さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年10月07日

『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回)

伊雑の宮


皆さんこんばんは。
今回は、ついに今年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想に入ります!

去年の大河ドラマ『真田丸』の感想は最終的に1回1回書くようになったので非常に時間がかかってしまいましたが、今回は『真田丸』の当初のように5回分まとめて書きますので、それほど時間はかからないと思います。

あらすじ
戦国時代、遠江の井伊谷の領主井伊氏は今川家からの圧迫に耐えながら辛くも独立を維持していた。そんな中、当主井伊直盛(杉本哲太)の大叔父直満(宇梶剛士)と直義は井伊家家老小野政直(吹越満)の讒言により、今川家に処刑されてしまう。その荒波の中、直盛の娘おとわ(新井美羽)は幼馴染の小野政直の嫡男鶴丸(小林楓)、井伊直満の嫡男亀之丞(藤本哉太)と無邪気な幼少時代を過ごしていた。

しかし、謀反人として処刑された直満の嫡子である亀之丞へも処刑の命令が下り、直盛は今村正実(芹沢興人)に命じて亀之丞をかくまうことにし、おとわは政直の子鶴丸との婚姻を命じられるが、出家することでそれを避けることになる。

おとわの出家騒動が今川家の耳に入り、それを防ぐために義元(春風亭昇太)はおとわに人質になるように命じるが、義元の嫡子氏真(尾上松也)との蹴鞠の勝負で辛くもそれを免れる。

その後、直満の所領を小野政直に譲るように今川家から通達があり、井伊家の中でますます政直に対する反発が強まっていく。

そして9年の歳月が経ち、おとわは次郎法師(柴崎コウ)として成長し、鶴丸は小野政次(高橋一生)として元服し、父の政直は病に倒れる。政次の死によって暗殺の危険が薄まった亀之丞も元服し、井伊直親(三浦春馬)として井伊谷に帰郷した…

という感じです。


ということで感想ですが、この段階だと以前心配したようにはならなかったようで安心しました。

そして子ども時代は『真田丸』以外の他の大河ドラマと同じように、無邪気に元気よくファンタジックに描かれていますね。
大河ドラマは大体、主人公の子ども時代は元気いっぱいで楽しく可愛く描かれているので楽しいのですが、途中中だるみしてそのまま終わるという難点がありまして、実は子ども時代を見ただけでは判断できないんですね。

ただ、画としてはこの頃の小領主(国人)のぼろっちい様子が描かれていてよかったなあと思っています。

まぁ、下記Cantabileさんの言うとおり、戦国の家としては直盛は甘すぎる感はありますが、ここまでの時点で大きな不満はないです 笑

あとは大河ファンの人は大河の内容を史実と捉えがちなので言っておきますが、実は井伊直親は実在した確証のない人物で、実際に次郎法師と直親が許婚であったかどうかは謎です。

小野政直についても井伊直満、直義の讒言をしたことはほぼ確かなようですが、この頃の主従関係はのちの江戸時代ほど強固ではなく、国人領主の家臣が今川家のような太守レベルの人に讒言をするなんてしょっちゅうだし、下剋上の世の中なのだから当主が隙を見せれば家臣はすぐに家を乗っ取ります。

だから小野政直が井伊家乗っ取りをたくらんだとしてもなんら不自然なことはありません。
しかし、これも諸説ありで実際に乗っ取りをたくらんだのか、井伊家のためを思ってやったことなのかはわかりません。

そして、蹴鞠のシーンですが、これも無邪気で怖いもの知らずの子ども時代を描くという、今までの大河ドラマの定石的な展開で(面白くないといえば面白くないですが)、特に文句はないですし、佐名(花總まり)の存在の謎さもよかったですね 笑

一応解説をすると、佐名は井伊直平(前田吟)の娘という説があり、さらに南渓和尚(小林薫)も直平の息子という説があるので、この説を採った今大河ドラマでは佐名はおとわの大叔母、南渓はおとわの大叔父にあたるわけですね。

ですから、佐名の娘の瀬名はおとわの父直盛の従妹にあたるわけです。
(ですが、直盛の父直宗の存在も疑問視されていますし、佐名が井伊家の出であるということも疑問があり、さらに南渓和尚は直平の養子という説があるので、あくまで今大河ドラマ上での設定となります)

ちなみに、当時は身分の高い人の側室になることは名誉なことでした。
そのため佐名は当時の「建前」の部分では決して不幸な境遇とは言えません。
さらに当時は今のような根拠不明の「処女信仰」がなく、殿様の側室をいわゆる「お下がり」の状態で家臣が正室にもらい受けるということに対して抵抗がなかったようです。
むしろ、殿様の側室をもらい受けることは家臣にとって名誉なことでした。
(もらい受けられた方の気持ちはわかりませんが)

そして小野政直の話に戻りますが、彼については他の方も言っておられるように、本当に私利私欲のために裏切り行為を働いているのか、井伊家のために考え抜いた結果今川家に従っているのかがわからない演出、演技であり、それは素晴らしいと思います。

去年の『真田丸』にはこのような複雑な描き方はほぼなかった。
(だからこそ視聴率が高かったのかもしれませんが 笑)

そして5話で子ども時代が終わって全員成人役となったわけですが、結局、次郎法師と井伊直親の色恋沙汰になるわけですね 笑
ちなみに、日本人に「Love」の概念が認識されるのは明治以降のヨーロッパ文明が一般的に受け入れられた後で、それ以前は自覚的な「Love」の感覚はもっていなかったといわれています。

当時の恋愛感覚は今の感覚と大きく違った可能性が高いです。
(これを言ったらドラマなんて作れなくなりますが 笑)

しかし、結局色恋にもあまり深入りしなくてよかったと思っています。

あとは、『真田丸』に引き続き、徳川家康(劇中では松平竹千代)の描き方がひどい…
確かに変なやつではあったようですが、一度は三河を平定しかけた松平家の跡取りですから、もうちょっと大将然とした育てられ方はしていたと思います。

あとは下記感想で気になるのが井伊家初代共保は藤原から井伊に改姓したという内容ですが、実際は改姓したわけではなく、氏は藤原のまま、苗字を井伊としたことになります。
詳しくは「武家や公家の名前について」をご参照ください。

※画像はイメージです。

今回登場した人物のフルネーム(成人のみ)
・井伊 信濃守(字は次郎) 藤原 朝臣 直盛
・井伊 信濃守?(字は彦次郎) 藤原 朝臣 直満
・井伊 平次郎 藤原 直義
・(苗字なし) 和泉守(字か官職か不明) 小野 朝臣? 政直(道高)
・今村 藤七郎 勝間田? 正実
・今川 治部大輔(字不明) 源 朝臣 義元
・今川 治部大輔(字は彦五郎) 源 朝臣 氏真
・(苗字なし) 但馬守(字か官職か不明) 小野 朝臣? 政次(道好)
・井伊 肥後守(字不明) 藤原 朝臣 直親
・井伊 信濃守(字不明) 藤原 朝臣 直平
・井伊 宮内少輔(字不明) 藤原 朝臣 直宗

参考
Art & Bell by Tora
第1回
渡る世間は愚痴ばかり
雑記帳
坂の上のサインボード
第2回
Cantabile
渡る世間は愚痴ばかり
坂の上のサインボード
第3回
渡る世間は愚痴ばかり
やまもも書斎記
昼寝の時間
第4回
渡る世間は愚痴ばかり
雑記帳
第5回
渡る世間は愚痴ばかり
莓ワールド!
Cantabile



/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「靴を買った」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『おんな城主直虎』、やっぱりしのと虎松が嫌だ(第16~20回)
『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回)
『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回)
芸能ニュースって面白いのか?
大河ドラマ『おんな城主直虎』は大丈夫なの?
水曜どうでしょう(13)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『おんな城主直虎』、やっぱりしのと虎松が嫌だ(第16~20回) (2017-11-28 19:00)
 『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回) (2017-11-12 19:00)
 『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回) (2017-10-27 19:00)
 『真田丸』、松代藩の偉人佐久間象山(最終回) (2017-09-21 20:00)
 『真田丸』、伊達政宗の天下取り(第49回) (2017-09-05 20:00)
 『真田丸』、有楽斎を慮る(第48回) (2017-08-20 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。