さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年05月26日

不機嫌のコントロール

国立科学博物館


皆さんこんばんは。
今回は記事「『不機嫌がコントロールできず、夫婦仲が…』悩める31歳女性に鴻上尚史が伝えた、喫茶店で見かけたカップルにゾッとした理由」について感じたことを書きます。

記事の題名を見てアンガーマネジメント
(参考:・「『怒り』のコントロール(アンガーマネジメント)
・「記事『なぜ日本のおじさんは怒ると「責任者を呼べ!」と騒ぐのか』について
・「記事『「人を怒らせたら協力しなくなります」 …』について
の話題かと思ったのですが、今回は違うアプローチでした。

記事概要は
親しい人々に対して不機嫌をコントロールできず、関係を壊してしまいそう、という相談に対して、それは親しさゆえの甘えと「人は分かり合えない」という前提に立つことが大事、というアドバイスをした、
という内容です。
(いつも通り、正確な内容は上記記事そのものをご覧ください)


大いに賛同します。
甘えというのもよくわかる話で、僕自身も親しい人物に対してはどうしても言葉遣いが乱暴になってしまったり、感情的になってしまうことが多いです。

自分の怒るポイントをわかってほしいという気持ちが働いてしまって、本来なら怒る前に理路整然と伝えるべきなのですが、どうしても事に直面したタイミングで「怒り」という形で伝えてしまいます。

それと、どうしても親しいと「自分の気持ちや要求が伝わっているはず」と思い込んでしまっているのですが、実際はうまく伝わっていないことの方が多く(数十年過ごした家族ですらそうなのですから、数年しか過ごしていない人はなおさらですよね)、それによってまたさらに怒りを抑えられなくなってしまいますね。

仲のよさの表象ではあるのですが、やはり「怒り」を受けた方にもダメージがありますのであとでフォローが必要になります。
毎日会うような人物であり、なおかつ話し合いができるような状況であればいいのですが、そうでなければどうしてもその「怒り」が仲のよさの表象とは説明ができないので、下手をすれば関係性に本当に亀裂が入る可能性があります。

結局のところ、「怒り」に任せて発言したり行動したりするのは止したほうがいいということになりますね。
そして「仲のよさ」のアピールは他の方法でやればいいのですが、どうしても「怒り」をコントロールするのが難しいですね。

そこで上記記事の考え方や下記の「アンガーマネジメント」の登場となるわけですが、僕の場合最近は

・怒りを感じたら一呼吸おく
・「怒るほどのことか?」と自分に問う

というステップを踏むことにしました。
怒りの背景って、大体相手の都合を無視した自分の都合であることが多いです。
独善的なんですね。
お互いが相手のためになることを考えなければ人間関係を続けるのは難しくなります。

だから、
・「自分の怒りは独善的なのではないか?」
という問いももつようにしています。

しかし、どこまでいっても怒りのコントロールは難しいです。
もっと心の鍛錬が重要だと思いました。

※画像は記事内容とは関係ありません。



参考
イライラしたっていいんです!
ぷちはうす☆キララ保育園
やっしぃのアンガーマネジメント実践ブログ

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『いだてん』第16~17回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 6 / nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
男性の育休取得について
ブログ開設14周年!
スパルタ教育とゆったり教育は果たしてどちらの方が有効なのか?
仕事に対する価値観は変わった
「成長」を求めて自己啓発に走る意識の高い人たちはただ「実戦」から逃げているだけである
ネット社会における精神力の消耗について
同じカテゴリー(ネット)の記事
 男性の育休取得について (2019-06-11 22:00)
 ブログ開設14周年! (2019-05-22 22:00)
 スパルタ教育とゆったり教育は果たしてどちらの方が有効なのか? (2019-05-06 22:00)
 仕事に対する価値観は変わった (2019-04-04 20:00)
 「成長」を求めて自己啓発に走る意識の高い人たちはただ「実戦」から逃げているだけである (2019-03-19 20:00)
 ネット社会における精神力の消耗について (2019-03-03 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。