さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年05月20日

鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(2)

鶴岡八幡宮


皆さんこんばんは。
今回は断続的に続いている「鎌倉旅行シリーズ」の第6弾で、「鶴岡八幡宮」についての第2弾となります!

【今までの記事】
鎌倉ですごい神社を見つけた!(甘縄神明神社)
3年前の小町通り(1)
3年前の小町通り(2)
原点回帰したい人のためのおしゃれ団子(3年前の小町通(3))
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(1)

日本有数の観光地である鎌倉ですが、その魅力とは何なのかについて語りたいと思います。

とりあえず有名だから行ってみたけど、人は多いしなんだかよくわからない建物ばかりだし、階段は急だしよくわからない!という人のために楽しみ方を説明したいと思います。


<伝説の大銀杏>


大銀杏
まずは前回ご紹介した「舞殿」のすぐ裏側にある「大銀杏」です。

もうご存じの方は多いと思いますが、この右側、大石段のそばにはもともと樹齢1000年と言われる大銀杏が植わっておりました。

しかし、平成22(2010)年3月の強風により倒れてしまいました。

僕はその直後の8月にここを訪れており、その時この話を知ったのですが、とてもショックでした。

子供のころ父に連れられてこの大銀杏のエピソードを聞かされたのを覚えています。

鎌倉2代将軍左金吾(さきんご)源頼家の次男・公暁(くぎょう)は、左金吾の弟で自らの叔父である3代将軍右府源実朝を暗殺しました。

その際、右府が近づくのを待つのに隠れていた場所とされています。

この話、史実としてまことしやかに伝えられているのですが、史料に見られるようになったのは江戸時代に入ってからだそうです。
同時代史料には存在しないエピソードだということが指摘されています。

そもそもが、樹齢1000年の大銀杏は鎌倉時代当時は幼木だったのでは?という指摘もあります笑
(平成22年に倒れた木が2代目だという説もありますが)

まぁ、実際に公暁が隠れていたかどうかは定かではないのですが、実際にこの辺りを左金吾頼家や右府実朝、前回ご紹介した和田左衛門や右大将頼朝などの『吾妻鏡』の英雄たちが通っていたと考えると、一層感慨深いですね。

<応神天皇、神功皇后などを祀った本宮>


鶴岡八幡宮 大石段
大銀杏の右側にあるのは本宮に向かう「大石段」。
この大石段がいつからあるのかは定かではありませんが、この辺りを上記のような『吾妻鏡』の英雄たちが通ったと思うと同様に感慨深いです。

鶴岡八幡宮 本宮
そして肝心の本宮です。

八幡様なので当たりまえなのですが、応神天皇、神功皇后、比売神を祀っています。

内部には我ら紀一族の祖である武内宿禰(たけのうちのすくね)の像がありますが、今回は武内宿禰ではなく、主神である応神天皇について説明したいと思います。

応神天皇は諱を誉田別尊(ほむたわけのみこと)(『日本書紀』より)と言いまして、神話の時代に活躍した天皇です。

そのため、実在性についての議論があるのですが、現在では、4世紀後半から5世紀初めごろにかけて実在した可能性が高いとされています。

第14代仲哀天皇の第4皇子で、母は神功皇后(応神天皇と同様に八幡宮のご祭神ですね)。
かの有名な日本武尊(やまとたけるのみこと)の孫にあたります。

神功皇后は神託を受け、三韓(朝鮮半島にあった「韓」のつく3つの国)を征伐せよと言われたそうです。

仲哀天皇の生前は彼の反対で実現しなかったそうですが、仲哀天皇の死後に皇后は摂政となり、三韓征伐を実現しました。

その時すでに子を身ごもっていたと言われ、征伐から帰朝した直後に生まれた子供が誉田別尊、つまり応神天皇だったのです。

事績としては蝦夷や海人(どの方面の人々か不明)を平定し、多くの渡来人を迎えています。
中でも王仁によってもたらされた『論語』によって儒教が、『千字文』によって漢字が伝わったとされています。

学問的にも文化的にもターニングポイントとなった出来事のときの天皇です。
(仏教が伝わったのは6世紀でして、実は儒教の方が古くから日本にあるんですよ)

崩御後、皇統(=天皇の血筋)は仁徳天皇系と継体天皇系に分かれましたが、その二流の共通の祖ということで神格化され「八幡神(はちまんしん、やはたのかみ)」という名前をおくられました。

豊後国(大分県)の宇佐に祀られたのが始まりです。
(宇佐八幡宮)

その後、京都の男山に勧請されて岩清水八幡宮が生まれました。
(わが一族が長く社務を務めていたところです!)

それをさらに鎮守府将軍源頼義が相模国由比郷に勧請して、今回の鶴岡八幡宮が誕生しました。

八幡神は武門の神様としてあがめられていますが、応神天皇ご本人は特に武勇を鳴らしたわけではないようです。

母の神功皇后の三韓征伐と、宇佐八幡宮に祀られた後、神の身でありながら自ら隼人征討に赴いたというエピソード、そして上記鎮守府将軍頼義をはじめとする源氏の氏神とされたことから、武門の神様として大切にされるようになったようです。

こんなエピソードを思い浮かべながら八幡様詣でをすると、また感慨が違ってくるかもしれません。

まだまだ説明したいことはたくさんありますが、今回は以上にしておきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もぜひご覧ください。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・征夷大将軍 左衛門督(左金吾。通称不明) 源 朝臣 頼家
・征夷大将軍 右大臣(通称不明) 源 朝臣 実朝
・和田 左衛門尉(通称は小太郎) 平 朝臣 義盛
・征夷大将軍 右近衛大将(右大将。通称は三郎) 源 朝臣 頼朝
・鎮守府将軍(通称不明) 源 朝臣 頼義
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

↓鶴岡八幡宮についてもっと知りたい!という方は下記リンクから情報収集してみてください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
大分生まれ、貧乏育ち
春夏秋冬
ちくブロ

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ビジネスに活かす戦国合戦術(18)長篠の合戦」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
The Beautiful / Sosuke Washiya









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(レジャー)の記事画像
鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(1)
原点回帰したい人のためのおしゃれ団子(3年前の小町通(3))
3年前の小町通り(2)
3年前の小町通り(1)
ディズニーランドへ行った
下北沢
同じカテゴリー(レジャー)の記事
 鶴岡八幡宮の楽しさは〇〇である!(1) (2020-02-14 22:00)
 原点回帰したい人のためのおしゃれ団子(3年前の小町通(3)) (2019-11-26 22:00)
 3年前の小町通り(2) (2019-09-07 22:00)
 3年前の小町通り(1) (2019-06-19 22:00)
 ディズニーランドへ行った (2019-03-27 20:00)
 下北沢 (2009-11-07 19:04)

Posted by Sosuke Washiya at 21:00│Comments(0)レジャー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。