さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2018年12月17日

『西郷どん』、嵐の前の静けさですね(第43~44回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第43~44回の感想です。

まずはあらすじ。
帰朝後、大久保利通(瑛太)と岩倉具視(笑福亭鶴瓶)はかたくなに西郷隆盛(鈴木亮平)の朝鮮派遣を反対するが、決定事項として退けられてしまう。そんな中、太政大臣三条実美(野村万蔵)が心労で倒れる。利通はそれを好機とし、岩倉を太政大臣代理とすることで天皇に、隆盛の朝鮮派遣中止を奏上。その報を受け、隆盛ら留守政府の面々は政府を去っていくのであった。

鹿児島に戻った隆盛は静かな隠遁生活を送るが、隆盛を追って桐野利秋(大野拓朗)らが政府の役職をやめて鹿児島に戻ってきてしまう。一方、佐賀ではかつての同僚江藤新平(迫田孝也)が政府への反乱を起こし、鎮圧されてさらし首にされてしまう。隆盛は鹿児島内での政府への反乱分子の沈静化に苦慮し、「私学校」を作ることにより、その不満のエネルギーの矛先をそらすことにした。

ということで、


第43回は「さらば、東京」。
いやぁ、大久保利通の悪役っぷりはいいですね!
言わずもがな、それを支える瑛太氏の演技はすばらしい!素行はどうであれ、すばらしい役者さんだと思います。
(それと比べると、やはり笑福亭鶴瓶氏の演技の下手さが際立ってしまいますが)

しかしまぁ、疑問点を挙げればキリがありません。
前回も書いたように大久保が極悪すぎて本人や子孫がかわいそうなのと、木戸孝允の豹変振りですね。
突如、「隆盛を理解しているキャラ」に変貌していてびっくり 笑

まぁ、詳しい苦情は下記ブログさんをご覧ください 笑

第44回は「士族たちの動乱」。
悪くなかったです。それどころか、相変わらず大久保の悪役っぷりはいいし、暴発しそうでちょっとしない、ちょっと大人になった桐野利秋もいいですし、県内を治めるのに苦悩する大山綱良(北村有起哉)も最高でした。

しかしまぁ、強いて難癖をつけるのであれば、下記「敬天愛人」さんがおっしゃっているようなことですかね。
隆盛がいい人過ぎるってことですね。

まぁそれは主人公補正ということで。

次回も楽しみにしています!
(ちなみに、何度もいっていますが西郷信吾は「信吾」から「従道」に改名したのではなく「信吾隆道」から「信吾従道」に改名しただけです。信吾は信吾です)

※写真はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・大久保 一蔵(正助) 藤原 利通(利済)
・岩倉 (官職・字不明) 源 朝臣 具視
・西郷 吉之助(吉之介) 藤原 隆盛(隆永)
・三条 太政大臣(幼名は福麿) 藤原 朝臣 実美
・桐野(中村) 信作(半次郎) 坂上 利秋
・江藤 新平 平 胤雄(胤風)
・木戸 小五郎 大江 孝允
・大山 格之助 源 綱良
・西郷 信吾 藤原 従道(隆道)



参考
第43回
雑記帳
みはいる・BのB
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
第44回
雑記帳
ブログ 敬天愛人
みはいる・BのB

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「折りたたみ傘を買った」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
HPA / Stoning Crows










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『いだてん』、やきもきする(第18~20回)
『いだてん』第16~17回
『いだてん』、めでたい(第14~15回)
『いだてん』、小休止(第12~13回)
『いだてん』、さらに感動した(第9~11回)
『いだてん』、感動した(第7~8回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『いだてん』、やきもきする(第18~20回) (2019-06-15 22:00)
 『いだてん』第16~17回 (2019-05-30 22:00)
 『いだてん』、めでたい(第14~15回) (2019-05-10 22:00)
 『いだてん』、小休止(第12~13回) (2019-04-24 20:00)
 『いだてん』、さらに感動した(第9~11回) (2019-04-08 20:00)
 『いだてん』、感動した(第7~8回) (2019-03-23 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。