さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年10月10日

テレビとか雑誌が作った「言葉」に乗せられて無駄なお金を使うのはやめた方がいい

安土城


皆さんこんばんは。
今回は記事「『女子力』のヤバさに、私たちはもう気づいているはずだ」を読んで感じたことを書きます。

記事の内容としては、つい本音を飲み込んでしまうのは「女子力」を意識してしまうからであるが、その「女子力」とは決して男性から求められている力ではなく、ただの「重さ」として受け取られてしまう危険性があるというような内容です。
(いつも通り、正確なところは上記記事を直接ご覧ください)


上記記事のテーマは「恋愛」であり、恋愛における「女子力」の高さは決して男性を惹きつける魅力となるわけではないというのが要旨ですが、僕が感じたのは「女子力」という言葉に代表される造語に感じる違和感です。

そもそもが、おそらく「女子力」という言葉が生まれる背景に社会全体の雰囲気というか、「女子力」という概念が求められる土壌はすでに存在したのだと思います。

「女子力」のテーマは上記記事に書かれているように、
・料理がうまい
・容姿が整っている
・気遣いができる
の3点だと思いますが、そういった女性が理想像となる土壌はすでにあったのだと思います。

しかし、「女子力」という言葉が生まれてこの方僕が感じている違和感は何かというと、言葉の裏側に「商売」の影が見えるからです。

別に商売そのものは悪いことではないのですが、僕がいやだと感じるのは、ものを売るために、本来いらなかったはずのものを「必要だ」と刷り込み、危機感をあおるなどして売る方法です。

「女子力」という言葉はその点象徴的で、「女子力が低い」=「女としての価値が低い」というような恐怖感をあおり、本来はいらないはずの商品を売りたいという意図が透けて見えてしまうんですね。

必要なものを売るのはいいと思いますし、潜在的に必要とされているものを見抜いて売るのはすばらしいことだと思います。

しかし、本来はいらなかったものや、無用な恐怖感・危機感をあおって商売をするのに僕は反対です。

健全な商売をして、みんなハッピーになる方法はないもんですかね?
今後は、頭の片隅でその辺を考えてみたいと思います。

※写真は内容とは関係ありません。



参考
「女子力」の概念の例
ワタナベデンキのブログ
boutiquehopeのスタッフblog
mana★blog

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『西郷どん』第35~36回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Silence / Stoning Crows


無料体験授業

マンツーマン英会話【GABA】




書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
電車の出入り口やエスカレーターを降りた瞬間に立ち止まるな
論理なのか感情なのか
「結果がすべて」ではない
僕らはお金をたくさん使わないと生きていけないように誘導されている
高度成長的ライフスタイルはもうやめてくれ
「おいしい」とか「まずい」は単に味だけの問題ではない
同じカテゴリー(ネット)の記事
 電車の出入り口やエスカレーターを降りた瞬間に立ち止まるな (2018-11-27 20:00)
 論理なのか感情なのか (2018-11-11 19:00)
 「結果がすべて」ではない (2018-09-24 19:00)
 僕らはお金をたくさん使わないと生きていけないように誘導されている (2018-09-08 19:00)
 高度成長的ライフスタイルはもうやめてくれ (2018-08-23 19:00)
 「おいしい」とか「まずい」は単に味だけの問題ではない (2018-08-07 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。