さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年11月08日

大河ドラマを楽しむ方法(19)(『麒麟がくる』第26回)

一乗川


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第26回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回  ・第3~4回
・第5~6回  ・第7~8回
・第9~10回  ・第11~12回
・第13~14回  ・第15~16回
・第17~18回  ・第19~20回
・第21回  ・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回
・総集編第1回  ・第22回
・第23回  ・第24回
第25回

まずはあらすじ。

足利左馬頭義昭(滝藤賢一)の話を聞いた明智十兵衛光秀(長谷川博己)は、義昭に将軍の器を見出し、朝倉左衛門督義景(ユースケ・サンタマリア)にそのことを進言した。

義昭の元服の際に烏帽子親を務め、すっかり上洛する気になった義景であったが、一族や重臣たちは乗り気ではない。

その様子を見た十兵衛は朝倉家に上洛は難しいと見て取って、稲葉山城改め岐阜城に拠る織田尾張守信長(染谷将太)を訪れた。

信長は上洛に前のめりで、十兵衛に義昭を連れてこいと言う。

越前に戻った十兵衛は、義景の下を去り義昭らとともに信長を頼ることを考えるが、上洛に乗り気になっていた義景の説得に頭を悩ます。

そこで、三淵弾正左衛門尉藤英(谷原章介)は、朝倉一族や重臣たちと謀り事をめぐらす…

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ