さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年11月22日

めちゃめちゃ面白いというわけではない(『いだてん』第39~40回)

クロール
photo by 写真AC


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第39~40回の感想です。

まずはあらすじ。
太平洋戦争末期、東京はたびたび空襲にさらされていた。そんな中、古今亭志ん生(森山未來)は兵士たちの慰問団として満州に行くことになった。

そこで五りん(神木隆之介)の父小松勝(仲野太賀)と出会った。勝は志ん生の富久に文句をつけたあと、沖縄へ派遣されるといって出ていった。

のち、志ん生は逃亡兵となったため沖縄へは行かずに済んだ勝と再会し、行動を共にする。大連に着いた一行はそこで敗戦を知る。そんな中、志ん生の富久を再び聞いた勝は走りたい衝動を抑えきれずに外へ飛び出していった。

時代は流れ、昭和34(1959)年田畑政治(阿部サダヲ)はオリンピックを再び東京に招致するために動いていた。

しかし、IOCで演説をするはずの北原秀雄(岩井秀人)が骨折をしたため、急遽平沢和重(星野源)に演説を依頼することになった。

戦前、嘉納治五郎(役所広司)を看取った平沢だったが、戦争を経て荒廃した日本を見て、すっかりオリンピック反対派に変わっていた。そんな平沢を説得しようと、田畑は戦後~現在までの話を聞かせるのであった。

ということで、



<第39回「懐かしの満州」>


昭和34(1959)年のパートで脳出血で入院した古今亭志ん生(ビートたけし)が弟子の五りんに話して聞かせるという形で満州のエピソードが展開されるのはよかったです。
が、勝と志ん生の出会いはちょっと無理やり感を感じましたね。物語を強引にねじ込みすぎ。

ただ、それが伏線となって大連で勝のアイディアで富久の主人公久蔵を浅草から芝まで走らせるエピソードは良かったです。

しかし、勝の死に方!あれはないでしょう。名誉の戦死を遂げるのかと思いきや、敗戦後大連の街を支配したソ連兵に道端で殺されるというせつなさ。現実はそんなもんなのかもしれませんが、これ、フィクションですから!

もうちょっとドラマチックな死に方をさせてほしかった

<第40回「バック・トゥ・ザ・フューチャー」>


ようやく第1回の場面に戻ってきたわけですね。
そして敗戦から昭和34年に至るまでの田畑政治と日本水泳選手たちの過程が語られましたが、平沢和重は簡単に説得されすぎな気がしました笑

あとは、古橋廣之進役の北島康介氏がカエルを食べていたのは驚きでした笑
でも、普通にカエルを食べる国もありますし、実は鶏肉みたいでおいしいという説もあるのできっと食用のおいしいカエルを食べたのでしょう。

というわけで、次回も楽しみにしています!

※画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)※現代劇ですが、ときどき字や諱をもっている人がいるので。
・美濃部 孝蔵 (氏不明) (諱不明)(古今亭志ん生)
・田畑 政治 (氏不明) (諱不明)
・北原 (通称不明) (氏不明) 秀雄
・平沢 (通称不明) (氏不明) 和重
・嘉納 治五郎 (氏不明) (諱不明)
・古橋 廣之進 (氏不明) (諱不明)
☆武家の「通称」の普及を切に願います!



参考
第39回
韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」
ドラマ@見とり八段
EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ)
第40回
ドラマ@見とり八段
EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ)

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「3年前の小町通(3)」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
酔(Wei) / Sosuke Washiya









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
川島正次郎のお陰で面白くなってきた!(『いだてん』第41~42回)
『いだてん』、やっぱり出征はつらい(第37~38回)
『いだてん』、前畑に感動した(第35~36回)
『いだてん』、緒方竹虎は実はすごい人(第33~34回)
『いだてん』、世相がよく表れている気がする(第31~32回)
『いだてん』、見てて気分がいい!(第29~30回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 川島正次郎のお陰で面白くなってきた!(『いだてん』第41~42回) (2019-12-08 22:00)
 『いだてん』、やっぱり出征はつらい(第37~38回) (2019-11-06 22:00)
 『いだてん』、前畑に感動した(第35~36回) (2019-10-21 22:00)
 『いだてん』、緒方竹虎は実はすごい人(第33~34回) (2019-10-05 22:00)
 『いだてん』、世相がよく表れている気がする(第31~32回) (2019-09-19 22:00)
 『いだてん』、見てて気分がいい!(第29~30回) (2019-09-03 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。