さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年02月03日

『いだてん』、現代劇なのが残念だけど(第1~3回)

ねこ


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第1~3回の感想です。

まずはあらすじ。
1959(昭和34)年、高座に向かう古今亭志ん生(ビートたけし)。東京・日本橋は5年後の東京オリンピック開催に向けて急ピッチで高速道路の工事を行っていた。そんな中、志ん生の落語は50年前の明治42(1909)年の嘉納治五郎(役所広司)にスポットを当てる。日本人がオリンピックに参加するため奔走していた治五郎は横浜正金銀行頭取の三島弥太郎(小澤征悦)宅で三島弥彦(生田斗真)と出会う。紆余曲折がありつつも、羽田にてオリンピックの参加選手を募る予選会を開催するが、脱落者が続出する。そんな中、いちばんに帰ってきたのは当時無名の金栗四三(中村勘九郎)であった。

さかのぼること18年。明治24(1891)年に熊本の玉名郡春富村で生まれた金栗四三は病弱であった。父信彦(田口トモロヲ)とともに熊本高校を訪れ、嘉納治五郎に抱いてもらえば丈夫になると言って抱いてもらおうとしたが成らず、信彦と四三はすごすごと自宅へ戻る。そんな中、四三は兄の嫁の出産時の呼吸方法をまねることによって長距離の通学も走って行うようになった。

四三は海軍兵学校には落第するが、見事東京師範学校に合格し、親友の美川秀信(勝地涼)とともに上京する。しかし、なかなか東京での生活に馴染めず熊本に戻ろうかと考える四三であったが、兄実次(中村獅童)の言葉で再び東京へ戻るのであった。

ということで、


第1回は「夜明け前」。
大河ドラマで現代劇をやるということで賛否両論があり、歴史ファンの僕としてもまったく期待していなかったのですが、さすが宮藤官九郎氏ですね。やりますね。

昭和34年と明治42年を行き来するのがわかりづらいとか、ビートたけし氏の滑舌が悪いとか、いろいろな批判がありますが、テンポもよく、僕は楽しかったです。

いちばんよかった演出は、前半の主人公の金栗四三の登場がほんとにラストのラストってことですね。
僕はまったく事前情報なく見ていたので、最初からだれが主人公かわかっていなかったのですが、あの演出は楽しかったです。
「わかりにくい」と批判されているようですが、僕は楽しかったですよ。

第2回は「坊っちゃん」
この回もテンポがよくてよかったですね。
コミカルな少年時代。四三が夏目漱石に抱かれるなど、「んなわけねーだろ」、が許されてしまう雰囲気。
そして、兄嫁の出産をみて「すっすっ、はっはっー」の呼吸法を編み出した四三のサクセスストーリー的な雰囲気が好きです。

時代が現代であるのが残念ですが、これは期待できそうです。

第3回は「冒険世界」。
テレビの普及により東京の様子が全国によく放送されるようになったため、今でこそあまり「おのぼりさん」という言葉は使われませんが、その「おのぼりさん」の元祖を見られましたね 笑

そして、のちの展開にどんどんつながっていく伏線だらけの脚本。
すばらしいです。緻密ですね。

宮藤氏には正統派(江戸時代以前)の大河ドラマもやってもらえばいいのに。
いや、もしかしたらそのとき僕は、「軟派すぎる」と文句を言っているかもしれませんね 笑

とにかく、テンポがよくて伏線が計算されていて面白いです!

※写真は内容とは関係ありません。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)※現代劇ですが、ときどき字や諱をもっている人がいるので。
・美濃部 孝蔵 菅原 (諱不明)(5代目古今亭志ん生)
・嘉納 治五郎 (氏不明) (諱不明)
・三島 弥太郎 (氏不明) (諱不明)
・三島 弥彦 (氏不明) (諱不明)
・金栗 四三 (氏不明) (諱不明)
・金栗 (字不明) (氏不明) 信彦
・美川 (字不明) (氏不明) 秀信
・金栗 (字不明) (氏不明) 実次
・夏目 金之助 源 (諱不明)(号漱石)



参考
第1回
真田のよもやま話
みはいる・BのB
雑記帳
第2回
雑記帳
真田のよもやま話
nanohana
第3回
真田のよもやま話
雑記帳
ショコラの日記帳・別館

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「40周年ハイチュウ」について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Rockin' In The Free World / Stoning Crows









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
川島正次郎のお陰で面白くなってきた!(『いだてん』第41~42回)
めちゃめちゃ面白いというわけではない(『いだてん』第39~40回)
『いだてん』、やっぱり出征はつらい(第37~38回)
『いだてん』、前畑に感動した(第35~36回)
『いだてん』、緒方竹虎は実はすごい人(第33~34回)
『いだてん』、世相がよく表れている気がする(第31~32回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 川島正次郎のお陰で面白くなってきた!(『いだてん』第41~42回) (2019-12-08 22:00)
 めちゃめちゃ面白いというわけではない(『いだてん』第39~40回) (2019-11-22 22:00)
 『いだてん』、やっぱり出征はつらい(第37~38回) (2019-11-06 22:00)
 『いだてん』、前畑に感動した(第35~36回) (2019-10-21 22:00)
 『いだてん』、緒方竹虎は実はすごい人(第33~34回) (2019-10-05 22:00)
 『いだてん』、世相がよく表れている気がする(第31~32回) (2019-09-19 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。