さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年12月01日

『西郷どん』、大久保利通の悪役っぷりがいい!(第42回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第42回の感想です。

まずはあらすじ。
大久保利通(瑛太)らの外遊が長引いたことによって、政治を動かさざるを得なくなった西郷隆盛(鈴木亮平)。次々と改革を始めるが、一足早く帰国した利通は留守政府の面々を政権から排除することを隆盛に提案する。隆盛はそれに断固反対し、利通は留守政府内で内定していた隆盛の朝鮮派遣に反対するのであった。

ということで、


第42回は「両雄激突」。
利通の悪役っぷりがよかったですね。
ドラマとしては最高です。すごく面白いですよ。
やはり、こんな風にわかりやすい悪役がいるといいですね(単純ですみません 笑)

ただ、実際の大久保利通があんなに嫌なやつだと思われてしまう恐れがあるのはちょっと残念です。

大久保卿が紀尾井坂で亡くなったとき、大久保家に遺されたのは豪邸や豪華な家具だけではなく、莫大な借金があったといいます。
利通は、個人で借金をすることによって明治新政府の財政難を補っていたわけです。
(だからといって嫌なやつではないということにはなりませんが)

こんなことやれる政治家、今の国会にいますか?
(子孫はいますがね 笑)

個人的に大久保利通はあまり好きではないのですが、彼の功績については大いに尊敬しています。

ドラマとしては面白くなってきてますよ!

※写真はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・大久保 一蔵(正助) 藤原 利通(利済)
・西郷 吉之助(吉之介) 藤原 隆盛(隆永)



参考
雑記帳
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
みはいる・BのB

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ポータブルレコードプレイヤー」をもらった。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Silence / Stoning Crows










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『西郷どん』、嵐の前の静けさですね(第43~44回)
『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回)
『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回)
『西郷どん』、面白くはある(第35~36回)
『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回)
『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『西郷どん』、嵐の前の静けさですね(第43~44回) (2018-12-17 20:00)
 『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回) (2018-11-15 19:00)
 『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回) (2018-10-30 19:00)
 『西郷どん』、面白くはある(第35~36回) (2018-10-14 19:00)
 『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回) (2018-09-28 19:00)
 『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回) (2018-09-12 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。