さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年01月01日

ビジネスに活かす戦国合戦術⑨姉川の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第9弾として「姉川の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦
第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦
第4回 小豆坂の合戦
第5回 長良川の合戦
第6回 桶狭間の合戦
第7回 稲葉山城の合戦
第8回 金ヶ崎城の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の百瀬明治氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

ということで、


<織田氏勢力圏の分断>


元亀元(1570)年4月金ヶ崎城の合戦敗北を喫した織田上総介(信長)は、朽木信濃守(元綱)の先導で近江湖西を抜けて京都にたどり着きました

近江では織田家の攻撃によって内部崩壊した六角家が息を吹き返し、江南でゲリラ戦を始めました。

上総介は本拠地岐阜までのルートを確保すべく、道中の各拠点に重臣を配置しました。
・宇佐山城に森三左衛門(可成)
・永原城に佐久間右衛門尉(信盛)
・長光寺城に柴田権六(勝家)
・安土城に中川八郎右衛門尉(重政)

を配して通路を確保しました。
(参考:↓姉川の合戦前夜の勢力図(推定) ※クリックで拡大されます)
姉川の合戦前夜の勢力図(推定)


上総介はまず、柴田権六と佐久間右衛門尉に命じて江南の六角承禎を殲滅しました。

これで江南の安全を確保しましたが、浅井家の領する北近江に侵入するための要地には浅井家の重臣が配されていました。

そこで上総介は木下藤吉郎(秀吉)にそれらの武将の調略を命じ、竹中半兵衛(重治)によって二武将が離反したことによって北近江への進入路が確保されました。

<姉川開戦>


同年6月、ついに上総介は北近江に進出しました。

浅井備前守(長政)は小谷城にこもったため、上総介は相対する虎御前山に陣を張ります。

このまま小谷城を攻めてもいたずらに消耗するだけなので、上総介は虎御前山を下りて南東の横山城に向かいました
横山城は小谷城と今浜城をつなぐ重要中継点です。

上総介が横山城に矛先を転じたことを知った浅井備前守は小谷城を出て、城の南東の大依山にて越前朝倉家から派遣されてきた朝倉孫三郎(景健)と合流

姉川を挟んで相対した浅井軍は8,000、朝倉軍は10,000
対する織田軍は28,000、徳川軍は6,000

まずはわずか6,000の徳川軍が朝倉軍の10,000に突撃します。
はじめは苦戦する徳川軍でしたが榊原小平太(康政)が朝倉軍の横腹をつき、朝倉軍が崩れました

織田軍も間もなく浅井軍と正面から対決し、はじめは苦戦しましたが朝倉軍が崩れたことにより朝倉軍の右翼ががら空きになり、そこを稲葉伊予守(良通、一鉄)の隊が突き、浅井軍は小谷城へと敗走しました。

上総介は追撃をかけますが小谷城を攻めることはせず、そのまま兵を引き合戦は終了しました。

<ビジネスに活かす要素は?>


さて、この合戦でビジネスに活かせる要素は何かというと、これもまた難しいですね。

単純に上総介の直接の勝因と考えると横山城への陽動作戦となりますが、ビジネスで陽動作戦は使うか?
ということで、もっと抽象的な部分にフォーカスしてみましょう。

虎御前山に陣取った上総介ですが、浅井備前が小谷城から出る気配がないと判断するとすぐに横山城に矛先を転じていますね。

その転換の速さが織田家の勝利の大きな要因でしょうね。
それ以前に京都から岐阜に戻るときも、すぐさま近江の要所に重臣を配置し、岐阜に向かっています。

いつでも素早く動けばいいというわけではないのですが、確信をもったときには電光石火の動きをしなければ成功は得られません。
(かといって、「チャンスだ」と高揚しているときは動かない方がいいです。判断力が鈍っていますから)

武田信玄で有名ですが孫子は「風林火山」とよくぞ言ったもので、周到に準備をしつつも動くときはなりふり構わず猛スピードで動かないといけません。

そして前回の金ヶ崎城の合戦のときもお話しましたが、今の方針が間違っていると感じたとか、もっと良い方法があるとわかったときは、ちゅうちょなく、即座にやり方を変えるべきです。

もちろん、現代の会社においては部下たちにきちんと説明をする必要がありますがね。

というわけで、今回は以上です!

※画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・織田 上総介(右近衛大将、右大臣。通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・朽木 信濃守(通称は弥五郎) 源 朝臣 元綱
・森 三左衛門 源 可成
・佐久間 右衛門尉 平 信盛
・柴田 権六(郎) 源 勝家
・中川 八郎右衛門尉 平(藤原、忌部)? 重政
・六角 左京大夫(通称は四郎) 源 朝臣 義賢(承禎)
・浅井 備前守(通称は新九郎) 藤原 朝臣 長政
・木下 藤吉郎 平 秀吉(のち豊臣秀吉)
・竹中 半兵衛 平 重治
・朝倉 孫三郎 日下部 景健
・榊原 小平太 源 康政
・稲葉 伊予守(通称は彦六郎) 越智(橘) 朝臣 良通(一鉄)
・武田 大膳大夫(通称は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
☆武家の「通称」の普及を切に願います!



参考
日本の国内旅行ガイド500
家康の足跡 IN 東海
朽木氏は滅ぼされていませんし、木下藤吉郎は「のちの」秀吉ではなく、この時すでに「木下藤吉郎秀吉」です。
ほかの部分は大変参考になりました!
いずみ書房

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「神主は『名字』ではない『氏』の存在を認識すべき」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Remember The Warmth Of The Tree / Sosuke Washiya










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
ビジネスに活かす戦国合戦術⑩二俣城の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑧金ヶ崎城の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑦稲葉山城の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑥桶狭間の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術⑤長良川の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑩二俣城の合戦 (2020-01-17 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑧金ヶ崎城の合戦 (2019-12-16 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑦稲葉山城の合戦 (2019-11-30 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑥桶狭間の合戦 (2019-11-14 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術⑤長良川の合戦 (2019-10-29 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦 (2019-10-13 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。