さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年10月14日

『西郷どん』、面白くはある(第35~36回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第35~36回の感想です。

まずはあらすじ。
大政奉還の成功により、振り上げた拳のやり場をなくす西郷吉之助(鈴木亮平)。坂本龍馬(小栗旬)の無血改革路線とは一線を画す吉之助は、藩士に命じて江戸の商家の焼き討ちを命じる。一方で、新体制を樹立するために吉之助と大久保一蔵(瑛太)は小御所会議を開催するが、山内容堂(大鷹明良)らは徳川慶喜(松田翔太)は参加すべしとの主張を譲らず、会議は膠着状態となる。そこで吉之助は、一蔵と会話するという形で容堂を脅すことにより、慶喜の排除に成功する。

ついに幕府と新政府軍の武力衝突が始まり、鳥羽・伏見の地で幕府軍と相見えた薩摩軍は幕府軍の数に苦戦する。しかし、岩倉具視・大久保一蔵の手により届けられた「錦の御旗」により、形勢が逆転する。その間、慶喜は江戸に逃亡しており、そこで、勝安房守(遠藤憲一)に真意を伝える。駿府に進軍していた吉之助は、山岡鉄太郎(藤本 隆宏)の熱意により、安房守との会見を承諾する。

ということで、


第35回は「戦の鬼」。
近江屋事件の描写、よかったですね。鬼気迫る龍馬と中岡慎太郎(山口翔悟)の最期(慎太郎はこのときには死んでいませんが)、すばらしかったです。

ただ残念だったのが、吉之助の夢にうなされる慶喜を起こすふき(高梨臨)が「慶喜様!」と呼んでいたこと。
何度も言いますが(参考:「武家や公家の名前について」)、武士の諱を目下の人が口にすることはありません。

そして、御所にて岩倉具視(笑福亭鶴瓶)に話しかけた公家の下品なこと下品なこと。
勘弁してほしい。

ただ、全体的には面白かったと思います。

第36回は「慶喜の首」。
悪くなかったです。
西郷信吾(錦戸亮)負傷の描写とか(お虎さん(近藤春菜)は余計でしたが、史実にモデルとなった女性はいたようです)、錦の御旗の登場とか。

ただ、勝海舟との会談前に吉之助が天障院に会いに単身で江戸城に入るのは考えにくいなと思いました。
(史実はどうなんでしょうね?)

まぁ、多少の文句はありますが、まだ面白いと思って見ています!

※写真はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・西郷 吉之助(吉之介) 藤原 隆永(隆盛)
・坂本 龍馬 紀 直陰(直柔)
・大久保 一蔵 藤原 利済(のち利通)
・山内 土佐守(字不明) 藤原 朝臣 豊信(号は容堂)
・徳川(一橋) 参議(字不明) 源 朝臣 慶喜
・岩倉 (官職・字不明) 源 朝臣 具視
・勝 安房守(字は麟太郎) (氏不明) 朝臣 義邦(号は海舟)
・山岡 鉄太郎 (氏不明) 高歩(号は鉄舟)
・中岡 慎太郎 藤原 道正
・西郷 信吾 藤原 隆道(従道)



参考
第35回
真田のよもやま話
雑記帳
坂の上のサインボード
第36回
みはいる・BのB
雑記帳
真田のよもやま話

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「天ぷらなべが届いた」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Silence / Stoning Crows


無料体験授業

マンツーマン英会話【GABA】




書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回)
『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回)
『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回)
『西郷どん』、岩倉具視が残念(第26~30回)
『西郷どん』、寺田屋の描写はよかったが…(第21~25回)
『西郷どん』、奄美編、面白いじゃないか!(第18~20回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回) (2018-10-30 19:00)
 『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回) (2018-09-28 19:00)
 『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回) (2018-09-12 19:00)
 『西郷どん』、岩倉具視が残念(第26~30回) (2018-08-27 19:00)
 『西郷どん』、寺田屋の描写はよかったが…(第21~25回) (2018-08-11 19:00)
 『西郷どん』、奄美編、面白いじゃないか!(第18~20回) (2018-07-26 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。