さぽろぐ

映画・TV・音楽  |その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年03月05日

野田城の合戦―統率力と「イメージ(印象)」の力

稲刈り後の四谷の千枚田


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第13弾として「野田城の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦
第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦
第4回 小豆坂の合戦
第5回 長良川の合戦
第6回 桶狭間の合戦
第7回 稲葉山城の合戦
第8回 金ヶ崎城の合戦
第9回 姉川の合戦
第10回 二俣城の合戦
第11回 一言坂の合戦
第12回 三方ヶ原の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の今川徳三氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

合戦の概要がわからなければ何を学べるかわからないので、まずは合戦概要です!


野田城の落城


元亀3(1572)年の年末に三方ヶ原の合戦で徳川方に大勝した武田信玄は、遠江と三河の境界近くにある刑部で年を越しました。

三方ヶ原の戦いについての記事を読みたい方は、下記リンクをクリックしてください:
ビジネスに活かす戦国合戦術⑫三方ヶ原の合戦

元亀4年の1月には徳川にとって三河と遠江を結ぶ重要拠点であった野田城を包囲します。

その数2万5千~3万人。

一方野田城を守る菅沼織部正(おりべのかみ、おりべのしょう)定盈(さだみつ)と松平与一郎忠正の軍勢はわずか400~500程度。

数だけで考えると徳川方が圧倒的に不利ですが、城攻めというものはそう単純ではありません。

城には堀や矢倉などの防衛機能がありますので(そもそもそれが目的です)ので、それぞれの防衛機能を発揮するための最低限の人員がいれば防衛できてしまうんですね。

もちろん人数はある程度までは多い方がいいですが、兵糧攻めをされたときの食糧の分配を考えると、必要最低限の人員が籠城していた方がいいようです。

というわけで、単純に数字上だけで500人 vs 3万人 と見ているだけでは判断しようのない籠城戦ですが、今回の「野田城の合戦」も予想に反して1か月もちこたえます。

もちろん、菅沼織部や松平与一の作戦などの要素もあったとは思いますが(どのような作戦で籠城したかは伝わっていません)。

ですが結局武田軍によって水の手を断たれた野田城勢は降服し、菅沼織部と松平与一は自分の命と引き換えに城兵を助けるよう武田軍に条件を付けますが、結果的に二人とも人質交換で徳川方に生還することができました。

3月ごろの話です。

関連記事(松平与一郎に言及した記事):
これぞ徳川家の柱石・三河武士の死にざまだ!!(山岡荘八『徳川家康』第2巻)




武田信玄の死


というように合戦そのものの顛末はあっさりと終わりますが、この戦いが有名なのは武田信玄の死にかかわりが深いからです。

実際に武田信玄が死んだと言われているのはこの翌月の4月ですが、この戦いのころにはすでに様子がおかしかったという話があります。

昔から言い伝えられている伝説によれば信玄はこの野田城の合戦のときに徳川方に銃撃され、その傷がもとで死んだと言われています。

野田城を望む高台に陣取っていた信玄は、毎夜野田城から聞こえる笛の音に聞きほれていたといいます。
野田城を包囲している中、毎夜、特定の場所に座り、笛の音をきいていたそうです。

それを知った野田城勢は信玄の座っている場所を特定し、銃撃に成功したという伝説です。

山岡荘八の『徳川家康』や黒澤明の『影武者』でも取り上げられているこのエピソードですが、実際には信玄の侍医の文書が見つかっており、信玄は病死したということがほぼ確定しているそうです。

関連記事:
苦難の時代の幕開け―山岡荘八『徳川家康』第5巻




ビジネスに活かす要素は?


で、肝心のビジネスへの応用ですが、今回特筆すべきなのは武田軍の撤退ぶりだと思います。

多くの場合、大将が合戦中に死んだら一気に敵方に畳みかけられて壊滅されられるでしょう。

そうでなくても統率を失った軍は四散してさんざんな目に遭いますが、武田方は徳川軍に追い立てられることもなく見事に撤退しております。

その要因としては、まずは信玄の容態が思わしくないことを徹底的に秘匿したことにあると思います。

おそらく当時から何となく武田軍の様子がおかしいとか、どうやら信玄が病気か何かで臥せっているようだ、みたいな情報が徳川方にも漏れていたとは思います。

しかし、決定的な証拠がつかめなかったのだろうと思います。

現代においても、会社の新製品の情報を漏えいした例があります。

ある世界的企業の重役が、ある日娘にぼそっと新製品の情報を伝えたそうです。

すると娘さんは嬉々としてSNSでそれを友人に伝え、秘密の情報が瞬く間に世界中に広まったなどという話があります。

情報漏えいはちょっとした油断から起こってしまうことが多いですが、武田軍はそのちょっとした油断を防ぎ、徹底的に秘匿したのではないかと思われます


関連記事:
天目山の戦いから学ぶ―撤退のベスト・タイミングとは

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術⑧金ヶ崎城の合戦

関連記事:
合戦における戦術について⑧三増峠の合戦

関連記事:
合戦における戦術について⑥川中島の合戦

関連記事:
合戦における戦術について③長森原の合戦


そして次に重要なのはおそらく武田軍の「強さ」にあると思います。

武田軍が、戦ってもそれほどダメージのなさそうな相手だったとします。

「大将が病かもしれない」という噂があったら徳川は小手調べくらいの戦は仕掛けるはずです。

徳川方がそれをやらなかったのは、おそらく武田軍が「小手調べ」レベルでも相手に大ダメージを与える実力があったからではないかと思います。

さらに徳川軍は「三方ヶ原の合戦」等ですでに大ダメージを受けており、武田軍を追い立てる余力がなかったことにもよると思います。

というわけで、ビジネスに直接関係あるか疑問ですが「下手に手を出すと痛い目を見る」というイメージも大切ですよね。

《まとめ》
・情報漏えいを徹底的に防ぐ統率力
・相手に敵に回したら恐ろしい、と思わせるイメージ戦略


が大切になるのかなと思います。

今回は以上です!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・武田 大膳大夫(通称は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・菅沼 織部正(通称は新八郎) 源 朝臣 定盈
・(桜井)松平 与一郎 源 忠正
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
城旅人800
今日は何の日?徒然日記
上大岡的音楽生活

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!


→数年以内にFIRE:経済的自立&早期リタイアメントを実現したい方へ
こちらのリンクを↓クリック↓してください。
☆『教える』を仕組み化して1年でFIREを実現した方法
※初回メールが迷惑メールフォルダに自動振り分けされる可能性があるので、お気をつけください。


↓野田城についてもっと知りたいと思ったら下記リンクをクリックして関連書籍を購入して、情報を深掘りしてみてください!

500円クーポン発行中!大河ドラマ 武田信玄 完全版 第弐集 DVD-BOX 全6枚セット

ムカデ戦旗(4)【電子書籍】[ 森秀樹 ]

日本の城 改訂版 第133号【電子書籍】[ デアゴスティーニ編集部 ]

歴史の回想・三方ヶ原の戦い【電子書籍】[ 川村 一彦 ]


☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。

次回は「個性の確立は必要な過程であるが、それは同時に孤立を意味している」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP(特大・プリン・プリーズ) / nobi & hagechin
※筆者の友人のユニットです。









あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
第二次国府台合戦に学ぶ―小さな勝ちに酔わない
大坂夏の陣に学ぶ―覚悟して手放す
大坂冬の陣に学ぶ―自分のプライドを自分でたたき折る
長谷堂城の戦いに学ぶ―算盤勘定をもつ
安濃津城の戦いに学ぶ―小さな局面での勝敗に捕らわれない
田辺城の戦いに学ぶ―不都合な現実を直視する
同じカテゴリー(趣味)の記事
 第二次国府台合戦に学ぶ―小さな勝ちに酔わない (2021-11-08 20:00)
 大坂夏の陣に学ぶ―覚悟して手放す (2021-11-03 20:00)
 大坂冬の陣に学ぶ―自分のプライドを自分でたたき折る (2021-10-18 20:00)
 長谷堂城の戦いに学ぶ―算盤勘定をもつ (2021-09-28 20:00)
 安濃津城の戦いに学ぶ―小さな局面での勝敗に捕らわれない (2021-09-08 20:00)
 田辺城の戦いに学ぶ―不都合な現実を直視する (2021-08-19 20:00)

Posted by 鷲谷 城州 at 21:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。