さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2008年10月15日

『関八州古戦録』



こんばんは。
今回は『関八州古戦録』という本についてです。

これは、享保11(1726)年に槙島昭武(まきしま・てるたけ)という人がまとめた軍記物で、天文15(1546)年の河越の夜襲から、天正18(1590)年の小田原北条氏滅亡までの間の関東での戦闘について書かれたものです。

まず「関八州」とはなんぞやという話ですが、(上に書いてしまいましたが)今で言う「関東」のことですね。寸分の狂いもなく「関東」とそのものですから、1都6県のことです。
なぜ「八州」かというと、旧国名で数えると上野(こうづけ)、下野(しもつけ)、常陸、武蔵、下総、上総、安房、相模で八カ国あったからですね。
この本は別名で『関東古戦録』ともいうらしいですし(こちらの名前がホンモノという説も)。

で、この本は原本は古文書ですが、僕に、大学の授業以外で古文書を読み解く気力があるわけもなく、当然訳本を読みました。教育社新書で、霜川遠志という方の訳です。

内容の方は、信憑性はそれほどないということで中身を史実だと思って読んではいけません。
あくまで「軍記物」なのでフィクションとして楽しみましょう。
大体の戦闘があったこと自体は史実であるようですが、中には実際はなかったといわれる戦闘についても書かれているようです(下に書いた、「河越の夜襲」についても夜襲自体が本当にあったかは疑わしいそうです)。

まぁ、史実であろうとフィクションであろうと、戦国時代マニアにとっては垂涎物の内容です。
「河越の夜襲」について少し書くと、当時武蔵河越城(今の埼玉県川越市)を守っていた小田原北条氏家臣福島綱成(のちの北条綱成)が、古河公方足利晴氏の軍に囲まれ、窮地に陥ったところを、北条氏康が知略を使って晴氏軍を破り、綱成の部隊を助け出したというお話です。

そんなようなことが、つまり北条、上杉、武田の三つ巴や国府台の合戦、天目山(正確にいうと関東ではありませんが)、小田原征伐などのさまざまな合戦のことが延々と書かれています。

とにかく戦国時代が好きな人にはお勧め。
それ以外の人はまったく興味がわかない代物だと思います(笑

参考
関八州古戦録 (1981年) (教育社新書―原本現代訳〈28,29〉)
Sideway-Shuffle
@nifty 瞬!コレ
そこに城があるから(←なんだか心魅かれる言葉です 長)

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「GOLDEN EGGS」Episode05~08について。

人気ブログランキングへ
あなたの英語発音を100点満点で採点する英会話教材


↓試聴、購入お願いします!(再生マークをクリックすると試聴。購入はメンバー登録をして行います。クレジットカードかウェブマネーが使えます!)









//
10/14 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYの休日~we've tried to escape from the realities~

10/14 クロックエンド ブログ兼BBS更新!!→コチラ

9/16 クロックエンド携帯用簡易版サイト更新!!→コチラ

ボーカル募集!!
詳しくはこちら

音楽配信代行サービスペルシカ

8/28 クロックエンド ホームページ更新!!→コチラ

7/23 オーナーホームページ更新!!
Aquarius Spring
(オーナーと仲間たちのコラムや写真、詩が載っています。オーナー自身の作った楽曲もきけます
←「お気に入り」からもいけます)

バンド・アーティストのマネージメントやります。詳しくは下記メールにて。

Dru募集中!!
詳しくは下記メールにて!!

アマチュア向けに作曲依頼を募集中!!
「自分では作れないけど、(HPや自作映画、アニメなどの)テーマ曲がほしい!」という方、ぜひご依頼下さい。
細かいことは要相談。
(過去の依頼作品等を詳しく聞きたい方は下記にご連絡下さい)

→オーナーへメール

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
子どものころ読んでいた本
乙一『The Book』
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 子どものころ読んでいた本 (2018-02-20 19:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)
 森田悌『受領』 (2009-08-30 02:53)
 川副武胤『古事記の世界』 (2009-07-15 09:22)

Posted by Sosuke Washiya at 23:12│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。