から遠江を攻めますが(参考:「二俣城の合戦」、「一言坂の合戦」、「三方ヶ原の合戦」)、「野田城の合戦」後に信玄は亡くなり、四郎勝頼が跡を継ぐことになりました。

四郎自身、数々の合戦を潜り抜けてきた歴戦の勇士なのですが、何しろ信玄が偉大すぎました。
いや、四郎が信玄のことを偉大だと思い込みすぎたんでしょうね、きっと。

四郎は「家臣たちは自分のことを主君として認めていないのではないか」という疑念を抱いていたといいます。

それを払拭するために、「父・信玄さえも落とせなかった」遠江高天神城を落としたい、という執念を抱いたようです。

<高天神城落城>


下記「はぐれ遍路のひとりごと」さんが掲載されている城構えを見ていただくと分かる(?)と思うんですが、高天神城の縄張りはすごすぎます笑
(西の丸(現在高天神社があるところ)はこの合戦の後、四郎勝頼が作らせたようです)

急峻な崖に囲まれていて、曲輪からの見晴らしは最高です。

登るだけで精いっぱいの急峻なのに、上から鉄砲やら弓やら石やら小便やら…が降ってくるんですから、攻める方はたまったものではありません。

しかしどんなに急峻な坂を擁していようとも、城攻めというのは兵糧や水の道を断てばあとは時間の問題となります。

そしてもう1つ城攻めで肝心要なのは、いかに援軍を寄せ付けないかということになります。

小笠原与八郎率いる高天神城兵たちは主君・徳川三河守家康の援軍を待ちわびましたが、待てども待てども来ません。

なぜならば、三方ヶ原の合戦で武田軍の脅威を痛感した三河守は慎重になっていたからです。

自軍だけで援軍を送ることをよしとせず、織田上総介信長の援軍が来てからの出陣をもくろみました。

しかし同年1月に徳川家と同様に武田方に東美濃を制圧された上総介はそれどころではなく、高天神城に援軍を送りませんでした。

そのため、5月中旬に始まったこの合戦は1か月もちこたえたのち開城。

四郎勝頼は城兵たちに寛大な処置を取りました。

武田方に投降するものは武田方の武将として扱うこととし、投降をよしとしない者は徳川方へ帰ることを許しました。
(この時、「横須賀党」として有名な大須賀五郎左衛門尉康高は浜松城へ帰参し、開城に反対しとらえられた大河内源三郎政局は投降せずに牢獄内で数年の時を耐え忍びました)

<ビジネスに活かす要素は?>


今回取り上げる点としては、合戦そのものについてではなく、下記「はぐれ遍路のひとりごと」さんもおっしゃっているように、「この戦の有用性そのもの」ですね。

高天神城は「難攻不落の堅城」だの「高天神を制する者、遠州を制す」だの言われていたようなのですが、いまいちピンとこないんですよね。

というのも、高天神城の位置は東海道(現在の国道1号線辺り)からは外れた位置にありまして。

ちょっとした山奥になっているので東海道を進軍する敵を討つのにも一苦労しそうな位置にあります。

↓高天神城周辺図(クリックで拡大します)
【訂正】高天神城周辺図



言ってしまえば、信玄のように無視しても特に差しさわりのない城なんですよね。

同様に信玄が落とせなかった城である久野城(上図参照)は東海道沿いですから、こちらの方が戦略的にはよっぽど価値があると思うんですよね。
(久野城を落とせば武田方は二俣城、久野城、諏訪原城の防衛ラインを作ることができ、天方城を孤立させられる。さらに街道を分断するので高天神城をも孤立させられます

ただし、街道沿いのため徳川方も援軍を送りやすい位置にあります。

四郎勝頼が久野城を狙わなかったのは、徳川からの援軍の送りやすさという面でも落としがたいと踏んだためか?

それとも、「高天神を制する者、遠州を制す」と言われた高天神城を落とした方が名声が高まると判断したためか?

とにかく、四郎勝頼は戦略的にミスと思えるような抑え方をしています。
※令和2年5月訂正:天方城は天正2(1574)3月、つまり第一次高天神城の合戦の前に徳川方に落ちていました。
しかし、それならばなおさら高天神城よりも久野城、もしくは天方城を狙った方が戦略的に有利になると思われます。


※参考までに、遠江侵攻のときに信玄は丁寧に自陣営の防衛ラインを作りながら相手のラインを寸断するという、非常にうまい用兵を行っています。
↓信玄の遠江侵攻ルート(※クリックで拡大します)

武田信玄の遠江侵攻ルート


四郎勝頼はこの戦いで結果的には勝利を収めますが、家臣の信望を失っていきます。

理由は家督相続後の不安定な状況で、遠征に続く遠征を行い疲弊したためです。

武田軍はこの戦いの前にも東美濃攻略戦を行っていますし、高天神城の合戦の後に行われた長篠の合戦では家臣の疲弊があらわになり(ほかの要因も大きいですが)、ついに武田軍は壊滅します。

結局、古来から言われているし他の方もよくおっしゃっていますが、

・「焦り」などの感情的要因によって大局的な判断を誤った

ことが大きく響いてくる戦いでした。

人間、つい目の前のことに没入してしまいがちです。

僕自身もよくやってしまいます。

それを防ぐためには、気が付いたときには常に「抽象化」を意識する必要があります。

「具体化」の方は放っておいても勝手に脳みそが考え始めます。

まずは状況を「抽象化」することに注力すればいいのだと思います。

今、自分の仕事はこうだけど、係は?課は?部は?会社は?地方自治体は?国は?…みたいな感じです。

少しずつ抽象化することを心掛けるだけでも、一時の感情にとらわれすぎることを防げると思います。

さんざん私心に惑わされて失敗してきた僕が言うのもなんですが、「抽象化」していき私心を離れることで、自ずとうまくいくことが多い気がします。

というわけで、今回の教訓は私心を離れて全体を見ることで正しい判断をしよう!

となります。

今回は以上です!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・武田 大膳大夫(通称は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・武田(諏訪) 四郎 源(神) 勝頼
・小笠原 与八郎 源 信興(氏助。高天神城の戦いでは「長忠」という名前が有名ですが、実は誤伝のようです)
・徳川 三河守 源 朝臣 家康
・織田 上総介(通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・大須賀 五郎左衛門尉 平 康高
・大河内 源三郎 源 政局
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

↓高天神城のすばらしさをもっと味わいたい方は下記リンクからプラモデル等を購入してみてください!
(個人的には高天神城の縄張りはとても美しいと思うので、下記プラモデルを見ると心が奮えます笑)



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
はぐれ遍路のひとりごと
城めぐりん
おいしいBlog

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ファミコンは我が家にぬるっとやってきた」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
The Beautiful / Sosuke Washiya









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ
雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法
新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし
石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー
天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる?
権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方
同じカテゴリー(趣味)の記事
 第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ (2020-09-17 20:00)
 雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法 (2020-09-13 20:00)
 新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし (2020-09-01 20:00)
 石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー (2020-08-28 20:00)
 天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる? (2020-08-12 20:00)
 権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方 (2020-07-31 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 21:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。