さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年07月02日

各合戦の動員人数について(11)ホルムズ占領

観音寺城


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの11回目で「ホルムズ占領」についてです。

今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い
第4弾 第一次国府台の合戦
第5弾 川越城の合戦
第6弾 第二次国府台の合戦
第7弾 ワイアットの乱
第8弾 アルマダの海戦
第9弾 ラヴェンナの戦い
第10弾 チェリニョーラの戦い

というわけで、「ホルムズ占領」とはどういう戦いだったのかというと、


1507~1508年、1515年にポルトガルとサファヴィー朝ホルムズ王国(ペルシア)との間に起きた戦いです。

いわゆる「大航海時代」の象徴的な戦いのような気がするのですが、ネットで調べてみると全然取り上げられていないですね。
戦いそのものはごく小規模で地味なものですが、世界史的に意義の大きい戦いだったと思います。

そもそも「大航海時代」がなぜ始まったかといえば、ヴェネツィアなどのイタリア商人たちによって独占されたイスラームとの香辛料貿易をポルトガル・スペインが直接行うことをひとつの目的としていますので、ホルムズ海峡のようなイスラーム世界への入り口となる土地は激戦区となるはずなんですよ。
(現在は石油の問題で重要拠点となっていますが)

で、当時のポルトガルはインドとの交易をイスラームに妨害されていたので、それを打破すべくアフォンソ・デ・アルブケルケなる人物が1507年に独断慣行したのがこの「ホルムズ占領」です。

わずか7隻460人の戦力でホルムズ王国を占領しようとしたのですが、このときは失敗。

のち、軍用を整えて1515年に再攻撃したことにより、ホルムズ島は落ちました。

以後、この地は1622年までポルトガルの領土となります。

それで、肝心の戦力ですが、上に書いたとおりポルトガルは

・460人(外征と考えて2万3,000石相当)

ホルムズ王国側は

・1200人(内戦と考えて3万4,000石相当)
(参考:大名が動員できる人数は?
です。

桁違いに少ない戦力なので、日本の戦国時代の戦力とは比較する意味がないくらいですね 笑

ちなみに1515年の再戦のときはポルトガルは27隻を動員しているとのことで、1507年の7隻460人から単純に計算すると、

・約1,774人(外征と考えて8万9,000石相当)

となりますが、やはり桁違いに少ないですね。

しかし、ポルトガルが本国から遠く離れたホルムズで行った戦いということで、「日本に攻めてくる実力があったのか」という検証には有効な例だと思いました。

あくまで仮定ではありますが、ホルムズで460~1800人の動員力ということは、やはり当時日本を降伏させられるだけの兵力を動員することは到底不可能だったでしょうね。

というわけで、「当時のヨーロッパ勢は日本を攻め落とせるだけの兵力を動員できなかった」という説を支持する事件がひとつ増えました。

以上、「ホルムズ占領」についてでした。

※写真はイメージです。



参考
ペルシャからいろいろ
カウンセリングルーム:Es Discovery
当時のスペイン・ポルトガルを取り巻く状況について
nix in desertis

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ほとんどの就職面接は無意味であり、ほとんどの面接官は何も判断できていない」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Real / Stoning Crows


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
合戦における戦術について①勝弦峠の合戦
各合戦の動員人数について(18)総評
各合戦の動員人数について(17)上田原の合戦
各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦
各合戦の動員人数について(15)上原城の合戦
各合戦の動員人数について(14)瀬沢の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 合戦における戦術について①勝弦峠の合戦 (2018-11-07 19:00)
 各合戦の動員人数について(18)総評 (2018-10-22 19:00)
 各合戦の動員人数について(17)上田原の合戦 (2018-10-06 19:00)
 各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦 (2018-09-20 19:00)
 各合戦の動員人数について(15)上原城の合戦 (2018-09-04 19:00)
 各合戦の動員人数について(14)瀬沢の合戦 (2018-08-19 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。