さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年04月24日

『いだてん』、小休止(第12~13回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第12~13回の感想です。

まずはあらすじ。
マラソン競技当日、病状が悪化し歩けない大森兵蔵(竹野内豊)を負ぶってスタジアムに向かう金栗四三(中村勘九郎)。レースが始まり出遅れながらも懸命に走るが、強烈な日差しの中錯乱する。スタジアムで四三のゴールを待つ嘉納治五郎(役所広司)らだったが、結局四三は現れず、宿舎に帰ると自分の部屋で寝ているのであった。日射病に倒れたとのことだった。

通訳のダニエル(エドヴィン・エンドレ)とマラソンコースを歩き、何が起こったかを思い出す四三。彼はコースを間違え、途中で行き倒れてペトレ家に介抱されていたのであった。一方東京では三遊亭朝太こと美濃部孝蔵(森山未來)が初高座を迎える…。

ということで、


第12回は「太陽がいっぱい」。
いやぁ、四三が行方不明になるという史実がわかっていても悔しかったですね。
あれだけ苦労したのだから、優勝してみんな号泣、という展開をつい期待してしまいながらも「いや、そうじゃないんだ。金栗四三はゴールできないんだ」と自分に言い聞かせましたが、やはりやりきれない気持ちでした笑

それにいたるまでの展開はうまかったと思います。
見ていて嫌な気持ちになりません!

第13回は「復活」。
まぁ、第9~11回で盛り上げたあとの小休止ですね。
大きな感動はありませんでしたが、感動しっぱなしだと疲れちゃいますからね。

ただ、嘉納治五郎が大森兵蔵の功績をたたえた場面やラザロ(エドワード・ブレダ)亡き後のオリンピックの会議でポルトガルの人がオリンピックでのマラソン競技を続けてくれ、といった場面はちょっと感動しました。

次回からは新展開ですが、楽しみです!

※写真は記事内容とは関係ありません。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)※現代劇ですが、ときどき字や諱をもっている人がいるので。
・大森 兵蔵 (氏不明) (字不明)
・金栗 四三 (氏不明) (諱不明)
・嘉納 治五郎 (氏不明) (諱不明)
・美濃部 孝蔵 (氏不明) (諱不明)(三遊亭朝太)



参考
第12回
雑記帳
真田のよもやま話
みはいる・BのB
第13回
雑記帳
真田のよもやま話
みはいる・BのB

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「『バイオハザード3』を買ってもらった」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 3/nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『いだてん』、面白さ復活か(第21~22回)
『いだてん』、やきもきする(第18~20回)
『いだてん』第16~17回
『いだてん』、めでたい(第14~15回)
『いだてん』、さらに感動した(第9~11回)
『いだてん』、感動した(第7~8回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『いだてん』、面白さ復活か(第21~22回) (2019-07-01 22:00)
 『いだてん』、やきもきする(第18~20回) (2019-06-15 22:00)
 『いだてん』第16~17回 (2019-05-30 22:00)
 『いだてん』、めでたい(第14~15回) (2019-05-10 22:00)
 『いだてん』、さらに感動した(第9~11回) (2019-04-08 20:00)
 『いだてん』、感動した(第7~8回) (2019-03-23 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。