さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年06月15日

『いだてん』、やきもきする(第18~20回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第18~20回の感想です。

まずはあらすじ。
東海道駅伝を成功させた金栗四三(中村勘九郎)は日本中を走破していく。一方、イギリスから帰ってきた二階堂トクヨ(寺島しのぶ)はチュニックを持ち帰り、女子体育の普及に尽力する。久々に東京に戻った美濃部孝蔵(三遊亭朝太)(森山未來)が他人の男女トラブルに巻き込まれる中、スヤ(綾瀬はるか)は妊娠し、熊本に帰って男の子を出産した。

日本中を走りつくした四三は今度はアメリカ横断駅伝を思いつく。そして、その選手選考のために山越えのある箱根駅伝を思いつくのであった。一方嘉納治五郎(役所広司)はアントワープオリンピック開催の情報に喜ぶが、なんと、今回はマラソン競技が行われないという。治五郎はなんとかそのことを四三に伝えようとするが、うまく伝えることができず、四三は箱根駅伝をアントワープオリンピックの予選と位置づけ、張り切るのであった。

意気揚々とアントワープへ旅立って言った金栗一行であったが、結果はマラソン16位という無残な結果に終わった。四三、治五郎らに先駆けて帰国した野口源三郎(永山絢人)らは報告会にてマスコミに散々に責められるが、その場にいたスヤは四三を擁護する。一方ヨーロッパに残った四三はドイツにて偶然陸上競技に興じる女子たちに会い、日本と違い、堂々とスポーツを行う彼女らに感銘を受けたのであった。

ということで、


第18回は「愛の夢」。
なんか、不完全燃焼ですよね。
物語の方向性が見えず、だらだらと時間がたつのを待つために無気力にノルマをこなしている感じ。

次の展開への伏線があるのでしょうが、どうも可もなく不可もなくというか、ドラマが可もなく不可もなくってことは面白くないってことですね笑

張り合いがないというかメリハリがないというか…

孝蔵のトラブルもいまいち面白くないし。

第19回は「箱根駅伝」。
というわけで、おなじみ箱根駅伝の発祥エピソードがあったりアントワープオリンピック開催で喜ばしかったり、マラソンがなかったりで残念だったりするのですが、もう結局ストックホルムオリンピックで物語が完結してしまっているような気がして、どうも面白いとは思えません。

なんか、やっつけ仕事で次につなげるためにこなしてる、って感じです。

大河ドラマはそうなることが多いですが、放送期間ありきで人一人の人生すべてを描こうとするからどうも冗長になるんですよね。

今回は前半と後半で主人公が違うので「人一人」の人生ではないのですが、どうも金栗氏だとまだ伝説が少なく(偉大な人物であることには違いないのですが、あまりにも近い時代の人物であるせいか、小説などで描かれることが少ないことが原因だと思います)、粒が小さい感が否めないと思っております。

もう一度面白くなればいいのですが。

第20回は「恋の片道切符」。
この回も結局なんだか煮えきらず、やきもきして終わっただけでした笑

オリンピックの結果は動かしようがないのでしょうがないのですが、あとからでもいいので四三がヨーロッパに残った理由を描くエピソードとかほしかったですね。

マラソンで16位になって、なんだかよくわからないけどヨーロッパを傷心旅行するなんて、お金はだれが出してるんでしょう?池部家の資産ですかね?

全体的に説明が足りなさすぎる感じですね。

というわけで、本当は第21回の感想も書こうと思っていたのですが、記事にする時間がなかったので今回はここまでです!

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)※現代劇ですが、ときどき字や諱をもっている人がいるので。
・金栗 四三 (氏不明) (諱不明)
・美濃部 孝蔵 (氏不明) (諱不明)(三遊亭朝太)
・嘉納 治五郎 (氏不明) (諱不明)
・野口 源三郎 (氏不明) (諱不明)
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

※画像は記事内容とは関係ありません。



参考
第18回
雑記帳
真田のよもやま話
ドラマ@見とり八段
第19回
レベル999のFC2部屋
新しい何か
ドラマ@見とり八段
第20回
Cantabile
雑記帳
hinaちゃんのブログ


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「小町通」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 6 / nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『いだてん』、前半戦終了!(第23~24回)
『いだてん』、面白さ復活か(第21~22回)
『いだてん』第16~17回
『いだてん』、めでたい(第14~15回)
『いだてん』、小休止(第12~13回)
『いだてん』、さらに感動した(第9~11回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『いだてん』、前半戦終了!(第23~24回) (2019-07-17 22:00)
 『いだてん』、面白さ復活か(第21~22回) (2019-07-01 22:00)
 『いだてん』第16~17回 (2019-05-30 22:00)
 『いだてん』、めでたい(第14~15回) (2019-05-10 22:00)
 『いだてん』、小休止(第12~13回) (2019-04-24 20:00)
 『いだてん』、さらに感動した(第9~11回) (2019-04-08 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。