さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年11月20日

大河ドラマを楽しむ方法(20)(『麒麟がくる』第27回)




皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第27回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回 ・第3~4回
・第5~6回 ・第7~8回
・第9~10回 ・第11~12回
・第13~14回 ・第15~16回
・第17~18回 ・第19~20回
・第21回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回
・総集編第1回 ・第22回
・第23回 ・第24回
・第25回 ・第26回


まずはあらすじ。

明智十兵衛光秀(長谷川博己)の導きで美濃に入った足利左馬頭義昭(滝藤賢一)。

織田尾張守信長(染谷将太)は義昭を歓迎し、軍資金1千貫を献上するも、それを見て「どれだけ貧しい民を救えるか」とつぶやく義昭の武家の棟梁としての資質に不安を抱くのであった。

信長は十兵衛に、京都の様子を見てくるように命じた。

京都についた十兵衛は、先行していた木下藤吉郎秀吉(佐々木蔵之介)と合流する。

京都での義昭の評判を探るべく、十兵衛は駒(門脇麦)、伊呂波太夫(尾野真千子)を伝って探りを入れ、堺の豪商・今井宗久(陣内孝則)に会うこととなった。

宗久は、京都と堺の安寧を願っていた。
三好一派を援助してはいたが、それは京都と堺の平穏のため。

織田信長ら一党が鎧兜をつけずに上洛するのなら、三好支持を止めると約束する宗久であった。

岐阜に戻った十兵衛はこのことを信長と家臣団に話すが、家臣団の反発に遭う。

そこで信長は、義昭に判断をゆだねた。

義昭は、鎧兜をつけずに上洛するという。

こうして織田家の面々は南近江の六角を打ち破り、三好一派は京都を去り、武装を解いて上洛することで宗久との約束を守ったのであった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ