さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年11月15日

『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第39~41回の感想です。

まずはあらすじ。
明治時代になって東京を退き、薩摩改め鹿児島に戻った西郷隆盛(鈴木亮平)。政府のことは大久保利通(瑛太)に任せ、東京に出仕するつもりはなかったが、横山安武(笠松将)の諫死と弟従道(錦戸亮)の勧誘、そして息子菊次郎(城桧吏)の言葉により東京行きに傾いていく。

利通は廃藩置県を進めるため、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)とともに勅旨として鹿児島を訪れた。廃藩置県を進めるために国父島津久光(青木崇高)に力を貸してくれるよう説得するが失敗する。隆盛は利通の政策に賛同し、雄藩の旧藩士を集めて御親兵を作る提案をし、上京することになった。東京にて新政府の会議に参加した隆盛は一枚岩ではない政府の様子を見て、複雑な思いを抱く。

隆盛が上京したあと、岩倉や利通らは政治制度を学ぶために欧米に行くこととなった。隆盛はその間の留守を任されるが、長州出身の陸軍大輔山県有朋の不正が発覚し、窮地に立たされる。そんななか、天皇陛下の行幸を企画し、鹿児島に帰ることになる。そこで久光に呼び出され、意外なことに叱咤され、感激する隆盛であった。

ということで、


第39回は「父、西郷隆盛」。
まぁ、ドラマとしてはよかったと思います。
しかし下の「敬天愛人」さんを読むと、横山安武と西郷隆盛の関係性がうまく描かれていなかったようですね。
まぁいいか 笑

で、僕が気になったのはやはり「名前」ですね。
僕は常々言っているのですが、一般的に幕末~明治にかけての人物の改名の認識は間違っています。
一般的な認識は

・西郷吉之助→西郷隆盛
・大久保一蔵→大久保利通
・桂小五郎→木戸孝允
・西郷信吾→西郷従道

なのだと思いますが、実際は

・西郷 吉之助 藤原 隆永→西郷 吉之助 藤原 隆盛
・大久保 一蔵 藤原 利済→大久保 一蔵 藤原 利通
・桂 小五郎 大江 孝允→木戸 小五郎 大江 孝允
・西郷 信吾 藤原 隆道→西郷 信吾 藤原 従道

です。

明治の法令で戸籍上の名前は「苗字ひとつ、名前ひとつ」と決められ、上記のような通称を名乗ることは禁止されてしまったのでおおっぴらには名乗っていなかったようですが、大久保一蔵は変わらず大久保一蔵ですし、西郷吉之助は変わらず西郷吉之助です。

そもそも、現代は下記「武家や公家の名前について」に書いたような通称の伝統をほとんどの人が覚えていなくて、さらに戸籍名=本名という認識ですから無理もないのですが、武家や公家の本名は上記形式のものです。戸籍名と本名は違うんですね。

第40回は「波乱の新政府」。
ドラマとしては今回も悪くなかったと思います。
ただ、廃藩置県の会議で利通の主張についていけない土佐肥前の面々が政府を去ろうとしたとき、隆盛の説得で翻意したのはよくわかりませんでした 笑

よくあの説得でとどまるなって 笑

ここは主人公補正強すぎですね。

第41回は「新しき国へ」。
この回も、山県有朋の山城屋事件が本当は天皇行幸のあとであるがドラマでは逆になっていた、という脚色があって不満ですが、それでも久光の「やり抜け!」はよかったです。

急激に久光がいい人キャラになって疑問を抱きましたが、やはり僕は単純なのか、今まで対立していた人と分かり合えるというシチュエーションに弱いですね 笑

という感じで、今までどおり文句はありつつも割りと楽しんでします 笑

※写真はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・西郷 吉之助(吉之介) 藤原 隆盛(隆永)
・大久保 一蔵(正助) 藤原 利通(利済)
・横山 正太郎 (氏不明) 安武
・西郷 信吾 藤原 隆道(従道)
・西郷 菊次郎 藤原 (諱不明)
・岩倉 (官職・字不明) 源 朝臣 具視
・島津 左近衛権少将(字は三郎) 惟宗(源) 朝臣 久光
・山県 小輔(狂介) 源 有朋
・木戸 小五郎 大江 孝允



参考
雑記帳
ブログ 敬天愛人
真田のよもやま話
第40回
ブログ 敬天愛人
真田のよもやま話
雑記帳
第41回
雑記帳
ドラマ@見とり八段
真田のよもやま話

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ブルーレイディスクレコーダーを買った(SHARP BD-NW2100)」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Silence / Stoning Crows










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『西郷どん』、嵐の前の静けさですね(第43~44回)
『西郷どん』、大久保利通の悪役っぷりがいい!(第42回)
『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回)
『西郷どん』、面白くはある(第35~36回)
『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回)
『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『西郷どん』、嵐の前の静けさですね(第43~44回) (2018-12-17 20:00)
 『西郷どん』、大久保利通の悪役っぷりがいい!(第42回) (2018-12-01 20:00)
 『西郷どん』、感動のシーンにノーヒットノーランのテロップはおかしいだろ(第37~38回) (2018-10-30 19:00)
 『西郷どん』、面白くはある(第35~36回) (2018-10-14 19:00)
 『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回) (2018-09-28 19:00)
 『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回) (2018-09-12 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。