さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年01月17日

ビジネスに活かす戦国合戦術⑩二俣城の合戦

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第10弾として「二俣城の合戦」について書きます。

第1回 今山の合戦
第2回 耳川の合戦
第3回 沖田畷の合戦
第4回 小豆坂の合戦
第5回 長良川の合戦
第6回 桶狭間の合戦
第7回 稲葉山城の合戦
第8回 金ヶ崎城の合戦
第9回 姉川の合戦

『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の今川徳三氏の記事をベースに他ブログさんの記事などを参考にさせていただいております(下記)。

合戦の概要がわからなければ何を学べるかわからないので、まずは合戦概要です!


<武田信玄の遠江侵攻>


元亀3(1572)年武田信玄(晴信)がついに動きます。

足利将軍家(義昭)の号令により上洛作戦を開始したのです。

信玄は甲斐→信濃→美濃の東山道コース、つまり織田家領のコースではなく甲斐→遠江→三河の東海道コース、つまり徳川家領コースへ向かいます。

織田家よりも徳川家の方が落としやすいと読んだのでしょうか。

信玄は、徳川侍従(家康)に対して武田軍の領内通過を黙認するように通達しますが徳川侍従は織田家との同盟の手前もあって了承せず

武田家と徳川家が衝突することとなりました。

そこで信玄の本隊は遠江犬居城に侵攻し、そこで四男四郎勝頼と重臣馬場美濃守(信春、信房)二俣城攻略に向かわせます

<山県三郎兵衛の三河侵攻>


一方武田家のもう一人の重臣である山県三郎兵衛(昌景)は、別動隊として信濃から三河に侵入しました。

元徳川家臣であった山家三方衆の先導によると言われております。

大した抵抗もなく東三河を攻略し、三河から遠江に入る入口に位置する井平城を攻め落としました
(下記地図参照)

二俣城の合戦 広域図


これで徳川家の第2の拠点である岡崎城から遠江への援軍を送るための進路を断つことになります。

確実に浜松城を孤立させ、徳川侍従の降服を誘う形を作っていることが分かりますね。

<二俣城落城>


三郎兵衛は武田四郎・馬場美濃守と合流して二俣城の攻略に取り掛かります

天竜川と二俣川に囲まれた二俣城天然の要害で、力攻めで落とすのは容易でない城です。

※参考:二俣城狭域図
二俣城狭域図



そのため武田軍としては兵糧攻めを行いたいところでしたが、城内には十分備蓄がありました

そこで武田軍お得意の、水の手を断つ作戦を行おうとしますが、二俣城はどこから水を得ているのかわかりませんでした。

結局武田軍は城を囲みはしたものの、落とせずに時が経ちましたが、11月に入って武田軍の斥候はついに水源を発見しました。

二俣城の守勢は天竜川に釣瓶を落とし、水を汲んでいたのです。
それまでは雑木に隠れて釣瓶が見えなかったのですが、冬が近づいて木々が葉を落としたことで釣瓶が露出したのでした。

そこで武田軍は筏を釣瓶縄に何度も激突させて縄を切り、水の手を断つことに成功しました。

水の手を断たれた二俣城守勢はすぐに降服し、城将中根正照は浜松城へ退去しました。

<ビジネスに活かす要素は?>


この戦いの勝因としては、まず武田信玄お得意の「碁石戦略」(僕が命名しました笑)でしょうかね。
戦の基本ではあるので誰もがやっているのですが、武田信玄と上杉謙信は特に拠点戦略がうまく、広い範囲に碁石を置くように拠点を攻略していきます(参考:「合戦における戦術について⑱総括」)

今回もその作戦がうまくいっており、井平城などの拠点を先に攻略することによって、徳川軍が二俣城へ援軍を送ることを不可能にしています

そして、これもいつもの武田軍の戦略ですが、城は力攻めにせず水の手を断つことですかね。
通常なら武田軍は城内の井戸へつながる地下水脈を発見して、そこに毒を流し込んだりしています。

で、これを現代のビジネスに活かすとしたら
・鋭敏な観察力と持久力

ですかね。
水の手を発見できたのは斥候が毎回サボらずに観察を続けた結果だと思います。

現代ビジネスの世界でも具(つぶさ)に観察し、「共通点を発見する力」「違いを発見する力」が超重要です。
いや、それがすべてといっていいかもしれません。

共通点を発見することで次の展開を予想し、あらかじめ動くことが可能になりますし、違いを発見することで今回の合戦のように突破口を見出すことが可能です。

というわけで、ビジネスマンの皆さんは普段から「見るのではなく観る」「聞くのではなく聴く」を実践し、物事や人々の言動を深く観察するクセをつけましょう!

今回は以上です!

※画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・武田 大膳大夫(通称は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・征夷大将軍 足利 左近衛中将(通称不明) 源 朝臣 義昭(義秋)
・徳川 侍従(通称は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・武田(諏訪) 四郎 源(神) 勝頼
・馬場 美濃守(通称不明) 源 朝臣 信春(信房)
・山県 三郎兵衛尉 源 昌景
・中根 (官職・通称不明) 平 正照
☆武家の「通称」の普及を切に願います!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
井戸櫓の写真が掲載されています。
お城散歩
らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~
武田信玄の遠江侵攻のルートについて
今年もスローライフで!!

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「コンビニのトイレは救いの神である」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Remember The Warmth Of The Tree / Sosuke Washiya










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ
雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法
新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし
石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー
天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる?
権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方
同じカテゴリー(趣味)の記事
 第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ (2020-09-17 20:00)
 雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法 (2020-09-13 20:00)
 新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし (2020-09-01 20:00)
 石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー (2020-08-28 20:00)
 天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる? (2020-08-12 20:00)
 権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方 (2020-07-31 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。