さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2016年06月01日

鎌倉ですごい神社を見つけた!(甘縄神明神社)

甘縄神明神社

この間の連休で鎌倉に行ってきました。
僕は歴史が好きなので、神社仏閣、城郭が好きなのですが、近年の歴史ブーム的な風潮がとてもつまらないんですよ。

「パワースポット」についての考え方も、一考すべきだと思っています。
どうも、その土地のPR担当者が「ここをパワースポット」として売り出そう!って決めただけのところが多いような気がするのですが、そういう場所は自分の感覚で見つけるものだと思います。

僕はもともと神社が好きなので、神社仏閣ブーム?も複雑な気持ちです。
ブームになれば神社は繁盛するのでいいのですが、「ご朱印帳」コレクションについても、実際に信仰があったり、その神社仏閣に対する畏敬の念があればいいのですが、「ご朱印帳」を埋めることが主目的になってしまうのはよくないと思います。

さらに、普段から信仰もないのに神社にいったときだけ願い事をするってのもおかしな話だと思っています

そして、鎌倉について。
長谷寺の俗世にまみれた感じに心がダメージを受けてしまいまして(笑)、そうやって、打ちひしがれた状態で、時間が余って行ったのが「甘縄神明神社」。

詳細は下記リンクで読んでいただきたいのですが、鎌倉幕府の御家人安達(足立)家の屋敷あとで、天照大神が祀られています。

僕の家は天照系の家なので、特に「神明」や「天祖」などのつく神社は特に大切にしているのですが、この神社のメインはそこではなかったのです。

社殿の前に五社明神、社殿の右上に秋葉社があり、そこにお参りしたときに右側に朽ちた鳥居が見え、その先に獣道のような坂道がありました。
不気味だったので初めは登るのをためらいましたが、掃除をされていた方にきくと、実はここにはもともとお稲荷様が祀られていたのですが、天照大神をお祀りするときに、お稲荷様をその朽ちた鳥居の奥に移したとのことでした。

もともとメインで祀られていた方が上にいらっしゃると聞けば、登らないわけにはいかない。

すぐ右側が崖になっている斜面を登り、お稲荷様をお参りしてきました。

祠を見た瞬間、戦慄しました。
こんなところにいらっしゃった!
という感動がありました。

あまりに畏れ多いので、お稲荷様の写真は撮っていません。

鎌倉に行ってよかったです。

そして、ご紹介はしたものの、あそこのお稲荷様はひっそりと鎮座されているのがいいので、あまり人気が出ないでほしいです 笑

参考
鎌倉手帳(寺社散策)
旅する鎌倉
横浜ときどき旅
風に吹かれて鎌倉見聞_2016

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「『勇者の剣』、買えます!」。

//
今期イチオシ自作曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ
雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法
新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし
石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー
天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる?
権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方
同じカテゴリー(趣味)の記事
 第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ (2020-09-17 20:00)
 雑賀・根来合戦から学ぶ―つまらない職場を楽しくする方法 (2020-09-13 20:00)
 新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし (2020-09-01 20:00)
 石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー (2020-08-28 20:00)
 天正伊賀の乱から学ぶ―リーダーがいないと組織はどうなる? (2020-08-12 20:00)
 権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方 (2020-07-31 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:05│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。