さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年08月11日

『西郷どん』、寺田屋の描写はよかったが…(第21~25回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第21~25回の感想です。

まずはあらすじ。

愛加那(二階堂ふみ)との間に男児をもうけ、島の生活に馴染んでいた西郷吉之助(鈴木亮平)。しかし、親友大久保正助改め一蔵(瑛太)の尽力により、薩摩に戻ることが許された。吉之助にとってもはや薩摩に戻ることは不本意であったが、一蔵の願いと、愛加那や龍佐民(柄本明)らの言葉によって、ついに薩摩に戻る決意をした。

薩摩に戻って国父である島津久光(青木崇高)に謁見した吉之助は、久光には斉彬のような器はない、と断言してしまう。吉之助は京都出兵に反対するが、斥候として下関に行くことになってしまう。一方で、吉之助の生還を祝う精忠組の面々だが、その場に駆けつけた有馬新七(増田修一朗)ら過激派の一党の説得はできず、有馬らは脱藩してしまう。下関に着いた吉之助は、京で新七らが暗躍していること、弟の信吾(錦戸亮)が新七らと行動をともにしていることを聞き、国父久光の命令を無視して京に向かってしまう。

京に到着し、有馬新七らを説得した吉之助は、久光が激怒しており切腹の命が下っていることを聞く。有馬派と精忠組が仲直りしたことで弟信吾も連れて鰻取りに行った帰りに、吉之助は捕縛されてしまう。一方、吉之助が薩摩に護送された数週間後、朝廷より京の浪人鎮撫の命を受けた久光の命を受けた大山格之介(北村有起哉)らと、それに反発した有馬新七らとの間に悲劇が起きてしまう。世に言う寺田屋事件であった。

久光の命を無視した罪で遠島を申し渡された吉之助だが、到着した徳之島は奄美大島の近くの島であった。愛妻愛加那や息子菊次郎と再会し、大島を去ってから誕生した娘菊草とも会い、団欒の日々を過ごす吉之助であったが、すぐに沖永良部島への移動を命じられる。そこで待っていたのは野ざらしの刑という重い刑であったが、島役人土持政照(斎藤嘉樹)や流人川口雪蓬(石橋蓮司)の助けにより一命を取り留めた。

土持政照らの尽力によって、野ざらしではなく室内の牢に入れられることになった吉之助は、島の子供たちに学問を教えるようになっていた。一方、江戸に滞在していた久光の一行は、薩摩への帰途、大名行列を横切ろうとした英国人を斬り捨ててしまった。世に言う「生麦事件」であった。この報復としてイギリスは薩摩を攻めるが戦いはたったの2日で終わってしまった。そして、吉之助には薩摩への帰還命令が下った。

ということで、




第21回は「別れの唄」。
お別れの名残惜しさ、すごくよかったですね。
二階堂ふみ氏の名演技が心にしみました。ここ数年の大河ドラマの中でも有数の名シーンだったと思います。

ただまぁ、下記「ドラマ@見とり八段」さんもおっしゃっているようにこのドラマで西郷は「西郷吉之助は薩摩の宝でごわす」と言われるほどの活躍をしていないという難点もありました 笑

あれだけしか活躍してないのに「宝」と言われるほどか?
という主人公補正を感じつつも、次の話にいきましょう 笑

第22回は「偉大な兄 地ごろな弟」。
島津久光役の青木氏、いいですね。
あれだけ志があり、立派な兄の遺志を継ごうとして必死で頑張っているのに「器がない」ということで批判されてしまうのがとてもかわいそうです。

そして、そんな雰囲気を見事に演じている青木崇高氏がすばらしい!

また、寺田屋での吉之助と有馬新七のやり取りも緊張感があってよかったですね!
しかし、吉之助がヒーローになりすぎ 笑

あと、錦戸亮氏。まだまだ演技はうまくないのだけど、「役者でやっていこう」という気合が感じられてよかったです!

第23回は「寺田屋騒動」。
鰻取りのエピソードは、あり得ないにしてもつい感動してしまいましたね。
自分も単純だなと思いました 笑

そして、そのあとの凄絶な寺田屋事件。
あんなに迫力のある描写は近年まれに見る名シーンだったと思います。
最初の、刀トン!で血が吹き出るのはリアルでしたね(本物見たことありませんが)

刀って要するに大きな包丁ですから。

そのあとの、NHK放送コードギリギリを狙ったかのような血みどろの殺し合いのシーンと、緊迫した有馬の増田修一朗氏の最期、そして必死に戦いを止めた大山の北村有起哉氏の演技が最高でした。

ただ、その場にいたと思われる大山巌と三島通庸が登場しなかったのはちょっと残念。
(その場にはいなかったのか?とりあえず、このときに二人ともつかまっている)

第24回は「地の果てにて」。
ドラマ全体としてはよかったと思うのですが、まず、一橋慶喜(松田翔太)が久光をいじめ過ぎ。
上にも書きましたが、器は小さかったかもしれないが久光は決して悪いことをしたわけではないし、偉大な兄の遺志を一生懸命継ごうとしているのにあれはかわいそう 笑

まぁ、のちの伏線とかで必要な場面だったのかもしれませんが。
それに、慶喜が「牛男を連れて来い!」というのは若干主人公補正かかりすぎのセリフだと感じました。

そして、何よりも気持ち悪かったのは川口雪蓬の吉之助への口移し。
ボーイズラブ要素はやめてくれ!ほんとにやめてくれ!
このドラマで唯一嫌な気持ちになる要素です。

第25回は「生かされた命」。
やはり、薩英戦争そのものの描写がまったくなかったのが不満でしたね。吉之助が直接関わっていなかったとはいえ、鹿児島県一県がイギリス一国を撃退した事件ですからね。薩摩人の気合いの凄まじいこと。

あとは、ちょっとしか出ませんでしたが、やはり二階堂ふみ氏の愛加那はよかったですね。
ほっとします。

というわけで、いろいろ文句はありながらもとても面白く見ています!
ようやく半年分終わりましたが、後半戦も楽しみにしています!

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・西郷 吉之助(吉之介) 藤原 隆永(隆盛)
・大久保 一蔵 藤原 利済(のち利通)
・龍 (字不明) 源 佐民(奄美大島の一族なので、本来、本土の名称表記には当てはまらない)
・島津 左近衛権少将(字は三郎) 惟宗(源) 朝臣 久光
・有馬 新七 (氏不明) 正義
・西郷 信吾 藤原 隆道(従道)
・大山 格之介 源 綱良
・土持 (字不明) 田部 政照
・川口 俊作 (氏不明) (諱不明)(雪蓬)
・大山 弥助 源 巌
・三島 弥兵衛 (氏不明) 通庸

※写真はイメージです。

参考
第21回
雑記帳
ブログ 敬天愛人
ドラマ@見とり八段
第22回
雑記帳
真田のよもやま話
坂の上のサインボード
第23回
真田のよもやま話
ドラマ@見とり八段
坂の上のサインボード
第24回
雑記帳
真田のよもやま話
坂の上のサインボード
第25回
雑記帳
真田のよもやま話
坂の上のサインボード

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「スパークリキッド(靴用クリーム)」について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
again / Stoning Crows


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『西郷どん』、大久保利通の悪役っぷりがいい!(第42回)
『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回)
『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回)
『西郷どん』、面白くはある(第35~36回)
『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回)
『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『西郷どん』、大久保利通の悪役っぷりがいい!(第42回) (2018-12-01 20:00)
 『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回) (2018-11-15 19:00)
 『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回) (2018-10-30 19:00)
 『西郷どん』、面白くはある(第35~36回) (2018-10-14 19:00)
 『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回) (2018-09-28 19:00)
 『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回) (2018-09-12 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。