さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年11月30日

ビジネスに活かす戦国合戦術⑦稲葉山城の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第7弾として「稲葉山城の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦
第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦
第4回 小豆坂の合戦
第5回 長良川の合戦
第6回 桶狭間の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の徳永真一郎氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

ということで、


<信長の苦戦>


永禄3(1560)年に桶狭間の合戦にて今川治部大輔義元を破り、頭角を現したかに見えた織田上総介信長ですが、次なる目標美濃稲葉山城(岐阜県岐阜市)の攻略に苦戦を強いられます。

父斎藤道三を倒して斎藤家を束ねた左京大夫義龍が名将だったという話もありますが、僕としては稲葉山城(現岐阜城)の地の利も大きく働いていると思います。

平成8年ごろ僕は岐阜城の天主に登ったことがあるのですが、そこから南側を望むと濃尾平野が丸見えなんですよ。
当時、遠眼鏡はないにしろ、肉眼でも昼間は集団の動きとかは見えそうなくらい丸見えなんです。

これじゃあ信長の動きはだいぶ察知できちゃいますよね。
稲葉山の地に城を築いた人がすごいですね。

というわけで稲葉山城を攻めあぐねていた信長ですが、永禄4年、チャンスが訪れます。
名将斎藤義龍が病に倒れ、急死したのです。

<斎藤家の瓦解>


あとを継いだ義龍の嫡男右兵衛大夫龍興はわずか14歳
酒色におぼれ祖父の代からの重臣を遠ざけ、人心を束ねることができず、家臣の心が離れていきます

そんな中、10代ですでに希代の名軍師としてたたえられた竹中半兵衛重治が突如稲葉山城を奪取します。

主君龍興をいさめるためだったといわれています。

しかし結局効果はなく、龍興は変わらなかったといわれています。

<美濃三人衆の離反>


信長はこの状況に目をつけ、家臣の木下藤吉郎秀吉により斎藤家臣たちを次々に離反させていきます。

半兵衛の助言を受けた秀吉は永禄10年、ついに美濃三人衆に内応の約束を取り付けます。
美濃三人衆とは稲葉伊予守良通(一鉄)、安藤伊賀守守就、氏家常陸介直元(卜全)の3名の重臣たちのことです。

<稲葉山城陥落>


秀吉はあらかじめ味方につけておいた蜂須賀小六正勝や前野将右衛門長康(坪内光景)らの協力と堀尾茂助吉晴の案内で搦手から城内に進入しました。

秀吉は火をつけるなどして城を混乱させ、それを合図に信長本隊や美濃三人衆などが城内になだれ込みました。

それを見て敗北を悟った龍興は降服したそうです。

<何をビジネスに活かすか?>


ということで、戦そのものの説明が長くなってしまいましたが、ここでようやく本題に入ります。

まずは、何度も敗退を重ねながらあきらめずに粘った信長の根気が挙げられますかね。
何回もチャレンジしてだめだったら、普通はあきらめてしまいそうです。

そして、やはり「人」ですね。

ビジネスも合戦も「人」です。

人心が離れている組織は、リーダーがどんなに優秀だとしても脆いものです。

だから、信長サイドで見れば相手から人心が離れているのを察知し、離れた人々の心を糾合したことが勝因だったといえそうです。

龍興サイドで言えば、自分から人心が離れているのをいち早く察知し、原因分析し、対策を打つべきでした。
(しかし、そもそもが人心が分からないから離反されるのであって、そんな状態では自分の何が悪いのかはわかりません)

結局、人に好かれる人が勝つってことですね。

以上です!

※画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・今川 治部大輔(字不明) 源 朝臣 義元
・織田 上総介(右近衛大将、右大臣。通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・斎藤 山城守(通称は新九郎) 藤原 朝臣 利政(道三。他多数)
・斎藤 左京大夫(治部大輔。通称は新九郎) 藤原 朝臣 義龍
・斎藤 右兵衛大夫 藤原 龍興
・竹中 半兵衛 平 重治
・木下 藤吉郎 平 秀吉(のち豊臣秀吉)
・稲葉 伊予守(通称は彦六郎) 越智(橘) 朝臣 良通(一鉄)
・安藤 伊賀守(通称不明) 藤原 朝臣 守就
・氏家 常陸介(通称不明) 藤原 朝臣 直元(卜全)
・蜂須賀 小六(小六郎) 藤原(源) 正勝
・前野(坪内) 将右衛門 藤原 長康(光景)
・堀尾 茂助 高階 吉晴
☆武家の「通称」の普及を切に願います!



参考
日本百名城の旅
ブエノス小僧のイラストブログ
こにるのお城訪問記
今日は何の日?徒然日記

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「突如会社を辞められるのは会社側の責任である」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
酔(Wei) / Sosuke Washiya









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
ビジネスに活かす戦国合戦術⑥桶狭間の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑤長良川の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術③沖田畷の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術②耳川の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術①今山の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑥桶狭間の合戦 (2019-11-14 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑤長良川の合戦 (2019-10-29 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦 (2019-10-13 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術③沖田畷の合戦 (2019-09-27 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術②耳川の合戦 (2019-09-11 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術①今山の合戦 (2019-08-26 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。