さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年05月31日

各合戦の動員人数について(9)ラヴェンナの戦い

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの9回目で「ラヴェンナの戦い」についてです。

今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い
第4弾 第一次国府台の合戦
第5弾 川越城の合戦
第6弾 第二次国府台の合戦
第7弾 ワイアットの乱
第8弾 アルマダの海戦

というわけで、「ラヴェンナの戦い」とはどういう戦いだったのかというと、


16世紀初期にイタリアを巡って起きたカンブレー同盟戦争の一環で、1512年にラヴェンナでフランスと神聖同盟との間に起きた戦いです。

神聖同盟とは簡単に言うと対フランス同盟で、教皇国を中心としてイングランド、スペイン、神聖ローマ帝国、ヴェネツィア共和国などが参加していましたが、この戦いに参加したのは教皇国とスペインです。

ことの発端は、フランス軍が教皇領であったラヴェンナを占領したことで、ラヴェンナを取り戻すために教皇軍とスペイン軍が戦いましたが、敗北。

しかしフランス軍は総大将が戦死したことによってボローニャまで撤退し、結果的にラヴェンナは教皇領に復帰しました。

で、肝心の参加人数ですが、今回もWikipediaに書いてあるため面白くありません 笑

もうちょっと苦労した方が楽しいのですが、仕方ありません 笑

というわけで、
フランス・フェラーラ公国:23,000人ほど(外征と考えて石高換算約115万石)
神聖同盟軍:16,000人ほど(内戦と考えて石高換算約45万7,000石)
(石高換算の参考:大名が動員できる人数は?

前回のアルマダの海戦のときもそうですが、日本と比べたとき、ヨーロッパというひとつの大きな国の内戦として考えると日本の合戦とそれほど変わらない人数ですが、やはりフランスや教皇国・スペインがひとつの独立国として、国を挙げての戦いと考えると人数が少ない気がします。

前にも述べましたが、比較対象としての豊臣秀吉の文禄の役は

日本軍:158,700人
朝鮮・明軍:247,400人

ですので、随分人数に差があることがわかります。
比較的自国に近いところでの戦いですらこの人数ですから(もちろん周りの国に中入り(外征中に自国に侵入されること)されないためにある程度の兵力を自国に残したとしても)、やはり地球のほぼ裏側である日本の武士16万人を相手にできるほどの人数を派遣できるとは思えません。

結局今回も、ヨーロッパ勢が日本に大部隊を派遣できなかったことの裏づけとなりました。

※画像は内容とは関係ありません。



参考
ラヴェンナについて
フィレンツェガイド日記
ユリウス・カエサル・スカリゲルについて
オシテオサレテ

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は記事「歌を聞いて泣くことなんて本当にあるのか 」について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Stoning Crows / Case Hardened Cowboy


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
合戦における戦術について③長森原の合戦
合戦における戦術について②戸石城の合戦
合戦における戦術について①勝弦峠の合戦
各合戦の動員人数について(18)総評
各合戦の動員人数について(17)上田原の合戦
各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 合戦における戦術について③長森原の合戦 (2018-12-09 20:00)
 合戦における戦術について②戸石城の合戦 (2018-11-23 20:00)
 合戦における戦術について①勝弦峠の合戦 (2018-11-07 19:00)
 各合戦の動員人数について(18)総評 (2018-10-22 19:00)
 各合戦の動員人数について(17)上田原の合戦 (2018-10-06 19:00)
 各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦 (2018-09-20 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。