さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年08月14日

生涯未婚率の向こう側にある根本的な問題

ウェディング
photo by フリー素材屋Hoshino


皆さんこんばんは。
今回は記事「生涯結婚しない『子ども部屋おじさん』が急増」を読んでの所感です。

男性の生涯未婚率が増加していることについて、あれこれ原因分析をしている記事です。

僕としては、別に他人が結婚するとかしないとかは本人の考え方次第なので干渉する気はないんです。

ただ、この数値は別の問題を含んでいるような気がしてなりません。


まずは、「生涯未婚」の人の中に、本当に「結婚したくない(しなくていい)」という選択を能動的にした人たちがどれくらいいるのかということ。
結婚したくてもできなかった人はどれくらいいるのかということ。

あくまで自分の感覚でしか想像できませんが、大半は「結婚したくてもできなかった人たち」な気がします。

仮に上記の人たちが多かったとして(この時点で、この記事は科学的であることを放棄しています笑)、その中には本当にどうしようもない理由で結婚できなかった人は多少はいると思います。

問題はそれ以外の人たちなんですね。
「結婚したいし、どうしても結婚できない理由もないのにしなかった(できなかった)人たち」ですね。

人って、本気で何かやろうと思ったら大抵できるものです。
どうしようもないハンデがあってどんなに頑張ってもできない場合もあるかもしれませんが、たいていの人ってそんなに致命的に結婚できないほどのハンデってないと思うんです。

じゃあ、なんで結婚できなかったのかといえば、「失敗を恐れる気持ち」があったからなのではないかと思います。

失敗が怖いのはわかります。
自己嫌悪に陥るし、失敗によって精神的なダメージだけでなく物理的にも何か失うかもしれません。

しかし、人生を決定づけるような大きな失敗ってほとんど起きません。
ことに結婚に至る過程となる恋愛において、振られたからって今までの人生が壊れるなんてことないと思うんですよ。
(夢見ていた未来が壊れることはあるかもしれませんが、「今」もってないものが壊れてもダメージはありません。手に入るはずのものが手に入らない場合、それを損失として計上するのは経理だけにしてください笑)

振られたからどうだっていうんですか?

一人だって人生楽しめてるじゃないですか。
(楽しめてない人はマジで結婚しにかかるので、たいていはたぶんもう結婚してます)

じゃあ、なんで振られることを恐れるんですか?

失敗を恐れて経験を積まないことによって、ますます差がついていくんです。
恋愛をうまくやっている連中は、失敗によって学んでどんどん経験を積んでいるために女性にモテるんですよ。

失敗を恐れて経験を積まないで歳ばっかりとっていくことの方が、失敗そのものよりよっぽど恐ろしいです。

というわけで、結婚したいと思っている人は今すぐ行動して撃沈してきてください笑

撃沈を経験した分男は上がりますから笑
(そもそも、それほど女性を好きになれない人については今回は考慮していません笑)

以上です!

※画像はイメージです。



参考
岡崎・蒲郡・豊橋の成婚カウンセラーブログ
『婚活 with you 東京』Fridayブログ

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『いだてん』第28回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 5 / nobi & hagecin










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
社会人はリクルートスーツを着てはいけないとか意味不明
睡眠不足の恐怖
仕事はすべてまともにやろうとすると絶対に終わらない
日本人男性は実は無意識下でまだまだ女性を見下している
世界史に影響を及ぼした人物たち
勤務中にたばこを吸いに行くとか行かないとかどうでもいい
同じカテゴリー(ネット)の記事
 社会人はリクルートスーツを着てはいけないとか意味不明 (2019-10-17 22:00)
 睡眠不足の恐怖 (2019-10-01 22:00)
 仕事はすべてまともにやろうとすると絶対に終わらない (2019-09-15 22:00)
 日本人男性は実は無意識下でまだまだ女性を見下している (2019-08-30 22:00)
 世界史に影響を及ぼした人物たち (2019-07-29 22:00)
 勤務中にたばこを吸いに行くとか行かないとかどうでもいい (2019-07-13 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。