さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年05月19日

『西郷どん』、まだ面白い!(第6~10回)




皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第6~10回の感想です。

まずはあらすじ。

新藩主島津斉彬(渡辺謙)主催の御前相撲で斉彬を投げ飛ばした西郷吉之助(鈴木亮平)は牢に入れられてしまう。そこで出会ったのは謎の言葉を話す男(劇団ひとり)。牢役人に暗殺されそうになった彼を負ぶって帰宅した吉之助は、何とか彼と会話しようと試みる。結果、警戒心を解くことに成功し、その男はアメリカから帰ってきたジョン・マン(ジョン万次郎、のちの中浜万次郎)だと判明。一方、吉之助に思いを告げた糸(黒木華)だったが、結局親の決めた相手である海老原重勝(蕨野友也)に輿入れすることになる。

吉之助は、御前相撲で吉之助を見初めた伊集院直五郎(北見敏之)の娘須賀(橋本愛)を娶ることとなった。一生懸命西郷家に馴染もうとする須賀だが、西郷家では吉之助の祖父龍右衛門(大村崑)に続いて父の吉兵衛(風間杜夫)も亡くなり、母満佐(松坂慶子)も病で亡くなる。一方、斉彬に続いて江戸へ行くことが決まった大山格之助(北村有起哉)と有村俊斎(高橋光臣)は歓喜しながら江戸に旅立っていった。

斉彬や篤姫(北川景子)により江戸に行くよう声をかけられた吉之助だが、金策ができずに断念することを考えていた。しかし、大久保正助(瑛太)や家族の協力により金策に成功し、江戸に行くことを決心した。一方で、妻の須賀は父直五郎を伴い、離縁を申し出る。自分を解き放つために離縁だと理解した吉之助は、周りの人たちの温かな支援を胸に江戸へ旅立っていくのであった。

江戸に着いて大山格之助、有村俊斎と再会した吉之助。格之助や俊斎に伴われて、気が進まないまま遊郭を訪れた吉之助だが、そこでなんとかつて人売りに連れて行かれたフキ(高梨臨)と再会することになった。そこで謎の絵師「ヒー様」(松田翔太)に出会うが、ヒー様はなんと御三家水戸斉昭公(伊武雅刀)の子息一橋慶喜であることが判明した。

斉彬の命で「ヒー様」と一橋慶喜が同一人物であることを確かめに磯田屋へ入る吉之助。そこで遊女の一人が倒れ、医者らしき人物(風間俊介)が介抱をする。その後失踪した篤姫を見つけ出し、心を開き合い、連れ戻した吉之助だが、寄宿舎に帰ると先日の医者が自分を待っていた。福井藩医の橋本左内との邂逅であった。

というわけで、


第6回は「謎の漂流者」。
『真田丸』や『おんな城主直虎』ほど面白くなくはなかったのですが、比較的なくてもいいなと思う回でしたね。

割と好意的に拝見してはいるのですが、それでも西郷と万次郎の出会い方が不自然過ぎる。
無理やり過ぎる。
もっと自然な出会い方は作れなかったのか?

そして、西郷、大久保、糸をめぐる恋愛模様も比較的どうでもよかった。
が、『真田丸』のように奇をてらいすぎでもなかったし、『直虎』のように気持ち悪くもなかったので許せる範囲ではあると思いましたが、まぁ、いらないかな。と思いました。

第7回は「背中の母」。
ドラマとしては特に文句もなく、面白く拝見させていただきました(西郷家の人が亡くなっているのに「面白く」というのも語弊がありますが)。

ただ、ドラマに対してではなく世間に対して言いたいのが「伊集院」という苗字について。
某恋愛シミュレーションゲームの影響なのか何なのか、「伊集院」というと公家とか貴族(日本に「貴族」はいません)とかの大金持ちのイメージが定着しているようなのですが、本当の伊集院は島津氏族で、薩摩の土豪ですからね。

線の細い金持ちとはかけ離れたイメージの薩摩隼人です。
武勇の家というよりは政治や計略に優れていた人物が多いようですが、華麗なる一族ではなく、ただの薩摩の田舎武士ですから、誤解なきように!笑
(「伊集院」という家名の公家はいません。荘園の中には「~院」という名前の荘園があって、薩摩には「~院」という地名が多いようです)

第8回は「不吉な嫁」。
この回も特に文句はないです。
故に、書くことがあまりありません。

吉之助の嫁の須賀はドラマ的に憎まれ役をやっていましたが、あっさりとした退場はうまかったと思います。
ドラマを展開する上でどうしても憎まれ役は必要なのですが、あまり尾を引くと見ている方が嫌になります。

テンポのいい展開って大事です。

第9回は「江戸のヒー様」。
幕末で維新志士たちの会合の場となるなど重要な役割を果たす遊郭ですが、そこでなんと吉之助と慶喜が出会うという…

フィクションなのはばればれですが、あり得なくはないと思うんですよね。
個人的に。
今でいうと政治家の息子がお忍びで銀座のクラブに通うようなもんですよね?
面白さは翳って、「すごく面白い!」とはいえませんが、少しは面白い展開なのでアリだと思いました。

そしてやはり、重要人物が続々と登場してくるのはうれしいですね。

第10回は「篤姫はどこへ」。
というわけで、緊迫する幕末社会情勢を軽めに描いた回でありましたが、『真田丸』や『~直虎』のように根が不真面目で不勉強な人がふざけて書いたような脚本と違って、根がマジメな人が大河ドラマとしての基幹を据えた状態で書いた感じだったので、僕はいやではありませんでした。

しかし、橋本左内の鼻につく感じはちょっといやでしたが、ドラマとしてはそういう人物も必要なのでしょう。
風間俊介氏が演じるといつも鼻につく感じになるのは演出家の指示でしょうか?
それとも風間氏の個性でしょうか?
個性だとしたら、役者としてそろそろ鼻につく演技を脱しないとまずいと思いますよ。

というわけで、1~5回ほどの面白さは翳りましたが、波もあると思うので今後に期待しましょう!
『真田丸』や『~直虎』は冷ややかな目で見守っていた僕ですが、今年は温かい目で見守れそうです!笑

※画像はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・島津 左近衛権少将(字は又三郎) 惟宗 朝臣 斉彬
・西郷 吉之助(吉之介) 藤原 隆永(隆盛)
・海老原 (字・官職不明) (氏不明) 重勝(おそらく創作)
・伊集院 直五郎 惟宗(紀) 兼善
・西郷 龍右衛門 藤原 隆充
・西郷 吉兵衛 藤原 隆盛
・大山 格之助 源 綱良
・有村(海江田) (のち武次) (有村の氏は不明。海江田は日下部) 俊斎(のち信義)
・大久保 正助(のち一蔵) 藤原 利済(のち利通)
・徳川(水戸) 権中納言(字は敬三郎) 源 朝臣 斉昭
・徳川(一橋) 参議(字不明) 源 朝臣 慶喜
・橋本 左内 源 綱紀



参考
Active Resorts 霧島 オフィシャルブログ
第6回
雑記帳
真田のよもやま話
ショコラの日記帳・別館
第7回
雑記帳
ブログ 敬天愛人
真田のよもやま話
第8回
雑記帳
真田のよもやま話
第9回
雑記帳
坂の上のサインボード
ブログ 敬天愛人
第10回
駿府 大志館
感性なら負けない!ブログ Part2
雑記帳

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ブログ開設13周年!」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Stoning Crows / Case Hardened Cowboy


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『西郷どん』、寺田屋の描写はよかったが…(第21~25回)
『西郷どん』、奄美編、面白いじゃないか!(第18~20回)
『西郷どん』、月照になぜヒゲが生えない?!(第17回)
『西郷どん』、若干減速か?(第13~16回)
『西郷どん』、恋愛ごっこは地震が治まってからやれ!(第11~12回)
『西郷どん』、立ち上がりは上々ですね!(第1~5回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『西郷どん』、寺田屋の描写はよかったが…(第21~25回) (2018-08-11 19:00)
 『西郷どん』、奄美編、面白いじゃないか!(第18~20回) (2018-07-26 19:00)
 『西郷どん』、月照になぜヒゲが生えない?!(第17回) (2018-07-10 19:00)
 『西郷どん』、若干減速か?(第13~16回) (2018-06-24 19:00)
 『西郷どん』、恋愛ごっこは地震が治まってからやれ!(第11~12回) (2018-06-08 19:00)
 『西郷どん』、立ち上がりは上々ですね!(第1~5回) (2018-05-03 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。