さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年04月22日

ビジネスに活かす戦国合戦術⑯小谷城の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第15弾として「一乗谷城の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦
第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦
第4回 小豆坂の合戦
第5回 長良川の合戦
第6回 桶狭間の合戦
第7回 稲葉山城の合戦
第8回 金ヶ崎城の合戦
第9回 姉川の合戦
第10回 二俣城の合戦
第11回 一言坂の合戦
第12回 三方ヶ原の合戦
第13回 野田城の合戦
第14回 叡山焼き討ち
第15回 一乗谷城の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の渡辺守順氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

合戦の概要がわからなければ何を学べるかわからないので、まずは合戦概要です!


<小谷城の合戦までの流れ>


元亀元(1570)年、金ヶ崎城の合戦に始まる信長包囲網の流れの中での合戦です。

足利将軍家(義昭)は近隣大名を巻き込んで織田上総介(信長)を包囲していくわけですが、上総介は各個撃破をしていきます。
(※「将軍家」は家ではなく個人を表す呼称)

・元亀2年 叡山焼き討ちで比叡山延暦寺敗退
・元亀4年 野田城の合戦後に武田信玄が死去
・同年 槇島城の合戦で足利将軍家が京都を追放される
・天正元年(元亀4年と同年)一乗谷城の合戦朝倉左衛門督(義景)が自刃

ということで、見事に瓦解していきました。

今回俎上に載せる「小谷城」については、ここへきて初めて攻められたわけではありません。

元亀元年6月の姉川の合戦時に上総介は小谷城に相対する虎御前山に城を築いており、そこを拠点に断続的に小谷城を攻めています

一乗谷城の合戦時に上総介は大嶽城(砦)を落としていますが、元来その大嶽城は小谷城の本丸だったとの説があり、小谷城と大嶽城は一つの山(小谷山)の尾根上に存在しています。

浅井備前守(長政)の代にはもう本丸としては使われていず、救援のために朝倉家に間貸ししていたような城でした。

そのように大事な大嶽城を織田方に落とされてしまったということは、浅井勢にとっては喉元に刃物を突き付けられている状態になったということです。
(頼りにしていた朝倉氏に預けていた大事な城だっただけに「オイオイ…」という感じだったと思います)

上総介はこのような状態まで浅井を追い詰めておきながら、まずは越前朝倉氏を攻めます

朝倉氏を滅ぼすことによって、完全に浅井家を孤立させたのです。

<木下藤吉郎の活躍で小谷落城>


そして肝心の小谷城本戦です。

一乗谷城から凱旋した上総介は、大半の軍を越前から帰陣させ小谷城を包囲します。

そこで活躍したのが木下藤吉郎(秀吉)(のちの豊臣秀吉)です。

↓小谷城の曲輪配置(茶色の線が尾根を表しています。図が汚くてすいません笑)
※クリックで拡大します。
小谷城曲輪配置


小谷城は、上掲地図のように馬蹄状になった尾根の最上部に大嶽城があり、その下に山王丸、小丸、京極丸、中丸、本丸と曲輪が連なっていました。

尾根に囲まれた中央部分は谷になっており、「清水谷」と呼ばれていました。

当然、頂きの大嶽城の標高が最も高いわけで、南側の出丸の標高は低くなります。
ということは通常ですと出丸から攻めたくなるのですが、そうではなく、度肝を抜く攻め方をした人物がいたわけですね。

上にも書いているし地図にも出ているのでもうネタバレしていますが、皆さんご存じの木下藤吉郎です。

藤吉郎は清水谷から急斜面を駆け上がり、なんとも中途半端な京極丸を攻めたわけです。
(上掲地図の青矢印は藤吉郎の攻めたルートをイメージしています)

浅井勢はいきなり京極丸が攻められるなんて予想外中の予想外
全然守りを厚くしていなかったわけです。

ですから京極丸はいとも簡単に落ち、これによって小丸にいた父浅井下野守(久政)と本丸にいた当主の浅井備前守(長政)が分断されるという事態に陥ります。

父下野守はいきなり藤吉郎隊の猛攻撃にさらされることになり、もはやこれまでと自刃します

本丸の備前守の方はもう少し頑張ったのですが、京極丸、小丸が落ちたことで城が機能不全に陥り、父と同様自刃して果てました。

これで浅井家三代の夢は露と消え、織田上総介にとっては3年越しでやっと小谷城を落城させることができたのでした。

<ビジネスに活かす要素は?>


今回も負けた側である浅井家からの方が学ぶことが多いですね。

浅井家の敗因は、完全に朝倉家を恃んだ(たのんだ)ことですね。

備前守長政の父・下野守からしてみれば、朝倉氏を高く評価していたのでしょうね。

朝倉家は南北朝期から活躍し、応仁の乱時に実力で越前守護をもぎ取った家です。

それに対して織田氏はついこの間まで国内の一族同士の紛争に明け暮れていた家で、ポット出の田舎大名だったわけです。
しかも、越前では織田氏は朝倉氏よりも格下でした。
(織田氏の先祖は越前発祥)

そんな田舎大名がいい気になって近隣大名に檄を飛ばすようになったのが気に入らなかったのでしょうね。
(※「檄を飛ばす」とは「活を入れる」という意味ではなく、「決起等を促す(ための文書を送る)」という意味です)

しかしこの評価の仕方に問題があった訳です。

これ、現代でも通じるし、ビジネスでも日常生活でも恋愛でもなんにでも応用できますが、他人を判断するときはその人の「行動」を見なくてはだめです。

学歴とか、役職とか、住んでいる場所とか乗っている車とか、務めている会社とか、資格とか、その人の周辺にはたくさんの情報がありますし、本人はいろいろしゃべりますが、全部白紙で考えてください。

その人の「行動」だけ見てください。

人間は言葉では嘘をつくことができますが(というか、どんな人間も言葉ではほぼ「嘘」しか言いません)、行動を見れば本音を見通すことが可能です。

悪意のあるなしにかかわらず、嘘をついている人間は行動に矛盾が生じますし、実力があるかないかも行動を見ればわかります。

浅井氏の場合は、朝倉氏がしっかりと戦に勝てる行動をしているかどうかを見極めるべきだったと思います。

金ヶ崎城の合戦のときも、姉川の合戦のときも、朝倉左衛門督本人は出陣しませんでした。

本気じゃなかったんですよね。
戦に身が入っていませんでした(理由は一乗谷城の合戦の記事で少し触れています)。

(現代人の目で結果を知ってから振り返っているのでどうとでも言えるのかもしれませんが)その時点で明らかに左衛門督の挙動はおかしいのです。
(現に、朝倉家内からも浅井家内からも多数の内応者が出ています)

それを応用して、現代でも他人と何かプロジェクト等を進めるときは「行動」をよく見た方がいいです。

なんだかんだ理由をつけて自分の役割を進めない人は、「やらない」人です。

やる意志がないってことです。

そういう人と組んでいても時間の無駄なので、別の人と組んだ方がいいです。
最悪の場合浅井備前守のように損失を被ることになります

というわけで、

・相手を見るときは「ステータス」や「言葉」ではなく「行動」を注視せよ!

ということになります。

もちろん、他人の思考を100%読むことなんて到底不可能ですが、この「行動を見る」というやり方は相当的中率が高いです。
試しにだれか身近な人をマークして、発言通りの行動をとっているか観察してみてください。
その人の本音が見えて面白いですよ。

今回は以上です!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)

・織田 上総介(右近衛大将、右大臣。通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長

・武田 大膳大夫(通称は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)

・征夷大将軍(将軍家) 足利 権大納言(通称不明) 源 朝臣 義昭

・朝倉 左衛門督(通称は孫次郎) 日下部 朝臣 義景

・浅井 備前守(通称は新九郎) 藤原 朝臣 長政(賢政)
(長政の名前についてWikipediaには「『賢政』の名も新九郎に戻した」という記述がありますが、それは不正確です。
「賢政」は諱で「新九郎」は通称ですから、どちらかがどちらかにとって代わるということはありません。
おそらく「浅井新九郎賢政→浅井新九郎」と諱を名乗るのを一時辞めたのか、別の諱を名乗ったけれどそれが記録されていないのだと思います)

・木下 藤吉郎 平 秀吉

・浅井 下野守(宮内少輔。通称は新九郎、左兵衛尉) 藤原 朝臣 久政

☆武家の「通称」の普及を切に願います!

↓小谷城をもっと知りたいと思ったら、ぜひ下記を購入して見てみてください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
「城塞」征旅飛翔:装鉄城戦記2010~2019
なぽのブログ
ウマさんの気ままな行動日記(その2)

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「『いらない発明』に癒されよう! 」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Rain Drop / Sosuke Washiya









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
ビジネスに活かす戦国合戦術(18)長篠の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術(17)第一次高天神城の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑮一乗谷城の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑭叡山焼き討ち
ビジネスに活かす戦国合戦術⑬野田城の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑫三方ヶ原の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 ビジネスに活かす戦国合戦術(18)長篠の合戦 (2020-05-24 21:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術(17)第一次高天神城の合戦 (2020-05-08 21:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑮一乗谷城の合戦 (2020-04-06 21:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑭叡山焼き討ち (2020-03-21 21:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑬野田城の合戦 (2020-03-05 21:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑫三方ヶ原の合戦 (2020-02-18 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 21:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。