さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2017年05月12日

記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(4)

伊良湖岬


皆さんこんばんは。
今回はまた『哲学ニュース』の記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について検証してみようということで、第1弾第2弾第3弾に続いての第4弾です。

第1回はヨーロッパと日本の距離について、第2回は当時日本から産出された資源について、第3回は当時の日本にはヨーロッパ人にとって価値のある産業がなかったのかどうかを考えました。

第4弾は…


>ヨーロッパ民もドン引きの戦闘民族やったから

についてです。
実はこれについて大いに論じたくてこの記事を続けたようなものです。
(もうひとつの理由は第1回のアクセス数が高かったから 笑)

まず、そもそも当時日本は「戦国時代」と呼ばれる血で血を洗う下剋上の時代だったため、国内的に戦闘のレベルが上がったことは間違いがないでしょう。

それがヨーロッパから見たときにどうだっだかですね。

個々の戦闘員の能力は比べようがないので、まずは兵士の数で比べてみます。

日本での兵士とは要するに武士のことですが、16世紀世界最大の戦いといわれる文禄・慶長の役の日本の動員兵力は187,100人(文禄の役)だそうで、それに加えて徳川家など朝鮮に出兵していない兵力が日本に残存している訳ですが、同じくWikipediaによれば約50万人が豊臣秀吉の旗下にいたそうです。
(当時の日本の武士の数は約200万人という説も書かれています)

関連記事:
世界史に影響を及ぼした人物たち

それに比べてヨーロッパの兵力ですが、同じWikipediaの「文禄・慶長の役」の項目には「イギリスの騎士人口は3万人」と書かれていますね。
日本の武士が200万人というのもイギリスの騎士人口が3万人というのも根拠が気になるところですが、本当だとすると勝負になりませんね 笑

まぁ200万人は大げさだと思いますが、小田原征伐でも豊臣家は約20万人の武士を動員していて、対する北条家は約8万人ですから、戦闘に参加しただけでも約30万人。
さらに東北勢などの戦闘に参加していない武士も多くいたわけですから、50万人という数字はリアルにありそうです。

対するヨーロッパはというと、「1470~1710の欧州列強の兵動員数の変化」によると同じ1590年代はスペイン20万人、オランダ2万人、フランス8万人、イングランド3万人(上記と同じ数字ですね)、スウェーデン1万5000人(東アジアに進出していませんが)、ということでスペインの20万人以外はまったく勝負にならない数字ですね。

そして肝心のスペインもイギリスとのアルマダの海戦以降ヨーロッパ本土のでの情勢が不安定であったため20万人をまるまる東アジアに派遣できるわけでもなく、以前書いたようにマニラに駐留していた兵士もたったの400人ということで、結局数の上ではヨーロッパ勢が日本に勝てる見込みはなさそうですね。

関連記事:
各合戦の動員人数について(8)アルマダの海戦

ヨーロッパは強い!というイメージをもっている人は多いかもしれませんが、実は当時は大したことなかったんですね 笑

そして次に考えるのは兵器の戦力差ですが、兵士の数だけで結構な分量を書いてしまったので、次回に持ち越します! 笑

※写真は記事内容とは関係ありません。

参考
美しい国への旅立ち
日本歴史
めちゃめちゃ愉快な反省坊主
るいネット
ナチュラリストの散歩道
こん
しばやんの日々

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「記事『地方が何で退屈かわかった』について」。


☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
本能寺の変に学ぶ―覚悟を決める
備中高松城攻めの戦いから学ぶ―変化を受け入れる
地元の英雄―身を挺して民を救った佐倉惣五郎
鳥取城の戦いに学ぶ―長期戦を避けるべし
三木城合戦に学ぶ―モチベーションの源を確保する
河越城の戦いから学ぶ―基準を満たすまで手綱を緩めてはいけない
同じカテゴリー(趣味)の記事
 本能寺の変に学ぶ―覚悟を決める (2020-12-02 20:00)
 備中高松城攻めの戦いから学ぶ―変化を受け入れる (2020-11-16 20:00)
 地元の英雄―身を挺して民を救った佐倉惣五郎 (2020-11-04 20:00)
 鳥取城の戦いに学ぶ―長期戦を避けるべし (2020-10-31 20:00)
 三木城合戦に学ぶ―モチベーションの源を確保する (2020-10-15 20:00)
 河越城の戦いから学ぶ―基準を満たすまで手綱を緩めてはいけない (2020-10-03 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 21:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。