さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年09月17日

記事「学校教育から美術や工作をなくす…」について

給食当番

皆さんこんばんは。
今回はtogetterの記事「教育大学美術科の人『学校教育から美術や工作を無くすという議論があるけどあり得ない。唯一企画・設計を行う教科なんだから。』」についてです。

スレ主の方の言いたいこととしては、芸術としての側面よりも企画・設計を行う唯一の教科として美術や工作をなくしてはいけないし、教え方も間違っていて、「表現」そのものではなく「方法」を教えるべき、といった感じですが、教科としての美術や工作のあり方が論じられていて面白いです。

僕としては芸術に一家言あるので「表現」の側面に注目して意見を言いたくなってしまいますが、「方法」をもっとしっかり教えるべきという意見は新鮮でした。


そもそも、僕は日本の一般人の芸術との接し方に疑問を感じていて、テレビを見ていて思うのが、「正確なこと」「上手なこと」が芸術だと勘違いしている人が多いです。

そんなのは職人とか機械に任せておけばいいのです。

そうではなく、「人の心を(よくも悪くも)突き動かすもの」が芸術なのですが、上に書いたように、紹介した記事の論旨はそこではないのですね。

「方法」を教えろということですね。

言われてみればその通りな気がします。
絵の授業はまだましなんですよ。
「今日は○○を書きましょう」というようにモチーフが決まっていますから、「方法」を教える土壌はあります。
僕は小学校1年生のときは「色使いが子どもらしくない」といわれて大変でしたが、2年生のときは幸運にも担任の先生が絵に造詣のある方で、ある程度の指導は受けることができました。

しかし、それ以外のときは何か指導を受けた記憶はあまりなく、「ボール紙でお家を作りましょう」とか「お面を作りましょう」とか言われるだけでモチーフの選び方、イメージの膨らませ方、実際に作る技法などは全然習いませんでした。

完成のイメージ作りを教えられないで、何が作れるというのでしょうか。

僕自身は子どもの頃は感性のままに、本能の赴くままに造詣をしているのになぜか大人に評価してもらえるという幸運があったので(たぶん、感性が常人離れしていてぶっ飛んでいるので面白がられていたのだと思います)楽しいときもありましたが、何を作ればいいのかわからないときはとても苦しかったです。

(大人になってからはだれからも見向きもされなくなりました 笑 相手が子どもであれば興味本位で面白がるけど、大人になってしまえば、みんな、感性がちょっと違う人とは距離をおきたがるんでしょうね)

多分、この「何を作っていいのかわからない」という苦しみだけしか味わえないと、美術・工作系は嫌いになると思います。

そして、このスレ主の方のいうとおり絶対に教科としてなくしてはいけないと思います。
「表現」するための手法を教えれば、芸術をやりたい子どもは勝手にやり始めるし、その間口を狭めてはいけないと思います。

※画像は僕が小学一年生の頃の絵です。

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『真田丸』最終回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
高齢者に運転をやめてもらうよう説得する余裕などない
ブログ開設13周年!
元号はなくさないでほしいなぁ
仕事の質を守るためにはできない仕事は「できない」と伝えるべき
「パワースポット」という発想が嫌いだ
世の中は「巧遅」よりも「拙速」であるほうが結果が出やすいのに、「巧遅」の方が高級だと思っている人が多い気がする
同じカテゴリー(ネット)の記事
 高齢者に運転をやめてもらうよう説得する余裕などない (2018-06-20 19:00)
 ブログ開設13周年! (2018-05-23 19:00)
 元号はなくさないでほしいなぁ (2018-05-15 19:00)
 仕事の質を守るためにはできない仕事は「できない」と伝えるべき (2018-05-07 19:00)
 「パワースポット」という発想が嫌いだ (2018-04-29 19:00)
 世の中は「巧遅」よりも「拙速」であるほうが結果が出やすいのに、「巧遅」の方が高級だと思っている人が多い気がする (2018-04-13 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。