さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年03月20日

円覚寺(2)―戦国の兵火

円覚寺


皆さんこんばんは。
今回は断続的に続いている「平成28年 鎌倉旅行シリーズ」の第8弾で、「円覚寺」について記事の初回となります。

【今までの記事】
鎌倉ですごい神社を見つけた!(甘縄神明神社)
3年前の小町通り(1)
3年前の小町通り(2)
原点回帰したい人のためのおしゃれ団子(3年前の小町通(3))
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(1)
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(2)
鶴岡八幡宮を味わう―源平池とゆかりの人物
円覚寺(1)―元寇が生んだ禅寺

日本有数の観光地である鎌倉ですが、その魅力とは何なのかについて語りたいと思います。

とりあえず有名だから行ってみたけど、人は多いしなんだかよくわからない建物ばかりだしよ何がいいのかわからない!という人のために楽しみ方を説明したいと思います。




<大永6年の襲撃>


円覚寺

多くの寺院は長い歴史の中で兵火にさらされていますが、円覚寺も例外ではありませんでした。

円覚寺の所在する相模国は室町時代には鎌倉公方の支配下にありました。

しかし永享10(1438)年の永享の乱により鎌倉公方が攻められた後、永享12(1440)年の結城合戦後には相模守護に任命された扇谷上杉家の支配下に入りました。

その後、明応の政変(1493年)時に将軍家・足利左近衛中将義澄の命を受けて伊勢宗瑞が伊豆入りをすると徐々に伊勢家(のちの北条家)の浸食を受け、永正13(1516)年の新井城の戦いによって伊勢家の支配下に入りました。

関連記事:
新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし

関連記事:
権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方

関連記事:
各合戦の動員人数について(3)新井城の戦い

関連記事:
各合戦の動員人数について(2)権現山の戦い

伊勢家は2代新九郎氏綱の代になって名字を「北条」に変え、山内・扇谷の両上杉家との対決姿勢を鮮明にしました。

武蔵国に進出し一時上杉家を圧倒した北条家ですが、大永5(1525)年、甲斐の武田左京大夫信虎と結んだ上杉家の思わぬ反撃にあい、相模国内へ後退します。

大永6(1526)年にはそれまで北条家と友好関係にあった房総半島の真里谷武田家、小弓公方家、里見家なども北条包囲網に加わりました。

そして当時の里見家の当主・左馬頭義豊とその叔父・左衛門佐実尭の軍勢が鎌倉に襲来し、鶴岡八幡宮を焼き払い、この時円覚寺も焼かれたと言います。

関連記事:
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(1)

関連記事:
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(2)

関連記事:
鶴岡八幡宮を味わう―源平池とゆかりの人物

<青岳尼拉致事件>


円覚寺

里見家はその後の天文2(1533)年、左衛門佐実尭とその子・刑部少輔義尭(以下「刑部」)によるクーデターにより左馬頭義豊が殺され、刑部が当主となります。

刑部は北条新九郎改め左京大夫氏綱(以降「左京大夫」)と結びクーデターを起こしたのですが、その後、真里谷武田家の家督争いへの介入で左京大夫と対立します。

その後真里谷武田家の家督争いを制し、小弓公方・足利右兵衛佐義明(以降「右兵衛佐」)と結び下総・武蔵へ進出し北条家と衝突したのが天文7(1538)年の第一次国府台の戦いです。

関連記事:
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ

関連記事:
各合戦の動員人数について(4)第一次国府台の合戦

この戦いでは刑部義尭は戦わずに撤退していますが、右兵衛佐は討ち死にしています。
(詳しくは上記リンクをご覧ください)

この時に刑部は右兵衛佐の幼い子供たちを引き取っており、その中に後に青岳尼と呼ばれる娘がいました。

この娘はどういう経緯かはわかりませんが、この後北条家の支配下にある鎌倉の太平寺というお寺に入り、尼となります。
※そのため「青岳尼」と呼ばれています。

この青岳尼、里見家にいた時代に刑部義尭の子・太郎義弘と恋仲になっていたと言われています。

その太郎義弘は弘治2(1556)年に鎌倉に渡り攻撃したと言われていますが、その攻撃は実は青岳尼と示し合わせたもので、青岳尼は太郎義弘とともに安房に戻り、還俗して太郎の妻となっています。

この戦いの実在性は定かではありませんが、太平寺にいた青岳尼が房総半島へ渡って太郎の妻となったのは事実であるようです。

この出来事に、北条家当主を継いだ新九郎氏康は不快感を示したと言われ、太平寺を廃寺にしています。

そして、この太平寺の仏殿が移築された先が円覚寺で、その建物はなんと、かの有名な「舎利殿」であるとのことです。

やっと円覚寺が登場しましたね。

僕が円覚寺に行ったときには舎利殿は公開時期ではなく、残念ながら見ることはできませんでした。

歴史の教科書に載っている有名な「円覚寺舎利殿」ですが、実はこのようなエピソードがあったのです。

こんな風に、歴史的な建物にはほぼ必ずそれにまつわるエピソードがあります。

それを知るだけで楽しさが倍増します。

というわけでまだまだ説明したいことはたくさんありますが、今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
征夷大将軍(将軍家) 足利 左近衛中将(通称不明) 源 朝臣 義澄(入道清晃、義遐、義高、義尊)
・伊勢 左京大夫?(通称は新九郎) 平 朝臣? 盛時(長氏、入道早雲庵宗瑞。いわゆる北条早雲)
・北条(伊勢) 左京大夫(通称は新九郎) 平 朝臣 氏綱
・武田 左京大夫(字不明) 源 朝臣 信虎
・里見 左馬頭(通称不明) 源 朝臣 義豊
・里見 左衛門佐(通称不明) 源 朝臣 実尭
・里見 刑部少輔(通称は権七郎) 源 朝臣 義尭
・北条 左京大夫(通称は新九郎) 平 朝臣 氏康
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
風なうらみそ~小田原北条見聞録
何気ない風景とひとり言
歩けば見つかる小さな歴史


twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

↓円覚寺に興味が湧いてきたら、下記リンクから是非情報収集してみてください!




☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『麒麟がくる』第43回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Autumn Crazy / SLEEPY HOLLOW










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(レジャー)の記事画像
円覚寺(1)―元寇が生んだ禅寺
鶴岡八幡宮を味わう―源平池とゆかりの人物
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(2)
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(1)
原点回帰したい人のためのおしゃれ団子(3年前の小町通(3))
3年前の小町通り(2)―垂涎の腸詰と宝石のようなマカロン
同じカテゴリー(レジャー)の記事
 円覚寺(1)―元寇が生んだ禅寺 (2020-11-28 20:00)
 鶴岡八幡宮を味わう―源平池とゆかりの人物 (2020-08-08 20:00)
 鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(2) (2020-05-20 21:00)
 鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(1) (2020-02-14 22:00)
 原点回帰したい人のためのおしゃれ団子(3年前の小町通(3)) (2019-11-26 22:00)
 3年前の小町通り(2)―垂涎の腸詰と宝石のようなマカロン (2019-09-07 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)レジャー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。