さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年02月01日

司馬遼太郎『関ヶ原』上



ブックレビューも久方振りですね。
やり方を少しずつ思い出しながら、ブログ更新!

言わずと知れた大歴史小説家、司馬遼太郎氏。
彼が秀吉死後~関ヶ原の合戦を描いた作品。

この作品自体の感想に入る前に、司馬遼太郎氏の作風に関して…

どうも、彼の作風には2パターンあるような気がする。
尻啖え孫市』や、『竜馬がゆく』のような、主人公に重きをすえた、ヒロイズム的な作品と、『箱根の坂』や本作品のような、ドキュメント的な作品と。

最初は彼が書いた時期によるのかと思った。
『~孫市』や『竜馬~』は初期の若いころで、本作品や『箱根~』等は後期の歳を取った時期で…と。
しかし、Wikipediaを見てみると、確かに『~孫市』や『竜馬~』は初期で、『箱根~』は後期だが、本作品は『~孫市』などと同じく初期の作品であることがわかった。

これはどういうことだろう…?

そこで思いついたのが、第一に、テーマというか、重視しているものの違い。
『~孫市』などは主人公の活躍そのものを重視している作品で、本作品などは群像劇というか、全体的な流れを重視した作品だということ。

もうひとつは、登場人物の認知度。
『~孫市』の雑賀孫市は、今でも歴史マニアかゲームで知った人しか知らない人だと思う(安土桃山期の鉄砲衆の一族、鈴木重秀もしくは重朝)。坂本竜馬に関しては、今でこそ誰もが知っている名前だが、『竜馬がゆく』発表当時はそれほどメジャーではなかったようだ(参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311946503 若い人はエッと思うかもしれないが、坂本竜馬を一気に人気人物に押し上げたのは司馬遼太郎氏で、それは1960年代のことだ)。

それに比べて本作品の徳川家康や石田三成などは、本作品発表前に山岡荘八氏が巻き起こした「徳川家康ブーム」で相当名前が知られていた(いや、それ以前にすでに有名だったか?)。

『箱根~』の北条早雲も、きっと発表時点で有名だったのだと思う。

ということで、よく知られていない人物についてはフィクションの要素を多分に取り入れ、冒険活劇的なストーリー仕立てになるが、よく知られている人物についてはフィクション部分を抑え、ドキュメント的な作風になるのではないかと考察した。
(現に本作品内でも、当時あまりメジャーでなかった島左近についての部分だけ、多分にフィクションを入れ込んでいる)

どうだろうか?

というわけで、肝腎の作品自体の感想を書く時間がなくなってしまいましたが、参考URLに他の方の感想を貼っておきますので、そちらをご参照くださいw
(『中』のときに感想を書こうと思います)

参考
司馬遼太郎を読んで
Amy 西北見聞部録
dancing my life on the border-line

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「グッバイレーニン」。

//
今期イチオシ曲!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
乙一『The Book』
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)
 森田悌『受領』 (2009-08-30 02:53)
 川副武胤『古事記の世界』 (2009-07-15 09:22)
 井上辰雄『熊襲と隼人』 (2009-06-09 12:41)
 庄司浩『辺境の争乱』 (2009-05-19 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 14:25│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。